2016年03月06日comment289
昭和元禄落語心中 9話 感想
第九話
七代目の尽力もあり、菊比古と助六は揃って真打に昇進。披露公演も大盛況を収めるが、助六がまた問題を起こしてしまう。落語協会会長の嫌味に腹を立て、会長の十八番を勝手に披露したのだ。七代目から説教を喰らう助六は、ここぞとばかりに落語への想いを熱弁するのだが……。一方、菊比古はみよ吉に別れ話を切り出そうとしていた。菊比古と助六、二人の運命が大きく動き出す。




昭和元禄落語心中 9話 感想 4
 @visuko
(-_-)/ ょっ 
2016/03/05 02:26:18
 @YUYUSHIKlisGOD
テテテン!テテテン!テテテンテン! 
2016/03/05 02:26:20
 @whynyn
もういっちょ 
2016/03/05 02:26:16
 @ulotti
三本締めをライブ以外で久しぶりに聞いた2016/03/05 02:26:38




「真打昇進披露も本日ついに大千穐楽。大トリまでごゆるりとご堪能くださいませ」
昭和元禄落語心中 9話 感想 53

昭和元禄落語心中 9話 感想 067
 @fanton_fz
真打昇進! 
2016/03/05 02:26:29
 @GINGIRA2110
無事ふたり共真打ちになれたのね 
2016/03/05 02:27:13
 @___tomo___
真打ちかぁ 
2016/03/05 02:26:55





「盛況だな てえしたもんだ。アタシが会長やってる間にこういう真打を出せるのは嬉しいもんだ」
昭和元禄落語心中 9話 感想 18






「でもこの世代は極端に人がいねぇからな。しかたねぇけど。アタシは本当は反対だったんだ」
昭和元禄落語心中 9話 感想 49
 @solo_wing
寝てる・・・? 
2016/03/05 02:27:11
 @aym_n
しんさんの顔w
2016/03/05 02:27:35
 @SunnyWalker2010
助六寝てるんじゃw 
2016/03/05 02:27:08
 @YUYUSHIKlisGOD
助六眠そうな顔すんなwww 
2016/03/05 02:27:21
 @ich_kasumi
この世代に「極端に人が少ない」のはもちろん戦争のせいだよな…2016/03/05 02:41:42





「何てぇたっけそっちの汚ねぇの」
昭和元禄落語心中 9話 感想 161




『助六です』
「聞き覚えのねぇ名前で覚えらんねぇな」

ancb00183
 @_Aikasviel_
助六です(キリッ) 
2016/03/05 02:27:36
 @wolf_ako
すげーいい声w2016/03/05 02:27:25




「八雲の面潰すわけにゃいかねぇからな。アタシァ本来お前さんみたいなやり方はよく思ってませんよ」
ancb00204
 @kokonosoken
イヤミ2016/03/05 02:27:32
 @sho34141991
やっぱ反対なんだね2016/03/05 02:27:35




「まぁ決まった事だ。精進なさい」
ancb00225




『へえ』
「何ですその返事は」

ancb00230





『はい』
ancb00246
 @130Shunya_3
ぽんぽん 
2016/03/05 02:27:45
 @YUYUSHIKlisGOD
はい(半ギレ) 
2016/03/05 02:27:48
 @rikarikayyyy
厳しい会長さん(^_^;) 
2016/03/05 02:27:51
 @__m129015
背中トントンって信さんを宥める菊比古…たまらん…
2016/03/05 02:28:16





『腹立つぜあの狸親父!』
『お前さん本当に会長とは水と油だね』

ancb00262
 @minaduki_6
あら、菊さん、紙巻き煙草吸うのね 
2016/03/05 02:28:14
 @hiraku_world
スパー 
2016/03/05 02:28:21





『まぁ見てろ。落語でハナをあかしてやるよ』
ancb00283




『まさか本当にやるなんざ思わなかったよ。お披露目で毎日違うネタかけるなんて』
ancb00308




『皆の舌がくるくる巻いてら』
ancb00322




『まぁ当然だ 俺ァ天才だから』
『ばかな野郎だ』

ancb00337
 @YUYUSHIKlisGOD
天才、ですから 
2016/03/05 02:28:24
 @Johaku_Yosuz
言ってみたいわ、その台詞 
2016/03/05 02:28:25
 @visuko
自分で天才って言っちゃうのね 
2016/03/05 02:28:37




『俺ァお前さんも乗ってくると思ってたけどな。お師匠連に遠慮したか?』
ancb00354




『あーあつまんねぇつまんねぇ』
『天狗の親分みてえだよそんなにえばって』

ancb00365




『客は面白がってるぜ』
ancb00379
 @sho34141991
客が大事な助六2016/03/05 02:28:46
 @honryaku
客の事第一 
2016/03/05 02:28:49
 @tabinchuHTR
誰のための落語か2016/03/05 02:28:49




ancb00390




『えー、遊びにも上中下とございまして。上ってのは廓へは来ない客…』
ancb00461

ancb00480






(「居残り」!?会長の十八番だ。会長に稽古つけてもらってもないのに…)
ancb00488
 @haku2
げげげ2016/03/05 02:29:20
 @auaunano
会長wwwww 
2016/03/05 02:29:22
 @honryaku
会長の十八番をやるのかよ
2016/03/05 02:29:30
 @mon_emon
稽古つけて貰ってない根多を高座にかけるのはタブー…
2016/03/05 02:29:56
 @soyukipo24
喧嘩を売っていく 
2016/03/05 02:29:32
 @Johaku_Yosuz
こいつすげぇなwww 
2016/03/05 02:29:32


ancb00530
 @Ju3n7
さへいじひどいなwww 
2016/03/05 02:30:10
 @0_equal_all
あれ、それどこの信さんだ・・・? 
2016/03/05 02:30:02
 @sho34141991
全部助六みたいだな2016/03/05 02:30:00
 @officeplaton
居残りは『幕末太陽伝』という名作映画の原作です。 
2016/03/05 02:30:02






(同じ人間の幾通りもの顔を江戸っ子らしく演じ分けないとならない。似たような背格好の男もたくさん出る)
ancb00617_stitch

ancb00636
 @wadadagi0
めちゃんこウケてる 
2016/03/05 02:30:24
 @tomo0440
ここまでやられたら 会長も焦っちゃうよね
2016/03/05 02:30:47




(こんな大ネタもこなして。いったいどこまで行っちまうのかい)
ancb00724

ancb00730
 @animethod_0218
旦那の頭はごま塩END
2016/03/05 02:31:15
 @sho34141991
やりきった…2016/03/05 02:31:00
 @tabinchuHTR
いい汗かいてる2016/03/05 02:30:57




『やったァ!やったぞ坊!』
ancb00760




『いい出来だった、いい出来だったァー!』
ancb00765

ancb00776
 @k_ragi
いきなりハグですよめっちゃキテル 
2016/03/05 02:31:16
 @bean_sproutsS
喜びは分かち合う 
2016/03/05 02:31:19
 @sho34141991
ご満悦2016/03/05 02:31:17
 @soujin_mt
菊さんがうれしそう2016/03/05 02:31:31
 @qurailmn7
いい笑顔してんな 
2016/03/05 02:31:17




『初太 ちょいと話がある。この後うちに来い』
ancb00801
 @wadadagi0
おしかりだww 
2016/03/05 02:31:32
 @visuko
説教クル━━━━(゚∀゚)━━━━!!www 
2016/03/05 02:31:34
 @bonjin1010
ちょっと裏来い 
2016/03/05 02:31:39
 @kab_studio
なんか殺されそうな勢いだ
2016/03/05 02:31:42




『菊や お前さん明日は休みだろ。ゆっくりお休み』
ancb00824
 @azpjk
ニッコリ 
2016/03/05 02:31:35


ancb00838
 @sho34141991
表情変わりすぎだろwww2016/03/05 02:31:41
 @fanton_fz
態度が違うwww 
2016/03/05 02:31:40
 @2go_r2071
扱いが雲泥の差w 2016/03/05 02:31:45


ancb00850_stitch
 @rikarikayyyy
そしてみよ吉………… 
2016/03/05 02:32:11
 @sho34141991
桜が綺麗だな2016/03/05 02:32:01
 @omizucat
みよちゃん桜似合うな 
2016/03/05 02:46:19




『驚いた。どうしたの?』
ancb00874
 @YUYUSHIKlisGOD
菊さん…♡ 
2016/03/05 02:31:56
 @honryaku
別れを告げに来たのか?
2016/03/05 02:32:05
 @_Aikasviel_
花びらを掃除しなさい 
2016/03/05 02:32:28






『お披露目ん時は不自由の身だからね。随分間があいて済まなかった』
ancb00896





『お別れなんて聞きたくないし。ずっと来ないでって祈ってたのよ』
『いくらでも責めとくれ。今日はひと晩それを聞きに来た』
ancb00922





『何してもいいの?』

『殴るなり何なり…』
ancb00955
 @SunnyWalker2010
菊比古が何してもいいって 
2016/03/05 02:32:28
 @kawasemi_P
なにしても…いいの… 
2016/03/05 02:32:39




『できっこないわ。大好きな顔なんですもの』
ancb00965
 @2go_r2071
大好きな顔、か。いっぺん言われてみたいもんだねぇ 2016/03/05 02:32:54




『このお店ね、赤線廃止でなくなるんだって。料亭になるみたい』
ancb00980
 @SunnyWalker2010
赤線廃止か~ 
2016/03/05 02:32:41
 @mon_emon
赤線廃止は昭和33年3月φ(・v・※)。
2016/03/05 02:33:01
 @higa_m
赤線廃止。売春防止法だそうです 
2016/03/05 02:33:26
 @imaginalack
赤線廃止=1958(昭和33年)の3月.ミゾロなので覚えやすい.けどテストに出ない.2016/03/05 02:33:49





『アタシなんかもう年だから辞めさせられるの。どうしよう』
『小唄をやりゃあいい。寄席に出たいって言ってたろ』
『嫌よめんどくさい』
ancb01006
 @starlog
リストラか 
2016/03/05 02:32:51
 @YUYUSHIKlisGOD
みよ吉いくつなんだよ 
2016/03/05 02:32:43
 @wadadagi0
無職のみなさん… 
2016/03/05 02:32:46




『田舎にでも帰ろうかしら。身寄りなんてないけどここにいるよりマシ』
ancb01025




『色んなジジイのおめかけでもやって暮らそうかしら』
『またそうやって人を試すような事を…』

ancb01050




『菊さんお願い一緒に逃げて。ね?』
ancb01068
 @ut_cat
「一緒に逃げて」ときやがった
2016/03/05 02:33:23
 @ufoprincess
一緒に逃げて、ね
2016/03/05 02:33:10
 @johnnytaka1962
無理だと分かってても「一緒に逃げて」というみよ吉が、なぁ…2016/03/05 02:33:36
 @visuko
本当なら菊さんと結婚したいんだろうね… 
2016/03/05 02:33:09
 @91thammer
哀しい…(・ω・`) 2016/03/05 02:33:10




『お前さんは一人でも生きられるしなやかさを身につけないと。依存してっばかりじゃ相手がいなくなった時ダメになっちまう』
ancb01093




『これからはそういう時代が来る。男も女も自分のために生きる時代だ』
ancb01107




『何よ偉そうに。人の生き方よ。あたしの本名すら知らないくせに』
ancb01119





『お前さんだってそうだろう』
ancb01127

ancb01133
 @ich_kasumi
お互いに本名を知らない、確かにな…2016/03/05 02:47:40






『絶対に復讐するわ。死んで化けて出ましょうか?』
ancb01147

ancb01155
 @Aikasviel_
復讐セヨ… 
2016/03/05 02:33:44
 @on_the_tansan
なんでやねん 
2016/03/05 02:33:39
 @gazeru0116
復讐の鬼になるのか… 
2016/03/05 02:34:04
 @s_arkw
こんなお別れなの…2016/03/05 02:34:04





『何見てるの。そんなにおかしいの』
ancb01159




『やめてよ忌々しい!』
ancb01162

ancb01177





『今度会う時は地獄ね』
ancb01195
 @yu048048048
美しいっすよ… 
2016/03/05 02:34:05
 @Pochi5st
すげぇ綺麗だったな 
2016/03/05 02:34:08
 @ulotti
部屋に桜がたくさん散ってるのずっとその部屋で待ってたのがわかってとても良いな2016/03/05 02:33:35


ancb01201
 @sae_boss
なんとなくわかってるけどなんというか… 
2016/03/05 02:34:09
 @sillism
一番厄介なタイプのやつや・・・(・_・;) 2016/03/05 02:34:21
 @visuko
綺麗に別れないと後々めんどくさいことになるぞ 
2016/03/05 02:34:23
 @_2gar
いやぁこの展開は辛いなぁわかってても 
2016/03/05 02:34:19
 @funbojaman
こうやって恋心が恨みに変わるのか…2016/03/05 02:34:41





『飲み過ぎじゃないですかい。いくら女将さんが療養でいねぇからって』
『そんな事より今日の高座はどういうこった』

ancb01230




『会長の前で十八番かけるなんざ肝が冷えたぞ。よく謝っといたが…』
『二ツ目ん時できなかった大ネタをやっただけです。その為に真打になったんすから』

ancb01260
 @SunnyWalker2010
師匠、謝ってくれたんだwそりゃ起こるわw 
2016/03/05 02:34:28





『馬鹿…そういうこた独演会でやれ。なにもお披露目でやるこたねぇだろ』
『でも客は喜んでた!』

ancb01272
 @azpjk
面白さ絶対主義 
2016/03/05 02:34:44
 @sho34141991
あくまで客だけを見ている助六2016/03/05 02:34:44
 @Johaku_Yosuz
お客って重要だよなぁ 
2016/03/05 02:34:55




『お客のいいとこは体裁も見栄も関係なく面白けりゃあ笑ってくれるとこです』
ancb01296





『俺ァあのネタは師匠のが一番好きだ。ありゃ絶品!教わった中では一番やりたかったんですから』
ancb01316
 @honryaku
おだて上手だな
2016/03/05 02:34:56
 @wadadagi0
都合のいいこと言いやがってww 
2016/03/05 02:34:57





『へっ 何言ってやがる!ろくに稽古にも来やしねぇのに』
『何度も高座かけるの見せてくれたでしょ。あんだけ見りゃ覚えちまうよ』
『んなもんお前だけだ』

ancb01335
 @sho34141991
見て覚える、か2016/03/05 02:35:05
 @bonjin1010
見て覚える助六と身体に覚えこませる菊比古 
2016/03/05 02:35:25





『…お前さんはアタシの最後の弟子だ。特に目はかけてやりたい』
ancb01364




『でもな 落語は皆で守るもんなんだ。人の和が何より大事なんだよ』
ancb01383





『ご先祖様が代々受け継いでくだすったんだ。それを何の見返りなく若ぇもんに伝える。美しいじゃねぇか』
ancb01398
 @metaruare
いい事言うな 
2016/03/05 02:35:29
 @SunnyWalker2010
落語って守るほど形が固まってしまったものなの 
2016/03/05 02:35:24
 @sho34141991
変わることを恐れてるともいえる2016/03/05 02:35:31
 @ugoh76
守る文化になっちまったんだなぁ…。 
2016/03/05 02:35:51





『そんな美しいもんが消えてくのを黙って見てろってんですかい。俺には見える。もう黙ってても寄席に客が来る時代なんて終わる』
ancb01423
 @YUYUSHIKlisGOD
見える…見えるぞ! 
2016/03/05 02:35:38
 @azpjk
みえるひと 
2016/03/05 02:35:41





『新しいもんがどんどん流れてきて日本はまるきり変わっちまった』
ancb01448





『もう家じゃちょいとひねりゃテレビがつくんです。いくらでも娯楽があふれてる』
ancb01467
 @bonjin1010
ちょいと捻ればアニメやってるしな 
2016/03/05 02:36:00
 @YUYUSHIKlisGOD
コップ捻るの好き 
2016/03/05 02:35:55
 @iti1ni2sann3
テレビ普及し出した頃か 
2016/03/05 02:35:58
 @yu048048048
助六は守りたいんだ… 
2016/03/05 02:35:54





『お前はもう落語はダメだって言いてぇのか?』
『そうじゃない、このままじゃ消えちまうって言ってんです俺ァ!』

ancb01486
 @YUYUSHIKlisGOD
お前…消えるのか? 
2016/03/05 02:36:02
 @sho34141991
娯楽が増えると、離れる人間も増える。2016/03/05 02:36:06
 @officeplaton
こういう時代を経て、いまだに落語は聞かれているわけで。 
2016/03/05 02:36:05





『一緒じゃねぇか』
『違いますよ!古い落語ばかり先はねぇって話でしょうが』

ancb01511




『だから俺が…』
『壊してやろうってのか?』
『壊すんじゃない変えるんです!』

ancb01519





『一緒だろうがこのトンチキが!型のあるもん壊したってろくなことにならねぇだろ』
ancb01531
 @hirarira617
ああ喧嘩になってしまった 
2016/03/05 02:36:24
 @nizi0612
助六の言い分も分かるけど、八雲師匠の言い分も分かる。。2016/03/05 02:36:29





『わからねぇ人だな!だから師匠の落語は古臭くてまだるっこしいんだ!』
ancb01545

ancb01552
 @tabinchuHTR
なん…だと…?2016/03/05 02:36:25
 @sirasugohan
なん・・だと・・?2016/03/05 02:36:25
 @azpjk
なん・・・だと・・・? 
2016/03/05 02:36:25
 @___leach
やべぇ 
2016/03/05 02:36:24




『そんな風に思ってたのか…』
ancb01571
 @sae_boss
やばーい 
2016/03/05 02:36:30
 @Ju3n7
はっきり言いすぎだよwww 
2016/03/05 02:36:32
 @nebaneba_trkc
言っちゃったな2016/03/05 02:36:34
 @honryaku
本心を言ってしまった
2016/03/05 02:36:32





『お前さん…八代目になるって方々で吹聴してるってな』
ancb01584





『手前なんざに継がせてたまるか。この名は菊にやるんだ』
ancb01599





『もう幹部会にも相談してある。皆賛成してくれてるよ』
ancb01611
 @Noel_P
うわぁ・・・ 
2016/03/05 02:36:47
 @a_yay0i
あーあーあーーーー 
2016/03/05 02:36:48
 @kumakoroperson
ああ…これで 
2016/03/05 02:36:50





『まだ先の事だけど義理を通すたぁそういう事だ。一存で決められる事じゃねぇが、手前みてぇな品のない野郎にやれる名前じゃねえこた確かだ』
ancb01649

ancb01654

ancb01661




『師匠に手ぇかけるたどういう料簡だ!』
ancb01668




『帰れ帰れ!有楽亭の敷居汚すんじゃねえ!』
ancb01683
 @130Shunya_3
けーれけーれ!
2016/03/05 02:37:15
 @kikurage_modoki
けえれけえれ!
2016/03/05 02:37:15




『そんなに自由に生きてえんなら破門してやらァ!手前で勝手に生きろい!』
ancb01687

ancb01710
 @azpjk
破門だあああああああああああああああああああああああああああ 
2016/03/05 02:37:18
 @tabinchuHTR
ああああああああああああああああああああ2016/03/05 02:37:22
 @on_the_tansan
おわた 
2016/03/05 02:37:23
 @haku_l2
死んだな 2016/03/05 02:37:18



ancb01720
 @kaguw_lol
うへぇ…
2016/03/05 02:37:27
 @AKI88mm
自業自得としか言いようが無い2016/03/05 02:37:37
 @aniking09
昭和の男は酒が入るとホント駄目ねって思ったシーンだ… 2016/03/05 02:37:44
 @Ryotaro_Freedom
型にはまるのもよくねーけど、伝統を蔑ろにするのもよくねぇ 助さんは少しやり方を間違えたなと思い 
2016/03/05 02:38:21
 @weariness
場所を変えて同時に起きた二つの破局 2016/03/05 02:37:42





『お花見は花川戸に限るわね』
ancb01749_stitch

ancb01790
 @138_kaz
おっとここでフラれた同士の二人が 
2016/03/05 02:38:07
 @honryaku
振られたというか振ったというか 
2016/03/05 02:38:17
 @sirasugohan
夜桜が綺麗だ2016/03/05 02:38:25






『あたし 菊さんにふられちゃった』
ancb01810

ancb01835
 @kawasemi_P
似た境遇… 
2016/03/05 02:38:22
 @tachime
同じ振られた者同士。2016/03/05 02:39:10
 @Noel_P
二人とも破滅してんな・・・ 
2016/03/05 02:38:06





『何かあったの?話聞いてあげる…』
ancb01841

ancb01848
 @gazeru0116
傷付いた者同士惹かれ合うのは必然 
2016/03/05 02:38:19
 @AtheneTennousu
うわー…2016/03/05 02:38:20
 @soyukipo24
捨てられた者同士が結びつくんすねぇ 
2016/03/05 02:38:32
 @Ju3n7
歯車が噛み合うってこういうことだよな……… 
2016/03/05 02:38:33
 @roritako
傷の舐めあいは悲しいなぁ… 
2016/03/05 02:38:34
 @___leach
「落語心中」って単語が少しずつ見えてきたぞ 
2016/03/05 02:39:20
 @_2gar
いや、濃すぎるAパートだった… 
2016/03/05 02:38:30
 @uhoxtu
山寺さんと林原さん何回カップリングしてるんだ 
2016/03/05 02:48:25





「やあやあ師匠!本日も大入りおめでとうございます」
『どちら様?子供は楽屋は入れませんよ』
ancb02202

ancb02215
 @sho34141991
師匠って言われるようになった 2016/03/05 02:41:08
 @bean_sproutsS
かなり月日経ってるなこれ
2016/03/05 02:41:06
 @g0a1c2h4i
年食ったな 2016/03/05 02:41:13





「文芸評論家をやっておりますアマノと…」
『本題をどうぞ』

ancb02234
 @minaduki_6
あらかっぺーさん
2016/03/05 02:40:49
 @soyukipo24
なんやねんこいつは
2016/03/05 02:41:01
 @SunnyWalker2010
取材対応大変ね。落語家にもマネージャーがいればいいのに 
2016/03/05 02:41:08





「あなたの落語は芸術品です。これだけ高水準の正統派でしかもその若さとはいやはや」
『同年代なら今何やってるかわからねえ馬鹿がいますけど』

ancb02310




「助六君ねぇ…彼は残念でしたな」
ancb02324
 @SUNDOWN_KID
イヤミみたいなやつだな 
2016/03/05 02:41:52




「人気だけは確かにありましたが落ちるのはあっという間…」
ancb02336




「しかし師匠に背いて破門では。協会からも除名で寄席にだって出られないんでしょう」
ancb02352
 @Noel_P
(地雷) 
2016/03/05 02:41:51
 @visuko
おっと悪口はそこまでだ! 
2016/03/05 02:41:51
 @chibatori
協会からも除名されたのか 
2016/03/05 02:41:54
 @kawasemi_P
協会除名で寄席にも出られぬ… 
2016/03/05 02:42:02





「彼の落語はクセが強すぎて上手いってワケでもないし勢いと口八丁。場の空気で乗り切って…ああいうのは果たして落語と言っていいものか」
ancb02380
 @sisusisu33
いや何言ってんだこいつ
2016/03/05 02:41:52
 @bonjin1010
破門されたからってディスるのはやめろ 
2016/03/05 02:41:59
 @aniking09
やっぱコイツ一番イラッとするタイプだ・・・2016/03/05 02:41:46
 @sho34141991
媚を売るだけの奴だな2016/03/05 02:42:01
 @soyukipo24
ボロクソで草 
2016/03/05 02:42:10





「私なんかは到底認められ…」
『すみませんがお引き取り願います』

ancb02388





『演ずる事がわからない人に話すことはありません』
ancb02401
 @YUYUSHIKlisGOD
助六Disは菊比古が怒っちゃうぞ 
2016/03/05 02:41:57
 @animethod_0218
ここぞとばかりに批判奴wwww
2016/03/05 02:42:16
 @flysheep_dunois
お前なんかが語るんじゃねえと 
2016/03/05 02:42:14


ancb02412

ancb02420

ancb02425
 @___leach
客だーーーーーーーーーーーーーーーー!! 
2016/03/05 02:42:10
 @s_arw
見に来てる…2016/03/05 02:42:12
 @__m129015
菊比古の落語見に来てる信さん;;;;;;
2016/03/05 02:42:48


ancb02468
 @___tomo___
破門だと寄席でれないのか… 
2016/03/05 02:42:29


ancb02479

ancb02482
 @kikurage_modoki
ポクポク 
2016/03/05 02:42:33
 @visuko
チ───(-ω-`)───ン 
2016/03/05 02:42:43
 @rikarikayyyy
女将さん……(TT) 
2016/03/05 02:42:46
 @animethod_0218
え?死因はなんだ…。 
2016/03/05 02:43:00
 @qurailmn7
死んじゃったのか奥さん 
2016/03/05 02:42:40





『ついに独りだ』
ancb02507




『みよ吉は元気かな。不思議なもんでこの年になるとまた無性にああいう女が恋しくなるんだな』
『あの人だって人間ですよ』
ancb02551




『真面目だねお前さんは。でもだからこそお前にしたんだ』
ancb02558
 @Ju3n7
菊さん真面目だからな 
2016/03/05 02:43:14




『アタシァこの名をお前さんに継がせようと思ってるよ』
ancb02595




『異論がある者もおるまいよ。まだ先の話だしそれまでには必ずそれなりの風格が…』
『嫌です』

ancb02609
 @tatti5
(乂'ω') 
2016/03/05 02:43:27
 @kadora_anime
嫌です(キッパリ 2016/03/05 02:43:27





『アタシにそんな才量はありません。助六こそがふさわしい』
『名跡ってのァ手前の意志でどうこうできるもんじゃねぇ』
ancb02640





『師匠だってご存じなはずです。あの人がどれだけ八雲に焦がれて落語をずっとやってきたかを』
『知ってるよ。そんな事では決まらん』
ancb02662





『それにあの野郎は性根が腐っとる。到底この名前は託せねえ』
ancb02674
 @sho34141991
古いなぁ…2016/03/05 02:43:52
 @direct_crossing
性根が腐ってるのはホントだな。才能はあるけど。
2016/03/05 02:44:01
 @wadadagi0
師匠は師匠で料簡がね
2016/03/05 02:44:00




『そうじゃなくて…どうかあの人の落語を見てやってください』
ancb02696





『それじゃ何かい俺の目が節穴だって言うのかい!え?』
ancb02707




『いえ、でも…』
『お前の方が断然八雲にふさわしい、俺ァそう思ったってぇ話だ。ちったァ俺の事も信じろい』
ancb02737

ancb02743





『才量がねぇなんてんなワケあるかい。お前は俺の息子だ』
ancb02765





『…破門は解いてやってください』
ancb02776






『あいつももうガキじゃねぇ。今後を決めるのはあの野郎だ』
ancb02793
 @bean_sproutsS
片手でマッチに火付けた!すげぇ 
2016/03/05 02:44:50
 @niya_katuragi
スタイリッシュ火付け 
2016/03/05 02:44:38
 @warasi_juno
師匠のマッチのすり方かっこいい~。2016/03/05 02:45:00





『お前さんもじっくり考えろ。落語界の為だ』
ancb02830
 @AKI88mm
すぐに頭下げにいってれば… 2016/03/05 02:44:54
 @asamin_n
破門はといてやってください…2016/03/05 02:44:57
 @visuko
破門からどれだけ経ってんだこれ
2016/03/05 02:45:02




ancb02837





『ただいま。寝てたの?』
ancb02848
 @honyondeneru
ヒー酒びたり 2016/03/05 02:45:03




『お酒また貰って来たよ』
『丁度空んなったとこだ』

ancb02867
 @asamin_n
一緒に住んでるー!!!2016/03/05 02:45:12
 @dadadadadia
同棲してた・・・ 
2016/03/05 02:45:06
 @chibatori
ヒモじゃねーかw
2016/03/05 02:45:07
 @_Aikasviel_
マジのダメ男じゃねぇか 
2016/03/05 02:45:12
 @k_ragi
ヒモだこれ… 
2016/03/05 02:45:18



ancb02890

ancb02909
 @Ryotaro_Freedom
おっぱい! 
2016/03/05 02:45:11
 @minaduki_6
( ゚∀゚)o彡 
2016/03/05 02:45:18
 @yasunolive
みせてんのよ 
2016/03/05 02:45:18
 @tachime
色っぽいネェw2016/03/05 02:45:43





『菊さんはこういうの滅多にやらせてくれなかった。あの人女の子キライなの?』
『あいつだって助平だよ。噺家だからな』
ancb02924
 @ufoprincess
あの人女の子嫌いなの?(そのまま)
2016/03/05 02:45:33
 @VeryHust
女の子嫌いw2016/03/05 02:45:34
 @tatti5
噺家はスケベ
2016/03/05 02:45:35
 @Johaku_Yosuz
噺家とは…
2016/03/05 02:45:34



ancb02942





『菊さんの唇ってまるで女の子みたいなの。薄くて小さくて甘くて…』
ancb02961




『やーん会いたいー!』
『俺の上であいつの話しねぇでくれるか。思い出しちまうだろ』

ancb02980
 @auaunano
よその男の前でw 
2016/03/05 02:45:50
 @tabinchuHTR
離れてても話すのは菊さんか… 2016/03/05 02:45:44
 @SunnyWaler2010
ふたりとも菊比古の事が忘れられないの 
2016/03/05 02:45:58
 @a_yay0i
ふたりとも菊ちゃん好きだもんね 
2016/03/05 02:46:02





『思い出さないように早く忘れさせて?』
『あぁ』

ancb02998

ancb03029





『あたし求められればいくらでも変れるよ』
ancb03047
 @koakola
こわい 
2016/03/05 02:46:17
 @muchu8no8moto
ピンクな空間だ 2016/03/05 02:46:30
 @masayblove
深夜アニメ感増してきた
2016/03/05 02:46:30




『求められれば…。求められなけりゃ終わりなんだよ』
ancb03052





『なぁにまた落語のこと考えてんの。ダメよ~あんたおかしくなっちゃう』
ancb03082




『あたしね、もうすぐまとまったお金が手に入んの。そしたら一緒にこの街出よう』
ancb03101





『もう疲れちゃった。楽にゆっくり生きたいよ』
ancb03109




『その方がきっとお腹の子も幸せよ』
『あぁ そうだな』

ancb03122
 @matagi117
もう赤ちゃん出来てるぅーッ!!
2016/03/05 02:47:17
 @R6giayVK8pvZL3H
キス!ハグ!***!!****!!2016/03/05 02:46:58
 @__m129015
すでに子供出来てるのかよ…………信さん………
2016/03/05 02:47:25
 @funbojaman
すでにか…2016/03/05 02:47:17




『お前さんとならどこへだっていいよ…』
ancb03146

ancb03153
 @officeplaton
なるほど。心中ものらしくなってきました。 
2016/03/05 02:47:04
 @nnmx
二人とも同じ一人の男を思ってるってのがね… 2016/03/05 02:47:26
 @omizucat
依存されたい2016/03/05 02:47:26
 @hankouki_notbot
出処のわからない纏まったお金の不穏さ 
2016/03/05 02:47:00
 @k_ragi
悪いフラグしかないんだけど
2016/03/05 02:47:04
 @weariness
「もうじきまとまったお金が手に入る」……これ死亡フラグ台詞や!2016/03/05 02:46:50




「ねぇ、みよちゃんどこにいるか知ってる?」
ancb03160





『いや春以来ちいとも会ってない。何かあったかい』
「ウチ、芸者屋は昨日で閉めたんだけど…」

ancb03181




「その店のお金みよちゃんが持ってっちまったみたいで」
ancb03192

ancb03197
 @130Shunya_3
持ち逃げかよwwwwwww2016/03/05 02:47:13
 @tabinchuHTR
あらららら持ち逃げかよおおおおおおおおお2016/03/05 02:47:26
 @dadadadadia
おいいいいいいいいいいいいいいいい2016/03/05 02:47:24
 @AtheneTennousu
盗んだんかーい 2016/03/05 02:47:17
 @138_kaz
まとまった金って持ち逃げかよ!
2016/03/05 02:47:23
 @alexei_nogsovic
持ち逃げはまずいですよ!2016/03/05 02:47:30






「聞いてた実家の住所も宛て所ないし下宿も空でもう参っちゃったわ」
ancb03218
 @ufoprincess
金のアテが持ち逃げとは思わなかった
2016/03/05 02:47:32
 @hirarira617
いよいよ後戻りが出来なくなってきましたね・・・2016/03/05 02:47:25





『信さん?』
ancb03230

ancb03244

ancb03264





『何度も寄席に来てたクセに一度も顔は見せねぇで何のつもりだったんだい』
『長居したら協会の奴らに見つかっちまうだろ』

ancb03277
 @wadadagi0
気づいてたんだ 
2016/03/05 02:47:44
 @asamin_n
寄席に来てたの気付いてたー!!!2016/03/05 02:47:52





『俺の顔見りゃ小言か憐れみだァ。ずっとお前はダメだダメだって言われてたら気が狂っちまうよ。破門ったァそういうもんだ』
ancb03308




『やっと踏ん切りついたんだろ。師匠に謝りに行くって』
『行くかァ!』
ancb03327






『じゃ何で来たんです。金ならもうやらないよ』
『わあってらい!』

ancb03341
 @ut_cat
「金ならもうやらないよ」 もう、、か、、
2016/03/05 02:49:00
 @nnmx
それでも頼られるとうれしい菊ちゃん  
2016/03/05 02:48:26
 @officeplaton
破門されて別の師匠のところには行かなかったんですね。 
2016/03/05 02:48:20
 @SunnyWalker2010
助六、師匠に形だけでも頭下げとけよ。そうしたらまた落語出来るよ 
2016/03/05 02:48:01


ancb03369
 @130Shunya_3
くんかくんか 
2016/03/05 02:48:19





『お前さんみよ吉といるんだろ』
『なななっ 何でわかった』

ancb03376
 @130Shunya_3
バレテーラ 
2016/03/05 02:48:22
 @whynyn
すげえ 
2016/03/05 02:48:23
 @qurailmn7
バレたww 
2016/03/05 02:48:23





『ニオイ、かねぇ?』
ancb03389
 @SunnyWalker2010
女のにおい・・・! 
2016/03/05 02:48:21
 @nebaneba_trkc
匂いで女を特定するプロ2016/03/05 02:48:32
 @ufoprincess
匂いでバレる浮気
2016/03/05 02:48:35
 @manga_dioxide
匂いで他の女の存在に気づくって女房かよ笑2016/03/05 02:48:58
 @minaduki_6
匂いで気付くほどなのにさ…… 
2016/03/05 02:49:10




『まぁその辺はアタシにとやかく言えた義理じゃねえし好きにしなよ』
『…実は今日は別れを言いに来たんだ』
ancb03411
 @azpjk
もう好きにしちゃったんだよな 
2016/03/05 02:48:37




『俺ァしばらく東京を離れる事にしたよ。アイツに子供ができたんだ』
ancb03434





『どうしても田舎で産みてえんだと。アイツについててやりてぇんだ』
ancb03446




『アレを独りにさせらんねぇのはお前もわかるだろ』
ancb03455
 @SunnyWalker2010
東京以外で落語なんて出来るの

2016/03/05 02:49:06
 @honryaku
落語より女
2016/03/05 02:49:04
 @AKI88mm
これが復讐か2016/03/05 02:49:10





『落語はどうするんだい』
『わからねぇ。先の事は考えてねぇよ』

ancb03479





『八雲を継ぐってぇのはどうするんだい!』
『お前さんがなりゃあいいよ。師匠からも聞いてんだろ』

ancb03489





『大事な大事な坊ちゃんだもんな』
ancb03500

ancb03505

ancb03511
 @Ju3n7
掴みかかった… 
2016/03/05 02:49:20
 @honryaku
これは怒るよ 
2016/03/05 02:49:18
 @gorimuchu67
女の事では怒らなかったのに、落語のことでは…か2016/03/05 02:49:31
 @kokonosoken
先を見てた助六が…2016/03/05 02:49:40





『俺ァずっとお前が羨ましかった』
ancb03528





『可愛がられて甘やかされて何でも師匠にやってもらってよ』
ancb03539





『俺ァ所詮野良犬だ。同し弟子じゃねぇんだよ!』
ancb03563

ancb03570
 @epy0n0ff
どっちもお互いを羨ましいと思ってたのか… 
2016/03/05 02:49:35
 @130Shunya_3
お互い羨ましかったやんやな 
2016/03/05 02:49:32
 @visuko
信さんこんなに菊さんに対するコンプレックス強かったのか… 
2016/03/05 02:50:01
 @chroki
助六も辛かったんだな 
2016/03/05 02:49:46
 @SunnyWalker2010
確かに待遇は全然違ったしな・・・ 
2016/03/05 02:49:47




『放しやがれッ!』
ancb03578

ancb03588

ancb03592
 @honryaku
届かない 
2016/03/05 02:49:49
 @dadadadadia
ああ…つらみ 
2016/03/05 02:49:59
 @_2gar
あああああここの演出とんでもない 
2016/03/05 02:49:48
 @___leach
完全に破局描写 
2016/03/05 02:49:56
 @honyondeneru
女ふるより男にふられたほうがショック展開2016/03/05 02:49:54





《この背中をずっとずっと憧れて見てきたのです》
ancb03604
 @hironika
しばらくぶりの老いた師匠の語りだ。2016/03/05 02:51:07





《けれどもこの時はこの背中を蹴りたいような縋りたいような、肩を叩いてやりたいような》
ancb03622_stitch






《何ともいえぬ阿修羅のような心持で眺めておりました》
ancb03644_stitch
 @ugoh76
お互いの背中を追って生きてきたんだな。 
2016/03/05 02:50:37
 @wadadagi0
自分にないものに憧れるのは互いに当然なんだなぁ 
2016/03/05 02:50:13



ancb03667
 @honyondeneru
すがったーーーーーーーーーーー2016/03/05 02:50:20
 @SunnyWalker2010
背中に泣きついた
2016/03/05 02:50:20




『何をしてもいいよ。けど落語だけは辞めるな』
ancb03681




『…どうしたらいいのか。わからねぇんだよ』
ancb03693
 @rtstter
(人生)どうしたらいいのかわからねぇんだよ…
2016/03/05 02:50:52
 @a_yay0i
かなしい 
2016/03/05 02:49:59
 @mamono_
よし、笑点やろう!
2016/03/05 02:50:43



ancb03704

ancb03737
 @wintermute858
おわー 
2016/03/05 02:50:39
 @Pochi5st
良いところで終わりすぎだろ!!!!!! 
2016/03/05 02:50:44
 @honryaku
なんだこの終わり方は!!!
2016/03/05 02:50:44
 @tadanogame
くっそ続きがきになるわ!!2016/03/05 02:50:47
 @kaguw_lol
最後ちょっとヤバイですよ… 
2016/03/05 02:51:03
 @nizi0612
もう切ない、、幸せとはなんですかね、、、2016/03/05 02:50:30


ancb04183

ancb04203


みんなの反応
907: ななしさん 2016/03/05(土) 03:06:58.36 ID:RSzVtnIJ0.net
ふぅ~~。
人生だねえ




911: ななしさん 2016/03/05(土) 03:08:50.83 ID:87hQqUb1K.net
転落早かったな……真打ちになったと思ったら数日の内に破門、落語界追放か……




921: ななしさん 2016/03/05(土) 03:18:41.64 ID:iBKHEsdh0.net
師匠筋になるといえば落語が器用ってだけじゃ通用しないんだろうな。
いまの落語家も良いところの大卒ばっかだしな。




999: ななしさん 2016/03/05(土) 10:36:59.89 ID:7AWSn/gI0.net
いや、助六自らが招いたことだろ
今回の破門は不幸な事とは言えない




1001: ななしさん 2016/03/05(土) 10:51:00.01 ID:+3e2RMpB0.net
うん、助六が自分の好きな落語以外のことに対処しないのが悪い
この後どうなるか何となく見えるけど助六とみよ吉が一時でも幸せになればいいな

菊は逆に責任感が強すぎる



897: ななしさん 2016/03/05(土) 02:54:58.54 ID:Z0SSxy500.net
みよ吉が本格的に病んできたな
それに引きずられるように助六まで菊さんの前で本音をぶちまけてしまうとは




904: ななしさん 2016/03/05(土) 03:05:11.51 ID:Cu1l4myq0.net
みよ吉の言う復讐って
助六に落語をやらせないこと?
菊比古はダメージでかそう




905: ななしさん 2016/03/05(土) 03:06:45.90 ID:J5MUF2Ur0.net
俺はてっきり助六が菊比古からみよ吉を寝取る話だと思っていた
だが実際はみよ吉が菊比古から助六を寝取る話だったんだな
さすがBL漫画家




987: ななしさん 2016/03/05(土) 09:17:25.41 ID:z6jw4D+bd.net
みよ吉は依存性でしょ
男に依存しないと生きられない性分
でも男なら誰でも良いってわけじゃない
ほんとに愛してる男ならその男の為にその男好みに自分を変えれる
助六に近づいたのは復讐の為だから利用しているだけだから助六に対しては変わる必要がない
そのへんはセリフでも語ってたよね
助六を壊すのは菊比古にとっての落語を壊すのも同義
だからお互い地獄で会おうって言ったんだよな




985: ななしさん 2016/03/05(土) 09:01:51.35 ID:hBgaOdzu0.net
特に戦後ってのは世の中が激変した時代だ
その節目に立たされついていけない人間を的確に表現している
これまで己の身一つでやってきた自信が裏目に出た感じが堪らない




927: ななしさん 2016/03/05(土) 03:29:31.83 ID:Z0SSxy500.net
助六やみよ吉みたいに恵まれない境遇で辛くて悲惨な目に会うと
どこかすり減って荒んだ人間性が出来上がってしまうんだよな。
苦労した分だけ他人に優しくなれる、強くなれるなんてのは残念ながら綺麗ごとだと思う。
もちろんそういう境遇をバネに人格者になった人もいるだろうけど




916: ななしさん 2016/03/05(土) 03:11:42.22 ID:8shlp7ib0.net
先週までみよ吉かわいそうの流れだったのにw




947: ななしさん 2016/03/05(土) 04:32:25.25 ID:waOZ640AE.net
最初の頃みよ吉のこと菊から助六に移って親友の間を渡り歩くとか
最低だなと思ってたけどこの数回でちょっと同情してる
本気になれなかったの仕方ないけどそもそも何でみよ吉と付き合ったんだよ菊さん…




948: ななしさん 2016/03/05(土) 04:36:42.53 ID:iBKHEsdh0.net
もとが満州で師匠がみつけた情婦だから粗雑にできなかったんだろ




949: ななしさん 2016/03/05(土) 04:45:27.82 ID:waOZ640AE.net
粗雑に扱えないという以上に菊さんがみよ吉に心見せて付き合ってたからさ
弁天小僧やる前とか自分の不安とかみよ吉に吐き出してたじゃん
弱い部分見せて励ましたりとかみよ吉が誤解するのも無理ない気がする




974: ななしさん 2016/03/05(土) 08:06:53.92 ID:3A91DZfB0.net
>>949
言うなら、師匠から紹介されたから付き合って(芸の肥やし)、
師匠が別れろ言うから手を切ったんだよ。
女への情はあっても、落語のほうが大事だった。
実際面倒な女だから、続いてたら身を滅ぼしてたかもね。




963: ななしさん 2016/03/05(土) 06:50:44.82 ID:FUqCLOcc0.net
菊が助の世話を迷惑そうに、でも実は楽しく、焼いていたけど、みよ吉との関係は、師匠の顔もちらつくだろうし、じとっと好かれるのは重苦しかっただろうね。
自分が主導権を握れないというか、二人でいたらどんな未来が待っているか怖かったのかもしれないね。
置屋にいたら子供のころから色々な出来事を見聞きしていただろうし。




964: ななしさん 2016/03/05(土) 06:53:57.21 ID:iBKHEsdh0.net
助六はむりやり客を笑わしている感じで私は好きじゃないみたいな批判させてたでしょ。
あのあたりが助六の限界で菊比古に対する闇みたいなところだったんじゃないか。
助六が桂枝雀にちょっと重なったよ。




994: ななしさん 2016/03/05(土) 09:36:52.09 ID:87hQqUb1K.net
みよ吉も悪い男や弱い男にすりよられ、都合が悪くなったらポイされ続けてきた人生だったし、同情の余地はあると思うけどねぇ
菊も助六も弱り目の時だけ甘えてんだから男の側にも責任ありだ
まあみよ吉が自分で誘導してる部分もあるけどな。もうそういう生き方しかできなくなってるんだろう




995: ななしさん 2016/03/05(土) 09:54:41.60 ID:Q7KbZFu6M.net
天才で大きな男だと思ってた助六も
いい女と思わせてたみよ吉も
厳しくも目をかけてくれた師匠も
何だか小さく見えた回




931: ななしさん 2016/03/05(土) 03:34:26.03 ID:YwvAtwtS0.net
あのしとだって人間ですよのとこ好きだわ
師匠の古い人間特有の勝手さ含め




998: ななしさん 2016/03/05(土) 10:36:59.45 ID:IHj/1VAM0.net
話は引き込まれるほど面白いんだけど、一話終わると毎度「面倒臭えなこいつら!」と叫びたくなるから困る




908: ななしさん 2016/03/05(土) 03:07:27.26 ID:PZ0kGnbM0.net
今週見入ったわ。葬式のシーンで助六が死んだかと思った
師匠の奥さん亡くなったんだな




898: ななしさん 2016/03/05(土) 02:57:04.90 ID:Cu1l4myq0.net
今回なんか演出とか気合入ってたね
盛りだくさんでいつもより長く感じた




913: ななしさん 2016/03/05(土) 03:09:43.87 ID:PZ0kGnbM0.net
来週は師匠が危篤で、幼少期の小夏が登場か
どうなって菊比古が預かることになるのやら





いよいよ気になってた部分に差し掛かってきた
単純に寂しかったから一緒になったんじゃなく助さんを取り上げる事が復讐なのかぁ
そして実際相当ダメージを負ってる菊…

協会のお偉さん方は頭かたいな~と思うけど、新しい事をするのってちょっと怖いよね
保守的になるものわかる
そこで助さんのようなタイプも認めつつこれまでの伝統的なタイプの両方でいく道は…駄目だったのかな
調べれば現実でも助さんのように新しい試みをした噺家さんがいるかもしれない

次回はさらに時間が過ぎて小夏さん(幼)が出てくるみたいね 
 コメ
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/anime/1454739528/
「昭和元禄落語心中」第9話

ヒトコト感想

感想
ヒトコト
 

関連リンク

>>アニメ「昭和元禄落語心中」
ハッシュタグ:#落語心中 OR #rakugoshinju

新着話題

関連商品

昭和元禄落語心中音曲噺其の一
石田彰 関智一
キングレコード (2015-10-07)

コメント…昭和元禄落語心中について

    • 1. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 08:30
    • ID:xt6vINOa0 >>返信コメ

    • この辺の話って現実世界の落語協会分裂騒動あたりのごたごたも
      オーバーラップさせてるのかな
      昇進させるさせない問題絡んでるし
    •   0  
    • 2. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 08:30
    • ID:v.wrUYm.0 >>返信コメ

    • 二期で与太郎編もやって
    •   0  
    • 3. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 08:48
    • ID:E68F8Rnj0 >>返信コメ

    • みよ吉の部屋と花川戸の絵がすごくきれい
      どろどろした人間関係との対比が際立ちますね
    •   0  
    • 4. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 08:55
    • ID:MwNCKyGSO >>返信コメ

    • みよ吉は男を堕落させる情婦マノンだったか
      菊さんをとり殺さんばかりに恨み言ぶつける辺り娘道成寺も入っとる
      どんなに可愛いかろうが絶対関わったらあかん地雷女やったんだな
    •   0  
    • 5. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 08:59
    • ID:iiTiBwiD0 >>返信コメ

    • 蹴りたい背中
    •   0  
    • 6. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 09:00
    • ID:2jmFjgWP0 >>返信コメ

    • ほんの数話前まではみよ吉に好感あったんだけどとんでもないメンヘラビッチだった。助六に落語やらせないようにするのが菊比古への復讐か
    •   0  
    • 7. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 09:01
    • ID:20XUmttE0 >>返信コメ

    • 菊比呂から助六を奪う事がみよ吉の復讐?
    •   0  
    • 8. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 09:02
    • ID:gyZIp6.10 >>返信コメ

    • このあたりからのみよ吉の決して褒められた人間ではないが、かといって責めきれるわけでもない感じは見ててつらい
      特にみよ吉が今後八雲にとってどういう意味を持つかを考えると

      ところで戦後の場面なのに浅草十二階が映ってたな
    •   0  
    • 9. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 09:07
    • ID:d.XKgM.j0 >>返信コメ

    • 実際は、談志、三平と結構フレキシブルに変わってますからねぇ
      古典守る人もそれはそれでいるし
    •   0  
    • 10. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 09:10
    • ID:zh4l9H550 >>返信コメ

    • 初太は、最後の弟子で息子じゃない。
      菊は、預かった息子で弟子じゃない。
    •   0  
    • 11. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 09:14
    • ID:79nH5WZD0 >>返信コメ

    • なるほど。
      寝取られってこっちのパターンか。
      これは読めなかった。
    •   0  
    • 12. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 09:16
    • ID:gyZIp6.10 >>返信コメ

    • >>7
      みよ吉の復讐はもう少し深いことに(結果的に)なるけど
      アニメではそこまで行かないっていう…
      2期やってほしいなぁ
    •   0  
    • 13. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 09:20
    • ID:MwNCKyGSO >>返信コメ

    • 破門されて捨て鉢になった助六と菊さんを恨んで夜叉になったみよ吉が、
      後々八代目八雲を苦しめる構図がすっかり明かされてしまったな
      助六やはり菊さんへの嫉妬もあったか
      しかし師匠にぶつける主張に尤もらしさはあれど、
      周囲を蔑ろにする尊大な態度には全く共感出来ないんだよ
      汚い浮浪児だった助六は菊さんの入門に乗っかる形でなければ門前払いのはずだったし、
      菊さんもまた助六がいなければ落語を愛することが出来なかった関係でもあるのにな
    •   0  
    • 14. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 09:37
    • ID:MwNCKyGSO >>返信コメ

    • 悲しいことに表現者というものはどんな体験も芸の肥やしにしてしまう
      みよ吉の毒気さえもも取り込むことで後の八代目八雲が完成されたとしたら、
      この胃が痛くなる修羅場は必要悪と言えたのかも知れないな(-_-)
    •   0  
    • 15. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 09:45
    • ID:99dtQIPT0 >>返信コメ

    • アマノってアマケンの父親か 小さいアマケンっぽい子供もいたけど
      助六とみよ吉のやり取り見てるだけで今後どんどん生活が荒れて転落していくようにしか見えなくて辛い
      おそらくこの過去編で積み重なったものが後年の八雲師匠の陰や孤独に繋がるんだろうから、与太郎小夏の活躍も含めて現代編もアニメになるといいなぁ
      ここ数回、見るたびに閣下すげぇってなってる
    •   0  
    • 16. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 09:59
    • ID:Av5J5TLZ0 >>返信コメ

    • 原作読んでアニメもみてるけど、アニメは演出も脚本も糞すぎて話にならない
      アニメ制作側はどや顔でつくってんだろうけど、雰囲気だけで中身を伝える気がない原作レイプだわ
      原作の漫画は好きだから見るけども、アニメで面白く感じた人は是非原作のほうも読んでみてほしい。
    •   0  
    • 17. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 10:01
    • ID:uN6yilVe0 >>返信コメ

    • 原作組の人教えて!
      原作だと過去編ってあとどのくらいなの?今期は過去編だけで終わりそう?

      二期待機!
    •   0  
    • 18. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 10:03
    • ID:m1XM9S4q0 >>返信コメ

    • 別れのシーン、このみよ吉の静かな狂気すら菊は芸に生かすのかなぁ

      画面下
    •   0  
    • 19. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 10:03
    • ID:Xnv6s79z0 >>返信コメ

    • みよ吉はいい女で悪い女で可哀想な女でもあるって感じ
      誰かに依存しないと生きていけないのは本人が一番分かってるけど
      なまじ菊さんにのめりこみすぎて引っ込みがつかなくなっちゃったんだろうだな…
      この坂道をノンストップで転がりながら加速していく感じが何とも言えない

      残り話数的に信さんとみよ吉が亡くなって回想が終わるとこでアニメ終了?
      与太の視点まで戻ってからの話も見たいな
    •   0  
    • 20. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 10:05
    • ID:m1XM9S4q0 >>返信コメ

    • 別れのシーン、このみよ吉の静かな狂気すら菊は芸に生かすのかなぁ・・・

      師匠との会話で画面下半分が真っ黒になる演出が、お舞台観てる気分になる
    •   0  
    • 21. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 10:06
    • ID:c2KSrPRu0 >>返信コメ

    • 出世するのも育ちが結構大事なのは一般社会でも言えるな
      結局周囲と上手くやって行く方法(常識やマナー)を親から習ってない、または軽視してる人はな…
      伝統関係ない新興のジャンルなら良かったのかも知れないが
    •   0  
    • 22. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 10:09
    • ID:d1tU7vct0 >>返信コメ

    • 菊比古への贔屓と助六の無軌道はどっちが先か分からないけど、「自分は野良犬扱いだ」ってことの原因の一つに助六は可愛げが無さ過ぎたと思う。

      なんだかんだ言っても師匠も助六の事はずっと気にかけていたんだし。
    •   0  
    • 23. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 10:26
    • ID:gyZIp6.10 >>返信コメ

    • >>17
      少なくとも今期は過去編だけで終わり 現代に戻ってきたとして最後の一話だけだと思う
    •   0  
    • 24. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 10:29
    • ID:V8G36BeQ0 >>返信コメ

    • みよ吉は確かに地雷女だけど、既に言われてる様に菊も助も自分が弱ってる時に寄りかかってたからなぁ
      葬式後の台詞的に師匠もそんな感じだろうし
      男に都合のいい逃げ場と利用されて結局捨てられ続けた女としてやっぱり同情してしまうわ
    •   0  
    • 25. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 10:33
    • ID:f2HLvKFv0 >>返信コメ

    • みよ吉の人間性も、それを作ったのが社会だという面もあるっていう描き方で一方的ではないからいいよね
    •   0  
    • 26. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 10:37
    • ID:99dtQIPT0 >>返信コメ

    • 菊さん、助六、みよ吉、それに師匠もそれぞれ欠点があるんだよな
      完全な悪い人でもなければ聖人君子でもなく
      それぞれの欠点が最悪の形で連鎖してしまっている感じ
      この孤独や闇が後の八雲の芸を作っていくのかなと考えると、公式の煽り文句通り「業」の物語だと思う
      多分それは助六や七代目やみよ吉にも言えることなのだろうけど
    •   0  
    • 27. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 10:52
    • ID:YcLhpoPb0 >>返信コメ

    • サラッと葬式だけだったけど、女将さんも戦中疎開先で何年も待ちぼうけ食わされたり波乱の人生だったよなあ。
    •   0  
    • 28. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 11:16
    • ID:l8tOdyyPO >>返信コメ

    • 別れのシーン、美しかった
      別れ話でこんな雰囲気出せるの凄いと思ったらみよ吉の復讐宣言とか
      別れるの分かってるみたいな言い方してたけどいざとなるとやっぱり許せないんだな
      これは愛するが故の憎悪だと思いたい
    •   0  
    • 29. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 11:47
    • ID:e3Riyudl0 >>返信コメ

    • この数年後には笑点が始まるんだよな。
      と言うか、助六と菊比古が現代を生きてたら立川談志や歌丸より年上になるんだよな(汗)
    •   0  
    • 30. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 11:51
    • ID:Ny6kn4gp0 4 >>返信コメ

    • 録画し忘れて実況みにきました!
      ちゃんと映像で見たかった(涙)(涙)(涙)
    •   0  
    • 31. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 12:02
    • ID:0BzaH0tZ0 >>返信コメ

    • 過去編最後の心中までやったら、

      話数ピッタリで終わって与太郎編は
      出来ないなあ〜2期は厳しそうだ。
      分割って話は誰か知らないかな?
    •   0  
    • 32. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 12:45
    • ID:6U6AFKRYO >>返信コメ

    • 何か濃いな
      お腹いっぱいになる
    •   0  
    • 33. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 12:47
    • ID:edrYAepvO 4 >>返信コメ

    • 匂いに関しては芸者 は、着物や小物に香を焚きしめる習慣がある。虫除けも兼ねて、箪笥に自分好みの匂い袋を入れたりします。香道を学んだ芸者は、オリジナルブレンドの香を纏う事もあります。汗をかきやすい夏は帯や巾着内にも、匂い袋を入れたりするしね。宴席に招かれる事が多いから、匂い控え目にしているけど。信さんから、みよ吉愛用の香の匂いがしたから、菊さんは信さんがみよ吉と同棲している事を見ぬいた。

      手のこんだ嫌がらせですね。花街の習慣に特別な客(マブ)に、揃いの匂い袋を送る習慣がある。
      『この男は私のマブだから、干渉しないで頂戴!』
      威嚇のメッセージだから。芸者を母に持つ菊さんなら、ピンとくるでしょうね。
    •   0  
    • 34. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 12:51
    • ID:p6nBNVIs0 >>返信コメ

    • 「信さんは菊さんと仲良く栄光の階段を登っていたと思ったら、いつのまにか降りていた、てか落っこちていた」

      な…何を言っているのかわからねーと思うが(ry 
    •   0  
    • 35. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 13:36
    • ID:UJfPRx2w0 >>返信コメ

    • 堅物なのはともかく傲慢な師匠も真人間じゃないけどな
      素行悪いが実力があるって談志か?風雲児というか破天荒ってのは
    •   0  
    • 36. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 13:39
    • ID:e2TsGEz30 >>返信コメ

    • 菊さんは下手な別れ方したね
      あの時みよ吉を思ってのことだろうけど説教しちゃったのが拙かった
      本当は別れたくないけどわかっとくれ…みたいに情感たっぷりに別れてあげればそこで引き下がったと思う
      演技は上手いんだろうに
      あとあんまり時間置いちゃったのもな、待ってる時間が長いと病んじゃうからね
      みよ吉の復習が早速始まってしかも功を奏してますが、助六とみよ吉の間に少しでも暖かいものがあればいいなと思う
    •   0  
    • 37. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 13:49
    • ID:AFnCXACh0 >>返信コメ

    • 師匠にしたら笑いながら「誰に遠慮する事なくその鼻をへし折ってやれるってわけだ」と勝ち気な助にガチ指導宣言しつつちゃんと菊が学校に行っている間に高座に連れていったり弟子として扱ってたんだよな、今回も会長に頭を下げたわけだし
      会長のくだりを見るに師匠に掴みかからなくても早晩、周りの圧力で破門されてただろう。

      自分と客しか見えてなくて業界の決まりは無視、だけど八雲の名をよこせ高座に出番を用意しろ大ネタやらせろ。唯一見ている客にも初代助六みたいに「場末でも寄席は出来る」みたいに出来ないどころか「あんな死に方は嫌だ」と我を貫けないあたり本当は自分で思っているほど客の事は好きではなく話してる自分が大好きで“面白い話をする自分に笑ってくれる客”が好きなんだなと思う

      ※30
      AT-X加入してるならまだ見れるチャンスあり

      俺は※30の金を生け贄にして第二期制作決定アナウンスを召喚するぜ!
    •   0  
    • 38. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 14:00
    • ID:e4kJYbda0 >>返信コメ

    • みよ吉が復讐の為だけに助六と一緒になったとは思えない。

      復讐してやる、はただのタンカきりであって結果そうなっていくから面白いし哀しい。
      ダメになっていくけど、初めの頃は愛情があったんだと思ってる。

      居残りの決め顔、原作めちゃくちゃかっこいいのにアニメいまいちだった。声はかっこよかったのに残念。
      アマケン父は、もっとうざいしゃべり方のキャラを想像してた。
      来週のちび小夏ちゃん期待してる!
    •   0  
    • 39. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 14:02
    • ID:moQxJrT.0 >>返信コメ

    • お師匠さん、女将さんに先立たれてすっかり老けちゃったなあ。次回、やはりお亡くなりになるのか。
      師匠を続けて亡くした雷門獅篭を思い出した。

      支障と助六のやりとり、「落語は守るものなのか、創るものなのか」って感じがした。
      このやりとりが重なり合って今の落語が出来ているのかなあ。
    •   0  
    • 40. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 14:04
    • ID:moQxJrT.0 >>返信コメ

    • ×支障
      ○師匠

      すみませんorz
    •   0  
    • 41. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 14:05
    • ID:WVF6p3660 >>返信コメ

    • 最初から最後まで濃密な回だった、
      ラストシーンが泣けてしょうがない
    •   0  
    • 42. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 14:11
    • ID:mIPlRrG30 >>返信コメ

    • いい感じにドロドロして来た
    •   0  
    • 43. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 14:34
    • ID:y4x0VVTG0 >>返信コメ

    • >>38
      まぁ居残りのあの場面は本来かっこいい男ってんでもないからね
    •   0  
    • 44. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 14:37
    • ID:ad.AS8mO0 >>返信コメ

    • 原作先まで読んでると、助六を籠絡させていくのがみよ吉の復讐だっていうのはちょっと違う気がするよね
    •   0  
    • 45. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 14:45
    • ID:rkdkjpub0 >>返信コメ

    • 最後のシーンが見てて辛くて泣いちゃった
      助六も言ってることは間違ってないけど、やってこなければいけなかったことをやらなかったのがダメだったね
    •   0  
    • 46. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 14:48
    • ID:edrYAepvO >>返信コメ

    • 店の金を盗んだから、警察に被害届は出しただろう。信さんは、みよ吉の共犯者として一緒に警察に指名手配になっただろう。みよ吉夫婦は住民票の転居届はおろか、お腹の子供の出生届も出さないだろう。昭和33年には国民健康保険が施行されるけど、これも加入しない…できないだろう。警察に発見される恐れがあるから。窃盗の時効8年。菊さんが何年後に、信さんと再会したかわからない。小夏は長い年数、戸籍のない時期があったと予想される。戸籍がないと学校にも行けないし、予防接種もできない。病気になっても医者に行けない。この夫婦、産まれる前から、子供を不幸にしている。
    •   0  
    • 47. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 14:58
    • ID:ad.AS8mO0 >>返信コメ

    • >>46
      アニメだとカットされてるけど、「退職金と思えばまぁいいんだけど」っていう台詞がある 実際に持ち逃げの件がどういう処理をされたのかは分からんけど、作中の今後の描写を見る限りシリアスな事態にならなかったようだ
    •   0  
    • 48. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 14:59
    • ID:99dtQIPT0 >>返信コメ

    • >>46
      アニメだと削られてたが、一応原作だとお栄さんは「退職金だと思えばまぁいいんだけど……」的なことを言ってる むしろみよ吉のことを気にかけてる
      警察に追われてビクビク暮らしてる風ではないような気がするが
      今後の展開次第だがね
    •   0  
    • 49. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 15:02
    • ID:e2TsGEz30 >>返信コメ

    • 今回助六には幻滅した 
      落語落語言ってる割に師匠に頭下げる事もできないのか、と
      幻滅って言葉はきつ過ぎるかもしれないが何を捨ててでも落語をやるって覚悟は菊さんのほうがあるし、助六のそういったところを師匠は見てるんだろうなとも思う
      まあみよ吉が落語から引き離そうとして誘導してるって所はあるかもしれない
      頭なんて下げなくて良いわよ~あなたが悪いんじゃないものってな
      みよ吉さん、本来はいい女だろうに盗みまでするし暴走してる自分を止められないのかもな
    •   0  
    • 50. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 15:13
    • ID:ad.AS8mO0 >>返信コメ

    • 別に助六とみよ吉だけじゃなく、一部を除く全てのキャラクターがエゴで動いていて、その結果が報いを受けているのか幸福であるのかわからないっていうところが、このシリーズの良いところだから
      このエピソードだけでもってキャラの判断に至ってほしくないところではある
    •   0  
    • 51. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 15:16
    • ID:edrYAepvO >>返信コメ

    • 犯罪者と、その子に対する社会の対応は厳しい。振られた腹いせの復讐にしては、みよ吉の手段はえげつない。信は自業自得だが、生まれる前から重い物を背負った小夏が気の毒でならない。
    •   0  
    • 52. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 15:20
    • ID:1wGiCkq70 5 >>返信コメ

    • 心中カウントダウン開始‥(gkbl
    •   0  
    • 53. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 15:24
    • ID:is8rtCvb0 >>返信コメ

    • 小夏の父親ってホントに助六なんだろうか?
      実は八雲だったってオチはないの?
    •   0  
    • 54. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 15:24
    • ID:gUkmo3080 >>返信コメ

    • >>37
      途中まではともかく最後の三行辺りの助さん評は頂けないね
      人の心ってのはそんなにわかりやすくぶった斬れるようなもんじゃない
      破門食らって落語界から締め出されて、それでも自由に我を張った初代助六が、最期には一体どんな顔して何を言って野垂れ死んだのかってことをちょっとは想像してみたらどうだい

      自分勝手で能天気なただのバカの今の助さんからは想像も付かない話だろうが、
      下手したら「助六」が因業塗れの落語界に復讐するために戻ってきた鬼の看板ってことになってたとしても何の不思議もなかったと俺は思うね
    •   0  
    • 55. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 15:27
    • ID:1wGiCkq70 >>返信コメ

    • >>14
      自分も“藤十郎の恋”連想した‥
      ただ、お梶はひたすら可哀そうだが
      みよ吉はヤンデレの香りしかしないw
    •   0  
    • 56. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 15:45
    • ID:79nH5WZD0 >>返信コメ

    • ※46~48さん
      原作で何もないならそれで良いけど
      女将さんの通報する以前に
      高飛びした奴らからしたら
      警察が目の前に来た瞬間終わりだから
      キツい生活してたろうし
      子供もそれなりに時代から考えても
      不自由だろうと思うよ。
    •   0  
    • 57. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 15:58
    • ID:1wGiCkq70 >>返信コメ

    • >>22
      私事で恐縮だが、自分は子持ち(2人)。
      一方は「人の話なんか右の耳から左の耳へ」の野放図タイプ。
      もう一方は聞き分けのいいマジメっ子だが引っ込み思案でオットリさん、家でも友達同士でも割を食う傾向がある。
      こういう対照的なタイプをできるだけ平等になるように扱おうとすると、
      どうしたって7代目に近い接し方になっちゃうのよ。
      片方は押さえつけて叱り飛ばさないと躾にならん。
      もう片方は普通に会話で躾はできる、それよりこいつには自信を持ってもらわないと(キツくあたるなんて論外)‥
      て感じ。
      チビのころは野放図の方がオットリにヤキモチやいてよく虐めてたが、物心がついてからは一応納得してくれているみたい。
        
      助さん菊さんは実の子じゃないし、芸の修行も絡んできたし、
      なにより本人たちがコンプレックスの塊だったわけだから
      いろいろややこしくなってしまったんだよ。
    •   0  
    • 58. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 15:58
    • ID:ehdu5fKU0 >>返信コメ

    • 師匠の言っていることも、助六の言っていることも
      間違ってないんだよなぁ。
      伝統を守りつつ、新しいことにも取り組む。
      歌舞伎でもクラシックでもそうだ。
      でも、思う通りにやるには、偉くなるしかない。
      助六は師匠の庇護の元、自由にやらせてもらえていたって
      ことを、忘れていたのかな。
      逆に才能があるからこそ、見えなくなっていただけかな...
    •   0  
    • 59. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 16:07
    • ID:mCwKxDVF0 >>返信コメ

    • いや助さんこりゃあ駄目だろうよ
      自分でお偉いさんにケンカ売って回っといて頭は下げるのは嫌だの何だのってなあ
      挙句に自分の代わりに頭下げて回ってたお師匠さんの芸をバカにするとかそりゃあ通らねえだろ
      売り言葉に買い言葉だったのかもしれんがありゃあいかん、ありゃ駄目だ
      むしろこれで名前譲ってくれたら逆に正気を疑うよ
    •   0  
    • 60. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 16:15
    • ID:gUkmo3080 >>返信コメ

    • そんなこと言ったら助六の性質は子供の頃から充分わかっときながら
      時々叱るくらいでろくな躾もしてこなかった師匠にだって責任はあるだろう
      アイツは才能もあるから雑に放っといても大丈夫だって甘く見てしきたりの大事さを仕込まなかった因果だよ
    •   0  
    • 61. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 16:21
    • ID:edrYAepvO >>返信コメ

    • >>47>>48
      店の経営者の娘として、無責任な科白ですね。店の売上金は他の芸者達や板前さんも、一生懸命に働いた金ですよ。みよ吉個人の退職金にして良い物では筈ないです。取り返すべきでしょうに…。

      >>56
      お栄さんの計らいで被害届が出てないとは、二人共知らない筈だから息を潜めて生活している筈。しわ寄せが、小夏に集まりそうです。
    •   0  
    • 62. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 16:43
    • ID:H45UYJYM0 >>返信コメ

    • 自分の母ちゃんのこんな話聞かされて、どんな気持ちだろう。
      菊はどこまで詳細に話してるのかね。
    •   0  
    • 63. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 16:46
    • ID:edrYAepvO >>返信コメ

    • 料亭に変わったとは言え元は公娼窟だから、地まわり系ヤクザと懇意にしている筈。経営者なら、地まわりにも協力を要請する筈。店の運用金には、ヤクザへの『みかじめ料』も含まれているから。それを承知で、みよ吉は店の金を盗んでいるから、相当な破滅思考です。地まわりは祭りや芸能の興行主、神社の有力氏子か、寺の有力檀家が多いから捜査網は警察を上回る時もある。捕まれば、ろくな目に遭わない。
    •   0  
    • 64. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 17:13
    • ID:edrYAepvO >>返信コメ

    • 江戸時代は与力や同心だけでは、町の治安は守れないので、ヤクザに協力を請う事もあった。それが地まわり。幕末動乱期は地回り同心なんて言葉も生まれ、清水次郎長や会津小鉄もいた。戦後まもなくなら、まだまだ仁侠ヤクザは生き残っていたから、敵に回す覚悟で逃避行を選んだなら、みよ吉夫婦は破滅思考だと思った。
    •   0  
    • 65. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 17:38
    • ID:MwNCKyGSO >>返信コメ

    • ああ、みよ吉が能の『鉄輪』で自分を捨てた夫を呪う鬼女みたいになってしまった
      でも助六落として菊さんに復讐とかみよ吉はそんな賢しいこと思い付くだろうか?
      たまたま次の依存先に助六がいただけって気もする
    •   0  
    • 66. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 18:05
    • ID:iQEsi8Cw0 5 >>返信コメ

    • 映像が劇場版並みに綺麗だった
      ディーンやるなあ
    •   0  
    • 67. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 18:13
    • ID:edrYAepvO >>返信コメ

    • お栄はみよ吉の為に警察にも地まわりにも、売上金の盗難届けをしなかったとしたら、お栄は何を代償にして、親である店長さんを引かせたのか?売上金は店で働く芸者の血と汗の結晶だから、まともな店主なら娘の我が儘は聞けない筈だけど。
    •   0  
    • 68. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 18:20
    • ID:HuiJ5RlM0 >>返信コメ

    • 助六は多分、菊比古が師匠方に可愛がられてることへの嫉妬で、どうしても実力だけで認められたかったんだろうな
      人の繋がりって言えば聞こえはいいけど、要するにそれってコネだもんな…
      なまじ才能はあったもんだから傍若無人に振る舞ってもやってこれて、気がつけば自分の師匠に手を上げかけてすら下げる頭がなくなってたと…
      ここまではまぁ憐れむ余地もあるんだが、頭冷やしても謝りに行けないのは完全に助六の傲慢さだし、みよと一緒になって堕落してくのは助六の弱さだな
    •   0  
    • 69. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 18:30
    • ID:HuiJ5RlM0 >>返信コメ

    • >>65
      いやいや、抱きしめられながら顔逸らして「話し聞いてあげる」だぞ?
      あからさまに意図があって近づいてる描写だよ
    •   0  
    • 70. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 18:36
    • ID:HuiJ5RlM0 >>返信コメ

    • >>67
      赤線と言っても風聞の良くない仕事なわけで、そこから従業員ある程度引き継ぎつつ一般の料亭に構え直す予定なんだろ?
      警察だ地廻りだと騒いでやっぱりあそこはガラが悪いなんて思われるぐらいなら、退職金程度の端金は問題にしない方が得って判断もなくはない
    •   0  
    • 71. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 18:41
    • ID:2fvzKVFf0 >>返信コメ

    • いやー、面白いなー
      自分の中では今季一だわ
      これをディーンが作ってると考えると、ディーンの評価変わるなぁ
    •   0  
    • 72. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 18:54
    • ID:HuiJ5RlM0 >>返信コメ

    • >>4
      みよ吉を受け止め切るには菊と助六を合体させて2で割らない完璧超人を召喚しなきゃ無理だな
      菊が訪ねて行って言う言葉が「一緒に逃げよう」だもの
      一緒に幸せになりたいんじゃなくて、一緒に不幸になりたいんだから手に負えない
    •   0  
    • 73. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 19:07
    • ID:1wGiCkq70 >>返信コメ

    • >>63
      こここ、怖い~(泣)
      あの二人が次の登場の時、五体無事でいますように(南無)
    •   0  
    • 74. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 19:11
    • ID:jU.y.A.x0 5 >>返信コメ

    • 菊さんにとっての理想の落語=助六をとりあげることが復讐とは

      めっちゃ的確に効いてるな
    •   0  
    • 75. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 19:17
    • ID:MyW1RJjE0 >>返信コメ

    • >>61
      この時代では粋と言っていた行動
      無粋な事は言わない
    •   0  
    • 76. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 19:25
    • ID:W87nFIVH0 >>返信コメ

    • >>74
      このエピソードだけ見てるとそんなふうに見えるけど案外そうでもない
    •   0  
    • 77. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 19:41
    • ID:edrYAepvO 4 >>返信コメ

    • >>70
      飲食店の営業権と商業権と商標登録は済ませたとは言え、窃盗癖のある芸者を雇っていた事実が広まったら一大事ですね!店そのものを守る為に、事件をなかった事にしたのか…。それも計算して、売上金を盗んだのなら、みよ吉は性悪ですね。
    •   0  
    • 78. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 19:50
    • ID:WVF6p3660 >>返信コメ

    • 囲った女を、最後まで面倒見ようとした、
      三枝師匠は立派なもんだ
    •   0  
    • 79. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 19:59
    • ID:2TVZuK.c0 >>返信コメ

    • 助六はまさに談志だな。あの人も古典の腕も若いころからすごかった、けどその天才肌と周りが馬鹿に見える性分、そして落語衰退の危機意識が強くて、結果落語協会お家騒動で離別、寄席にずっと出られない人だったからなあ・・・
      もっとも、彼には弟子がいて一門こぞって抜けたから独立リーグみたいなことをやっていたところが助六とちがう、助六は根無し草になっちまったか
    •   0  
    • 80. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 20:09
    • ID:FIC8oUuR0 >>返信コメ

    • 昔はいくつで年増扱いだったのかねぇ
    •   0  
    • 81. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 20:27
    • ID:edrYAepvO >>返信コメ

    • 23か24歳で年増、30歳近くで大年増。数え16歳で成人扱いだから仕方ありません。菊さん達が2枚目になったのが20歳、真打ち昇進の御披露目会で九年目だから29歳。みよ吉は30歳位と推定。
    •   0  
    • 82. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 20:38
    • ID:edrYAepvO >>返信コメ

    • 二十歳は中年増。昔は大奥や大名の夫人に使えるベテラン女中を誉める言葉で、年齢だけ重ねた駄目な人ではなかった。
    •   0  
    • 83. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 20:39
    • ID:W87nFIVH0 >>返信コメ

    • 菊比古とみよ吉の本名が未だに明かされていないということが、このエピソードあたりから効いてくる
      構成が凄いよなあ
    •   0  
    • 84. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 20:55
    • ID:c2KSrPRu0 >>返信コメ

    • 当時の30歳と言ったら今の45くらいの感覚かな
      そりゃ夜叉にもなるな
    •   0  
    • 85. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 21:08
    • ID:B920q1jR0 >>返信コメ

    • 談志いわく落語は人間の業の肯定だ
      助六もみよ吉も悪いところはあろうが肯定してやりたい気もある
    •   0  
    • 86. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 21:19
    • ID:uUJ8bPrY0 >>返信コメ

    • 助六の野放図さにはこれまでも呆れてはいたけれど、あのイケボのお陰か、憎めないキャラだった。
      けれど今回、師匠にまであんな態度を取ったのには心底幻滅。
      イケボの神通力もここまでだったよ…
    •   0  
    • 87. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 21:26
    • ID:uUJ8bPrY0 >>返信コメ

    • >>69

      自分もあの顔には「意図が有る」と思ったけど、その意図は「今度はこの男を道連れにしよう」という物だと思ったけど。

      助六が本気で自分に惚れたのではなく、何か有って心が弱くなって、ちょうどそこに居た自分にすがってきた…ってのは分かってる。
      分かっていながら、その弱くなった心に付け込んで、男を引きずりこむというか。
      それが自分にとっても相手にとっても、ちっとも幸せじゃない事に気付きながら、一人では生きていけなくて、次にすがる男を決めた…という顔だと思ったよ。
    •   0  
    • 88. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 21:35
    • ID:uUJ8bPrY0 >>返信コメ

    • 単なる趣味として落語をやるなら、助六のやり方でも通用するだろうが
      プロとして一生の仕事にするつもりなら、才能だけで渡っていこうとしても無理だよ
      どんな世界もそれは同じ

      でもこういう人、どの業界にも居そう
      才能が有るからって、他の人を馬鹿にして、周囲に頭を下げようとせず、プライドだけは高くて

      新人の頃は多少突っ走っても、面白いと言ってくれる人や、協力してくれる人にも恵まれるかもしれないが、上に立とうとするなら、引っ張っていくだけの人格が備わないとね
    •   0  
    • 89. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 21:41
    • ID:NYCeGciA0 >>返信コメ

    • 今回も素晴らしかった
      菊比古がみよ吉に別れを告げるシーンの演出は特に良かった
      綺麗な情景がとても切なく感じられた
      でもみよ吉の男に依存する生き方は好きじゃないなぁ
      それがみよ吉の生き方なんだろうけど

      あと八雲師匠が助六に激怒した時の声優さんが素晴らしい
      さすがベテラン声優の家中宏さんだ
      八雲師匠のマッチの付け方は何であんなにかっこいいのだろう
    •   0  
    • 90. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 21:42
    • ID:uUJ8bPrY0 >>返信コメ

    • 助六は、落語の才能は確かに天才的だけど、落語を取ったら、ただの生活力の無いだらしない男だからなあ…
      落語が出来なくなったら、何も残らないよな

      愛する女に子供まで出来て田舎で新生活を始める…にしては、助六の姿からは、幸せのかけらすら見えず、どうにも痛々しくしか見えない…
    •   0  
    • 91. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 21:45
    • ID:4X0an17Q0 >>返信コメ

    • ちはやふるの机くんの名言に
      「やりたいことを思いっきりやるためには、やりたくないことも思いっきりやんなきゃいけないんだ。」
      というのがあったが、助六は落語をやりたいだけでそれ以外のことは何もやってこなかったからこそ、この結果になってしまったんだな。
      才能は絶対だがそれだけじゃダメなんだ。
    •   0  
    • 92. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 21:48
    • ID:uUJ8bPrY0 >>返信コメ

    • みよ吉、菊にフラれて助六と付き合うまでは、不憫に思えてたんだけど
      店のお金を持ち逃げしたって知った途端、同情出来なくなった

      しかも、切羽詰ってつい…と言うのではなく、以前から「まとまったお金が入る」と言っていたことから、計画的だったことが伺えるし、悪びれる様子も見えなかったし
      もしかしたら、あの姉さんになら「田舎で子供を産みたいので汽車賃を貸して下さい」と言えば、貸してもらえたかもしれないのに
      何も言わずに、世話になった相手から金を持って行方をくらますなんて、どこまで後ろ向きな人生を選ぶ女なんだろうって、これまで同情してた気持ちが裏切られたようにさえ感じた

      登場した頃は、いい女に見えたのが嘘のようだ
    •   0  
    • 93. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 21:59
    • ID:qiFZULsk0 5 >>返信コメ

    • なあ…これ、そこまで描かれるのかわからないけど、みよきちと助六の娘、小夏さんて実は菊さんの種ってことはない?
    •   0  
    • 94. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 22:11
    • ID:8csUO.T.O 5 >>返信コメ

    • 花川戸は、アレな地域も含まれるけど、桜の季節には、美しくて魅了されますよね!みよ吉さんには夜桜がお似合いで綺麗でした。桜は、昼間に見るのと夜桜じゃ全く違って見えますからね。
    •   0  
    • 95. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 22:16
    • ID:uUJ8bPrY0 >>返信コメ

    • 助六が八雲師匠の落語をけなしたセリフ、見ている自分までショックだった
      助六は会長や他の師匠達とは折り合いが悪くても、自分の師匠は尊敬しているんだろうと思っていたもので

      助六にしてみれば、ついうっかり口を滑らせたのかもしれないが、咄嗟に口を出る言葉こそ本音というもの

      これまでも、師匠と助六が言い争いをする度に、本音で言い合える、それだけ心を許してる関係なんだと思い、遠慮し合う菊と師匠の関係とは違っていて、微笑ましくさえ見えた

      でも今回は、師匠の芸のことをけなしてしまった…これだけは、同じ芸人として、弟子として、絶対に言っちゃいけない言葉だ
      他に行くアテも無い身を拾ってもらい、食べさせてもらい、面倒を起こす度に、助六が下げない代わりに師匠が頭をあちこちに下げていた、だから真打にもなれたのだから、当然、八雲師匠に対してだけは、言葉遣いは荒くても、人間として芸人として、感謝や尊敬の気持ちを持っているとばかり
      なのにあの恩知らずな、そして師匠の芸に対して馬鹿にするような言葉…八雲師匠じゃなくても、誰が師匠であってもこれは破門だろう
      それでも、何十回でも通って土下座して誠心誠意謝れば、許してくれるかもしれないものを、謝る気も無い、それどころか、他の人に憐れまれたり嘲笑されるのさえ嫌がる…そうされるだけのことをしたのに

      真打になれたのは、自分が天才だから、客に一番ウケるからと、本気でそう思っていたのか
      自分の問題を、師匠が頭を下げて回って払拭してくれた、その努力と人徳が無かったら、真打になれなかったとは思わなかったのか

      助六の落語に対する危機感も正しい
      でもだったら自分が協会の会長にでもなってから改革すれば良いのでは
      そこに至る面倒事を全て飛ばしてやりたいことだけやりたい…他人に感謝も無い…謝ることすら拒否
      せっかく才能が有るだけに、その傲慢さが残念でならない
    •   0  
    • 96. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 22:18
    • ID:uUJ8bPrY0 >>返信コメ

    • >>95

      長すぎる
      ブログにでも書こうね
    •   0  
    • 97. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 22:20
    • ID:f2iDG6Ff0 >>返信コメ

    • >>95
      キモい
      病院行け
    •   0  
    • 98. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 22:28
    • ID:uUJ8bPrY0 >>返信コメ

    • >>95

      才能が有るからこそ、傲慢になるのかもね
      菊さんは、自分には才能が無いと思うからこそ、謙虚に必死に頑張ってここまで来たんだから
    •   0  
    • 99. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 22:35
    • ID:uUJ8bPrY0 >>返信コメ

    • >>90

      助六も痛々しいけど、その助六を見る菊比古も痛々しく見えるな
      助六の才能を眩しく見つめてきたのに、落ちるとなるとあっという間で、菊比古の方が辛そうだ
      助六、鹿芝居する頃までは、若い落語家達を率いていく行動力のある兄貴分て感じでカッコ良かったのにな
    •   0  
    • 100. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 22:39
    • ID:uN6yilVe0 >>返信コメ

    • みよちゃんの復讐は菊さんに、っていうよりも落語にっていう感じがした。
      だから相手は助六じゃなくても良かったわけで。それにしてもこうも破滅的な二人がいっしょになると…バッドエンドしかないわな
    •   0  
    • 101. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 22:42
    • ID:uN6yilVe0 >>返信コメ

    • 助六がショックを受けたのは破門してやる!だけじゃなくて、師匠が始めから助六を八雲にする気がなかった(幼少期からずっと騙されてた)ことについてだと思う。
    •   0  
    • 102. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 22:45
    • ID:c2KSrPRu0 >>返信コメ

    • ※95
      そうなんだよなー
      身寄りも義理もないのに拾って弟子にしてくれて
      あそこまで面倒見てもらっただけで普通なら感謝してもしたりない
    •   0  
    • 103. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 22:48
    • ID:e2TsGEz30 >>返信コメ

    • >>89
      あのマッチのつけ方格好いいよな~
      真似してみたいが火事になりそうだ
      煙草もすわないしな
      墓参りの時にでも披露するか
    •   0  
    • 104. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 23:02
    • ID:e2TsGEz30 >>返信コメ

    • それにしてもみよ吉は助六を酒を買ってきてやるわ甘やかすわ
      男を駄目にする典型だなあ
      菊さんは別れといて正解だったな、とちょっと思ってしまった
      誰に対しても色を変えれるカメレオンっぷりには呆れるやら感心するやら
      女は怖いな!
    •   0  
    • 105. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 23:11
    • ID:1wGiCkq70 >>返信コメ

    • >>103
      こういっちゃなんだが、
      卵の殻を片手で割る特訓でもした方がいいと思うよ
      同じくらいかっこ良く見えるし、子供が真似しても安全です(笑)
      マッチを片手でするより生活の役に立つぞ
    •   0  
    • 106. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 23:35
    • ID:pNkpq6690 >>返信コメ

    • みよ吉
      芸で身を立てるなんて面倒臭いと言い、世話になった人の店の金を持ち逃げ
      男にすがらなきゃ生きていけず、かと言って助六を本気で愛する様子も無く、菊比古に未練たらたら

      助六
      お偉いさん達に頭下げるなんて面倒臭えと言い、世話になった師匠に掴みかかる暴挙
      女に逃げて、しかしみよ吉を本気で愛してる様子も無く、落語に未練たらたら

      似た者同士で傷を舐め合ってるだけで、明るい未来が全く見えない
    •   0  
    • 107. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 23:36
    • ID:qWpZ.heJ0 >>返信コメ

    • みよ吉は花川戸で助六に抱かれて笑ってるよね
      見た時、寒気が走った
      客に合わせられるのセリフも助六に合わせられるということだよなあ・・・

      次に会った時地獄よは、地獄を見せるとも捉えられるし、地獄であいましょうにも捉えられる
      恐ろしい復讐だ
    •   0  
    • 108. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 23:37
    • ID:qWpZ.heJ0 >>返信コメ

    • >>106
      菊さんにも未練たらたらよね
    •   0  
    • 109. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 23:45
    • ID:edrYAepvO >>返信コメ

    • テレビの事を『電気紙芝居』と馬鹿にしていた時代がありました。音は不明瞭、画質はモノクロで不鮮明、よくブラックアウトする。八雲師匠が鼻で笑うのも無理はないです。数年後、考えを改めざるを得なくなるけど。
      『あさま山荘事件』。事件が解決するまで、寄席場のみならず、映画館、歌舞伎座、劇場から人が消えたと言う。良質なドキュメンタリーは、良質のフィクションを凌駕する事を、テレビは証明した。入場者数4割で興行的には大赤字だけど、入場者数が0ないし一桁が10日間も続いたら堪えるでしょうね。
    •   0  
    • 110. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 23:47
    • ID:B.7rZXQM0 >>返信コメ

    • この俺が同情してやったのに~とか気持ち悪い感想が多いなおい
      金盗んだから悪党、男乗り換えたからビッチ、師匠の恩義に報い無かったから悪いとか
      ラノベみたいな薄っぺらい価値観で生きてる奴は人生楽そうでいいね
      時代背景やその時々の価値観とか人生経験とかそういうものを考えながら
      物事を考えられないのかね
    •   0  
    • 111. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 23:49
    • ID:p7kasmoM0 >>返信コメ

    • >>95
      「古臭い」ってのはいいかえりゃあ「伝統的」とも取れるしねぇ。
      助六さんは単純に言い方が悪かっただけでしょう。
      あの時は完全に喧嘩腰だったので、ほんの些細な悪意だったのだと思います。
      根本的に師匠と助六さんは「伝統」に対する考えが違いすぎるみたいだし。
    •   0  
    • 112. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 23:50
    • ID:1wGiCkq70 >>返信コメ

    • >>36
      >本当は別れたくないけどわかっとくれ…みたいに
      >情感たっぷりに別れてあげればそこで引き下がったと思う
      >演技は上手いんだろうに
                                  
      ・「本当は別れたくない」なんて言っちゃったらみよ吉みたいな人は引くどころか燃え上がると思うの。
      ・演技なんて多分見抜かれますよ。みよ吉の方が経験豊富、何より真剣度が違う。

      みよさんだってバカじゃない。
      菊にとって「落語>>>(越えられない壁)>>>自分」なのは重々知ってるはず。
      そこへ「わかっておくれ」なんて上辺だけ優しく言われたら「何をだよ!?」ってプライドずたずたですわ、きっと(涙)
    •   0  
    • 113. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月06日 23:55
    • ID:e4kJYbda0 >>返信コメ

    • 小夏が菊の子とか疑う人がいてびっくり。

      与太郎や八雲が小夏と助六の顔が似てるって言うシーンあったよね?アニメではなかった?
    •   0  
    • 114. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 00:05
    • ID:V0D4gJBs0 >>返信コメ

    • >>113
      あったよね。デザイン的にも似せてるし

      しかしあの二人の遺伝子を継いでいると思うと小夏もなかなか難しい娘なんじゃないかと思うこのごろW
    •   0  
    • 115. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 00:25
    • ID:Kky.T626O >>返信コメ

    • 第1話で小夏は与太郎の眼前で、父親の助六を殺したのは八雲だと喚いてますね。八雲師匠は否定も肯定もしませんでしたが。
    •   0  
    • 116. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 01:07
    • ID:R3ZA8.3J0 >>返信コメ

    • 株を落とした人が多かったけどそれもまた愛しいというか
      この味を楽しむ作品なんじゃないのかい

      ところで声優さん達も修羅場をくぐってあんな超絶芸を身に着けたのでしょうか(下衆)
    •   0  
    • 117. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 01:36
    • ID:Kky.T626O >>返信コメ

    • 第1話では現八雲師匠も小夏も、与太郎は助六に似ていると言う。全然、似てないと思った。生い立ちは似ている。下座の姐さんから貰った飴玉に感謝し、涙を流して口にした。人の優しさを受け止められる素直さを持っている。雑用だって楽しそうに、こなしていた。ヤクザ者の兄貴の誘惑も拒否したから、善悪の基準も持っている。破門された時も、必死になって、なりふり構わず下げる頭を持っていた。与太郎は、とても芯は強く、性根は善だと思う。
    •   0  
    • 118. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 01:45
    • ID:yHMek.oI0 >>返信コメ

    • でも考えてみると七代目も七代目で大名跡を継いでくってことがどういうことなのかを本当の意味ではまるで分かってなかったんじゃないかって思うんだよなぁ…

      だって、本気で助六を弟子として育てる気があったなら、アイツはすぐサボるだの逃げるのが上手いだの甘いこと言ってないで、それこそ破門を盾にしてでもキッチリ次期八雲としての指導を叩き込むのが師匠としてまず為しておくべきことだろう
      菊比古は立派に育ったから助六がダメでも構わないと言いたげに片手マッチで格好付けてらっしゃるが、それも半分くらいは明らかに助六(と、みよ吉)のお陰であって、菊が一番悩んでた時期にはろくな助言さえもしてやれなかったじゃないか
      優秀な跡継ぎはセミか何かのように勝手に這い出て羽化してくれるとでも思ってたのかね

      まったく火を見て火傷する者は少ないが水を見て溺れる者は多いとはよく言ったもんで
      変に理解のある優しい師匠面を被って弟子から逃げてきた挙句が、才能ある若弟子の慢心と堕落を見過ごし、自慢の出来の良い息子にさえ八雲を継ぐ自信や自覚はまるで生まれちゃいないこの体たらく
      弟子のどちらに対してもやるべきことを充分やれてない、半人前の師匠が今更になって偉そうに上から物を言ったところでそりゃ俄かに納得させられるはずがないでしょうよ

      まぁせめて芸事と無関係の商家の家とかだったらここまで拗れることも無かったかもしれんが
      万一菊比古も潰れてここで八雲がお終いになってたら先達にあの世で一体どう言い訳するつもりだったのかと小一時間問い詰めたいもんだ
    •   0  
    • 119. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 01:46
    • ID:yV5FMtAT0 >>返信コメ

    • ※117
      俺もこの間久々に1話見返してみて、与太郎の性根はちゃんとしてると思った
      自分のしたい事に対して真っ直ぐだし、どんな事があっても落語をやめたくないって気持ちは強かったし
      助六は学校行かずに落語だけをやって、上下関係を習わずに大きくなったのは痛くなったね
    •   0  
    • 120. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 01:51
    • ID:YAjoITI70 >>返信コメ

    • 与太郎がどう助六と違ってどう特殊かはそのうち描かれるんだけどね
    •   0  
    • 121. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 02:26
    • ID:KNsS8B4w0 >>返信コメ

    • >>116
      みよ吉怖いとか助六は駄目なやつだなとか
      ここで書き込んでるからって本当に嫌いなわけでもないし
      それだけ話にのめりこんでるということ
      だと思いますよ

    •   0  
    • 122. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 02:30
    • ID:C9Wx.W3s0 >>返信コメ

    • >>118
      貴方のおっしゃるようなことは全部若弟子自身が自分で身につけなければならん事。
      いっっっくら説教しても気にしない奴は気にしない。
      (才能があるのにかぎってクソ生意気で師を師とも思わんかったりする)。
      またスランプで自信喪失してるはどんなに励ましてもムダ。
      スランプから抜けだす方法も自分で見つけるしかない
    •   0  
    • 123. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 03:54
    • ID:Kky.T626O >>返信コメ

    • 少し気になる事があったので、2話を見直してみた。七代目師匠は普通に、マッチをつけてた。昔、アクション漫画で拳銃使いは、敵の不意討ちに備えて利き手を空けておく、両手が塞がるような決してしない…思い出してしまった。日本には徴兵制度があり、先代師匠も若い時に兵役につき、銃の使い方も学んでいる。満州時代、片時も拳銃を手離せなかった時期があり、その時、片手でマッチを擦る事を覚えたかも。もしかしたら自分と弟子の命を守る為に引き金を…敵の命を奪った事もあったかも知れない。少し先代師匠が哀れに思った。
    •   0  
    • 124. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 04:00
    • ID:yHMek.oI0 >>返信コメ

    • >>122
      そりゃ普通の親子だとかその辺の漫画家さんとアシスタントみたいな関係ならそうも言えるだろうが
      曲がりなりにも「八雲」っていう何代も続く名と落語の型を受け継いできて跡継ぎにもそれを求めてる以上、大事なことは全部自己責任で身に付けろ、なんて無責任な理屈は通らんよ
      半端に仕込んで途中で放り出すくらいなら最初から他所に回してた方がまだマシだ

      第一、自分から縁切ったみよ吉が恋しいとよりによって当人と付き合ってた弟子に向かってこぼす辺りからして師匠だって決して人格者と手放しに褒められるような人間じゃない
      このアニメには年輩の視聴者が多いからつい師匠の肩を持って助六を悪し様に言いたくなるって話なのかもしれんが、いい年した大人なら一見立派そうな大人だって時には責任を果たせてなかったり間違いを犯すことがあるって点にも少しは目を向けるべきだ
    •   0  
    • 125. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 04:24
    • ID:Kky.T626O >>返信コメ

    • ※119
      戦前には兄弟子達も健在で寄席にも上下関係はあった筈ですが…どうして助六はああなったのか。助六と与太郎の違いがありました。綺麗好きでお洒落な事。出所した日、床屋で髪を整え、卸したてのスーツ(ヤクザの若頭風なのが残念)を纏い、菓子折り持って弟子入りに来ました。人生の節目の日には、晴れ着を纏う位の分別はあっただけでも、やっぱり助六と違うと思う。
    •   0  
    • 126. ガッノータ
    • 2016年03月07日 05:04
    • ID:VDV.YaCg0 >>返信コメ

    • 助さん根回ししないと変化させられないよ…

      菊さんみよさんの別れシーン綺麗だったけど…

      それにしても演出凝ってたなぁ。
    •   0  
    • 127. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 05:47
    • ID:Yt.2feB60 >>返信コメ

    • ここのコメント欄だけ他のアニメと空気が違うな
      君ら芸事の話もやれるのね...
    •   0  
    • 128. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 06:24
    • ID:RKkwDDW10 >>返信コメ

    • >>49
      そういえば与太郎は自分の失敗を土下座して謝罪したのだったね。
      小夏の口添えもあって八代目八雲は破門を解いたんだった。
      してみると人柄も芸風もよく似た与太郎は助六のやり直し転生
      みたいなもんかも知れないね。年齢は合わないかもだけど。
    •   0  
    • 129. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 06:30
    • ID:RKkwDDW10 >>返信コメ

    • >>113小夏が菊の子とか疑う人がいてびっくり。

      もうそこまで拗らせなくていいよ(^_^;)
    •   0  
    • 130. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 07:28
    • ID:VVX3Ebj4O >>返信コメ

    • 年寄り連中の言うことだけ聞いてたって先はねえ、このままじゃお先真っ暗だよってえのはまさに戦後の落語会に起こったことで、談志だって、三平だって、古株の師匠連中からはクソミソだったに違いない。だいたい高座を離れてラジオだのテレビだのなんてのは副業でしかない、そんなもんで幾ら稼ごうが認めねえよ、ぐらいの認識だ。昭和三十年代ならまだ映画が格上でテレビが格下。助六は慧眼だったが先走りし過ぎただけで、もっと菊比古やその他から賛同者を増やしておいてから仕掛けるべきだったのだ。腕前はあったが、それ故に自分の力を過信しすぎた。
    •   0  
    • 131. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 07:39
    • ID:VVX3Ebj4O >>返信コメ

    • >師匠が始めから助六を八雲にする気がなかった(幼少期からずっと騙されてた)

      騙す?いつ師匠が約束したんだね。実力が無けりゃ資格はない。実力だけあっても品格が無けりゃ認められない。継いだら継いだで先代と死ぬまで比べられる。 そういうプレッシャーに耐えきれる忍耐だって必要だ。そこに挑戦するチャンスを与えただけで、なにひとつ約束なんかしていない。個人的には菊が可愛いとは思ってるが、それも最初からじゃない。無愛想なのと、無鉄砲なのがきたけど足して2で割れば釣り合いがとれらあ、ぐらいのもんよ。
    •   0  
    • 132. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 08:24
    • ID:wuI8XmyNO >>返信コメ

    • 天才ってのは本当に自分の才能を粗末に扱うね。
      逆に苦しんで苦しんでようやく開花させた人は
      それまでの経緯で沢山の人脈作ってるもんなんだよ。
      与太郎は成人してたし落語界より上下関係恐ろしい
      任侠の世界に身を置いてたんだもの
      最低限の礼節は身に付いているよ。
      だから与太郎編は菊さん救済、助六浄化編だと信じているよ。
    •   0  
    • 133. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 08:28
    • ID:C9Wx.W3s0 >>返信コメ

    • >>101
      助六がショックだったのは
      恋焦がれた“八雲”を継がせないと言われたのが勿論こたえたんだろうが、師匠にガチ怒り+縁切りされたからというのもあると思う。
      もとは浮浪児、親や家庭の記憶もないと入門のとき言ってたろ?その後の菊ひこへのセリフからもわかる。親の愛、人の温かさをすごく求めてるんだよ、助六は。
      ただそれを表現する方法がいい大人に許されるやり方じゃなかった。それで結局まわりに匙をなげられたって側面もあるんじゃないかな。
    •   0  
    • 134. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 09:27
    • ID:eFMIt0Ot0 >>返信コメ

    • >>124

      確かにこのアニメは大人の視聴者が付いてるだろうとは思うが、いくらなんでも、師匠よりは菊や助六の方に年が近い人の方が多いんじゃないかな
      アンケート取ったわけでもないから知らんけど

      むしろ芸ごとの世界だからこそ「見て覚えろ」っていう方が、当時は圧倒的だったと思う
      それを、きちんと師匠が稽古付けてくれるんだから、落語の世界は優しい方だよ
      それに師匠は、助六を放っておくどころか、身なりを整えろ、礼節をわきまえろ、人の和を大事にしろ、って散々言ってきたと思う
      助六が、その小言をスルーしてたか、聞いたとしてもそんなに大事なことじゃないと思ってた節がある

      コメ欄で、師匠が人格者だとか完全無欠だなんて言ってる人も居ないんじゃないか?
      師匠にだって、人間的欠陥はそりゃ多々有るのは見てて分かるよ
      だが、あの捻くれ者の会長すら「八雲師匠の顔を立てて助六の真打を許した」って言ってる程、少なくとも落語界での人間的評価は得てきた人だ
      そんな人の背中を見て育っていれば、助六だって学ぶことはいくらでも出来た筈だ
    •   0  
    • 135. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 09:30
    • ID:eFMIt0Ot0 >>返信コメ

    • >>121

      そうそう。
      作品にのめり込んでるからこそ、そういった意見も出るんだよね。
      そこまでのめり込ませる程、原作者の人物造形、アニメのスタッフやキャストの表現力が凄いってことだ。
    •   0  
    • 136. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 09:37
    • ID:eFMIt0Ot0 >>返信コメ

    • >>101

      騙すも何も、師匠は助六に八雲を継がせるなんて言った場面なんて出てきた?
      助六が、自分がふさわしいと勝手に思い込んでただけでしょ

      そもそも、師匠はもちろん弟子のうちどちらかに八雲を継がせたいという思いで育ててはいただろうけど、最終的にどちらも継がせられる程の落語家に育たない可能性も有るわけで

      師匠自身、八雲を「どちらに継がせるか」どころか「どちらかに継がせられるか」さえ、二人が大人になるまでは分からなかったと思うよ
    •   0  
    • 137. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 09:48
    • ID:eFMIt0Ot0 >>返信コメ

    • >>110

      そうかな
      少なくとも自分は、ここのコメント読んで、そんな単細胞な考え方してると受け止められるようなコメントは見当たらなかったけど

      時代背景や価値観やこれまでの経緯を踏まえた上で、結果的にそういう行動に出るキャラ達に、なんでそうなってしまうのかと、嘆いているコメントが並んでると思う
      金を盗んだとか、男を乗り換えたとか、師匠の恩義に報いなかった…なんてことは、これまでの積み重ねを見てきた上での、感想のきっかけとして捉えているだけで

      >金盗んだから悪党、男乗り換えたからビッチ、師匠の恩義に報い無かったから悪いとか
      >ラノベみたいな薄っぺらい価値観で生きてる奴は人生楽そう

      ここのコメント群を読んで、そんな短絡的な意見と受け止められるあなたの方が、単純な人だなあと思えちゃったよ

      まあ、あなたが読んでそう受け止めるのは、それはそれで仕方の無いことだし、それを否定する気も無いけどね
    •   0  
    • 138. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 10:49
    • ID:V0D4gJBs0 >>返信コメ

    • 今だって師匠は助六が頭下げて来たら許すつもりなんだよなぁ
      そこで謝りに行けよ!ってどついてくれる人がいないのがな…
      まあどついてもダメかもしらんが
    •   0  
    • 139. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 11:15
    • ID:E7jf0rG70 >>返信コメ

    • >>81
      みよ吉は菊さん達より5つ上って言ってたから、けっこうな年だね

      毎度ここのコメ欄には当時のことや花街のことなんかに詳しい人がいて面白く読んでるわ

      与太郎も雰囲気は助六に似てるって話だけど人物像は落語の天才として描かれてるわけでもなく、もうちょっと素直でオバカな感じだよな
      きっと与太郎の存在が八雲師匠や小夏を少しずつ変えていくと信じているので続きがアニメで見たい
    •   0  
    • 140. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 11:56
    • ID:C9Wx.W3s0 >>返信コメ

    • >>33
      >花街の習慣に特別な客(マブ)に、揃いの匂い袋を送る習慣がある。

      ここは色々教えてくださる方が多くて勉強になります。
      みなさんありがとう!

      菊さんもみよ吉からおそろいの匂い袋もらってたんですかね。想像すると色っぽいですね。
    •   0  
    • 141. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 13:14
    • ID:8Ad4X4700 >>返信コメ

    • このシリーズの設定として、この周辺の世代の落語家が少なすぎるっていうのもある>助六の人間性
      寓話として機能させるために菊比古と助六にいろいろな物事が全て集約するようになってて、そのことが彼らの選択肢や視野を減じているようなところがある 別にそれが悪いっていうんじゃなくて、彼らがまとめて業を背負っているような構造になってる
    •   0  
    • 142. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 13:38
    • ID:wuI8XmyNO >>返信コメ

    • >>33
      ぶっちゃけるとマーキングよね´・ω・`)
      花魁の世界じゃ自分の指を落として好いた相手へ操を立てたり、
      浮気した固定客の髷を切り落としたりなんて、
      商売女と言えど昔の色恋事情はなかなかに壮絶なんだよね
    •   0  
    • 143. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 14:05
    • ID:V0D4gJBs0 >>返信コメ

    • ※142
      「指を落としたフリ」「それに騙されたフリ」
      がまた粋な遊びってもんで
    •   0  
    • 144. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 14:16
    • ID:H.rYPRBk0 >>返信コメ

    • ※81
      赤線廃止が昭和32年から33年にかけての出来事なので
      戦時中に助六が師匠と一緒に廻っていたのも考えるともう少し上な気もするがどうだろう
      菊と助六が30過ぎでみよ吉が+5ってとこじゃないかな
    •   0  
    • 145. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 14:32
    • ID:noBzIEi80 5 >>返信コメ

    • 演出、美術、声優の演技、全てが相まって鳥肌がたったし。
    •   0  
    • 146. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 15:19
    • ID:VVX3Ebj4O >>返信コメ

    • 菊と助六が28でみよ吉が33ってことにしときねえ。。
    •   0  
    • 147. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 15:50
    • ID:H.rYPRBk0 >>返信コメ

    • >>146
      それだと戦争中に師匠はまだ10代前半の助六を一緒に連れてったって事になるが…
    •   0  
    • 148. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 17:56
    • ID:yHMek.oI0 >>返信コメ

    • 菊比古と助六の関係って何だか同門のライバルって言うよりは互いが互いの親をやってたような感じなんだよな
      菊比古は折に触れ助坊に小言を言ったり着物を見立ててやったり何かと細々と面倒を見てやって
      助六も助六で俺の背中に付いてこいとばかりに度々菊坊に進む道を示してやってきて
      初めからこうなる運命だったのかそれとも付き合う内に自然とこうなったのかは知れないが
      足りない情を補い合って何とか一人前になろうっていうような何ともいじらしい間柄だった

      でもお互いいつの間にか大人になって、そんな関係も遂には終わらせる時が来ちまったんだろう
      この先どうなるかはアニメではまだわからないが、縺れに縺れた顛末の行く末が弟子も取らず助六の忘れ形見の小夏と自分にしか出来ない古典を抱えて独りっきりで落語を演ずる石田爺さん、っていう遣る瀬ないオチだけは否応なしにハッキリしてるわけだ
    •   0  
    • 149. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 18:03
    • ID:sBRC0Ac.0 >>返信コメ

    • しかしこういう対照的なキャラの場合、助六みたいな陽タイプが世渡り上手くて、隠タイプの菊みたいなのが割を食う…ってパターンが多いから意外な展開だった
    •   0  
    • 150. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 18:39
    • ID:VVX3Ebj4O >>返信コメ

    • >戦争中に師匠はまだ10代前半の助六を一緒に連れてったって事になるが…

      あーそうか。終戦時16歳じゃ若すぎる?
      あ、じゃあ助六が30で菊比古が28ってのはどうだえ?昭和三十年代の35歳じゃもう完全にオバさんでしかないもの。少しでもみよ吉を若くしてやりてえ。
    •   0  
    • 151. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 19:28
    • ID:z76mBAM4O >>返信コメ

    • 姐さんに優しいねぇ(笑)
      そういうの好きだねあたしは。
    •   0  
    • 152. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 19:30
    • ID:nQGCfSkY0 >>返信コメ

    • >>151
      バカ
    •   0  
    • 153. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 19:33
    • ID:Kky.T626O >>返信コメ

    • ※150
      戦前は小学校を13歳で卒業後、就職はザラでしたから16.7歳で大人と同等扱いです。芸者は早ければ14歳で舞子(東京は半玉)デビューです。成人年齢を15歳から20歳に引き上げたのか、徴兵制度のせいです。明治時代は外国製の武器を使っていたので、20歳位の体格と体力じゃないと大きくて重くて使いこなせなかったせいです。
    •   0  
    • 154. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 20:41
    • ID:T4Ex9ZLCO 5 >>返信コメ

    • みよ吉いよいよ悪女の本領発揮か。菊さんと助六、他愛ないケンカしてた頃が今は懐かしい…
      胸が苦しくて、やるせない回だった。

      モヤモヤした気持ちをここのまとめ読んでいつも落ち着かせてる。皆さんのコメント本当ためになるわ
      ありがたい。
    •   0  
    • 155. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 20:53
    • ID:TBUdv.6N0 >>返信コメ

    • 助六は「お客のいいとこは体裁も見栄も関係なく面白けりゃあ笑ってくれるとこです」って言ってたけど、実際会長のファンとかから視たらアレはどうなの?会長助六間の不仲とか助六の師匠連に対する態度とか知らなければ特になんとも思わないの?
    •   0  
    • 156. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 21:36
    • ID:mB3427df0 >>返信コメ

    • >>153
      うちのばーちゃんは小学校途中でやめて県外の紡績工場へ働きに行ったって言ってたなあ。
      その所為だと思うけど、文盲とまではいかないけど文章読むのが本当に苦手だった。信さんはどうだったのかな…

      信さんと与太郎の差異って、落語に対しての想いの差異だと思う。
      与太郎は刑務所に慰問に来た八代目八雲の落語に真っすぐ惚れ込んで、その真っすぐさで落語に向き合っている。
      でも信さんは前回でのこの台詞。
      >『面白えだろ。死んだ助六が八雲になるんだ』
      これには復讐めいた屈折を感じた。その情念を反骨精神精として落語に向き合ってきたひとだと感じた。
      菊さんや七代目八雲師匠の言うことを聞かず、執拗に「汚いなり」でいることや、落語界の縦社会に対して歯向かっていったりしたのは、育ての親代わりだった助六じーさんの落語家としての生き方を、肯定したい!…というような譲れない気持ちがあるんじゃないだろうか。
      だから、正統的な流れを汲む落語界の慣習も、師匠のやり方も、どうしても肯定できなかった。そういう自分の気持ちの屈折を客観視して把握することもできなかった。
      だから上手く立ち回ることもできなかった。
      そういう人に思える。
    •   0  
    • 157. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 21:47
    • ID:V0D4gJBs0 >>返信コメ

    • 助六はなんでああ強硬なんだろ?と思ったけど、先代助六の弔い合戦みたいなつもりだからか。
      最初から落語会を敵視して、アウトサイダーの流儀でねじ伏せてやる!って思ってたらそりゃ周りとしっくりは行かないし、八雲をもらえないなら意味がないから頭も下げないのか。
      まあ今後どうなるのかわからないけど…。

      って書こうとしたら同じことがw
    •   0  
    • 158. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 22:08
    • ID:yHMek.oI0 >>返信コメ

    • 俺には先週の「ナリはきたねぇ」を2回言う下りが今更ながらに残酷な描写に思えてならんよ
      七代目と助六は、真打昇進が見えてくる頃にはもうあんな冗談交じりのお小言ですら
      菊を通じなきゃ伝わりもしないような冷え切った仲だったんじゃないかとね
    •   0  
    • 159. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 22:41
    • ID:VVX3Ebj4O >>返信コメ

    • 気になって録画を見返してみたんだけど、お千代ちゃんが田舎に帰る時点でたぶん1941年=昭和16年(郭話の禁止が16年と言ってる)この時点で菊比古が高等部一年で16歳。師匠が満州に慰問する時点で菊比古は18歳なのはセリフから確定してる。師匠は帰ってくるまでに二年以上かかってるが最低でも昭和20年なら菊比古は20歳だ。みよ吉は菊比古プラス5歳だとすると、赤線廃止の昭和32年で菊比古が32歳だからみよ吉は37歳になるって寸法だね。画面からはそうは見えないけどねえ。。。
    •   0  
    • 160. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 22:54
    • ID:VVX3Ebj4O >>返信コメ

    • >信さんはどうだったのかな…

      高校行かなくたって本は読めますわ。師匠に直接教わらなくても落語がデキるってことは本は当然読んでるし。そういや昔はルビを振ってある本が多かった。
    •   0  
    • 161. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 22:54
    • ID:C9Wx.W3s0 >>返信コメ

    • >>158
      冷え切るほど仲が悪化する以前に、助六が稽古さぼってに師匠の家に来ないしw
      たぶん、師匠はだいぶ前から助六の顔さえ見れば「まともなナリをしろ」って言い続けてきたんだよ。
      で、助六はあんまり言われ続けたせいで耳タコ状態。気にも留めなくなっちゃったw
      逆効果になったのを見たら師匠もこれ以上言い続けるわけにもいかず、代わりに菊さんに愚痴こぼしてる‥て流れとみたw
    •   0  
    • 162. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 23:17
    • ID:VVX3Ebj4O >>返信コメ

    • 紋付きを汚く着るってのがどうすればいいのかよく解らん。そんなシワシワになるのだろうか。酒やよだれをつけて色が変わってしまうのだろうか。。。。
    •   0  
    • 163. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 23:33
    • ID:mB3427df0 >>返信コメ

    • >>160
      信さんは中学まで出してもらっていたのか。原作読んでないからそこら辺の設定把握していなくてごめんなさい。
      でも助六じーさんのとこにいた時分はどうだったのだろう。
      小学校を通えていたとは思えない。だとしたら基礎教育をスキップしての修学は大変な努力がいっただろうと思う。
      中卒でも本が読める、どころか本人の努力と才能次第で芥川賞だってとれる作家になれることは知ってるよw西村賢太は好きな作家です。

      でも信さんが「本」で落語を覚えていたのかは疑問だ。
      八雲師匠にも「何度も講座にかけてもらったから、一発で覚えちゃう」と言っていた。
      それに菊さんは何度も台本をみて稽古しているシーンや台本を持っているシーンが描かれているけれども、信さんにはそれらしきシーンを見たことがない。
      信さんは「耳で覚える」才で、ここまでやってきた落語家なんだと思う。
      なんかそういうところが微妙にうちのばーちゃんとだぶるような(そうでもないような)感じがして、つい気になってしまったのです。
      ばーちゃんは、「耳で聞いたことのある」唱歌や演歌、歌謡曲などの歌詞は読めた(読むのが苦痛じゃなっかった、といった方がいいかな)けど、層じゃないものは、例えひらがなオンリーの絵本とかでも読まなかった(苦痛だった?)
      耳で覚えた情報を寄る辺に言葉を解読しているようなひとだった。
      ちなみに大正最後の年うまれのひとです。
    •   0  
    • 164. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 23:38
    • ID:1MXzHrSv0 >>返信コメ

    • >>99
      最後のほうなんて血を吐くような感じすらしたからな。菊さん
      これこそ素晴らしいと認めた芸をする人が落ちぶれる様を見るのは辛かろう
    •   0  
    • 165. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月07日 23:54
    • ID:yHMek.oI0 >>返信コメ

    • >>161
      まずその助六が稽古をサボって師匠もそれを強く咎めなかったってのがおかしな流れだよ
      少なくとも大陸に渡る前、前座の頃にはまだみっちり稽古を付けて貰ってるようだ
      まして戦地で生死を共にして帰ってきた時には二人とも汚れ塗れで本当の親子みたいだった師弟仲が、若い弟子側のありがちな慢心だけでここまで決裂するのも道理に合わない

      ひょっとすると師匠にも心の底では初代助六風の落語を疎ましく思うような気持ちがあって
      信さんがそれを何かの機会で知るか次第に感じ取るかして寄り付かなくなった辺りが
      すべての流れの始まりってやつなんじゃないかね
    •   0  
    • 166. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 00:04
    • ID:Y5O0cxJJ0 >>返信コメ

    • ここで助六が菊に嫉妬していることが判明。菊もまさか嫉妬されているとは思っていなかったろう。菊は自覚していなかったが助六が認めるほどの落語の才能あったということなんだな
      しかし、師匠の家中宏さんの演技上手すぎ。また、会長に柴田秀勝さんとかスゴい配役するよ
    •   0  
    • 167. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 00:12
    • ID:U9UTU2zp0 >>返信コメ

    • >>163
      読み直してみたら我ながら何を書きたかったのか考えがとっちらかっていたから自レス。

      ようは「耳で覚える」タイプの人間と「耳と目(文章)で覚える」タイプの人間では芸の習得の方法が全然違うのではないか。
      それは思考もそうなのではないか。
      もし信さんが「耳で覚える」ことで落語を習得したのならば、それは菊さんとは全く違った方法での習得であり、その苦悩をもまた、「耳と目で覚える」人間のそれとは全く違ったものだったのではないか。
      そういう点が気になったのです。
      あくまで憶測だけど。
    •   0  
    • 168. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 00:17
    • ID:qvBAE.B40 >>返信コメ

    • >>165
      師匠が厳しく咎めたかどうかは具体的に描写されてるわけでもないからなんとも
      結局助六の素行は改まらず、破門にまでなったっていう結果で作中描写としては十分なんじゃないのかね 想像の余地を残してるだけで
      あと前座時代はまだ師匠の家に住み込みだったよね?
      そしたら稽古サボるわけもないし菊さんも言ってたけどずーっと落語漬けの毎日だったわけだし
      高座に上がって評判が出てきてから稽古に来なくなったんだろう

      多分師匠の心のうちというか因縁の話は次回語られるんじゃないかしら それで引っ掛かりはいくつか解消するかも
      家中さんの落語聞けるかな
    •   0  
    • 169. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 00:44
    • ID:aflgCxZ.0 >>返信コメ

    • >>168
      なるほど前座時代は一つ屋根の下ってこともあったか……

      七代目の落語は是非とも聞いてみたいもんだね
      もしEDのあの最後の与太郎の居ない一枚絵が過去編の重要人物を一堂に並べたもんだとしたら
      師匠も単に助六を破門した先代ってだけでは済まないだろうし
    •   0  
    • 170. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 02:26
    • ID:ICKqCRM2O >>返信コメ

    • 前座見習い→前座→二つ目→真打ちの順番で昇格。二つ目までは内弟子として、師匠と同居。チラシ作りやプログラムやメクリやネタ帳など書く事があるから前座見習い時代に読み書きを、チケット売場を任される事があるから算盤を、着物の着方、鳴り物(和楽器)の演奏を、師匠や兄弟子から教わります。茶の湯を習う事もあります。
    •   0  
    • 171. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 03:16
    • ID:ICKqCRM2O >>返信コメ

    • >>156
      尋常小学校までは義務教育なのですが、親の中には貧しさから中途退学させて、奉公に出した事もありました。お祖母様はそちらだと思われます。子供達に教育を与えたい政府と、労働力として子供が必要な農家で、一揆に発展した事もありました。妥協案として『田植え休み』『稲刈り休み』を設け、家業を手伝わせる事にしたそうです。夏休みが、一週間程削られましたが。
    •   0  
    • 172. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 03:39
    • ID:ICKqCRM2O >>返信コメ

    • 信さんと菊さんが同い年なら、彼らが生まれた昭和元年の翌年、昭和2年に世界恐慌が起こってます。冷害による不作も重なり、捨て子が大量発生しました。信さんは、恐らくこの時期にストーリートチルドレンになった。尋常小学校すら通っていない。生きる為に、天耳智を会得したと推定されます。初代助六さんに拾われてから、読み書きは習ったと思いますし、八雲師匠から前座見習い教育は施したと筈。信さんの習得術は、天耳智がメインと思われます。
    •   0  
    • 173. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 08:48
    • ID:OGetcr.bO >>返信コメ

    • 初代に続き二代目までも助六は不世出の噺家の名となってしまった
      菊さん自身は一貫して有楽亭八雲の名跡は助六が相応しいと思っていたね
      再三親友に忠告し師匠に対しても執り成しを進言し
      決してライバルを陥れるようなことはしなかったのに
      この雁字搦めの因業はまるで何かの呪いみたいだよ(-_-)
    •   0  
    • 174. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 09:31
    • ID:6bmFyP8x0 >>返信コメ

    • >>166
      助六の菊への嫉妬は、
      落語の才以前に「オレより親父に可愛がられている、ひいきされてる」というひがみが先にある気がする。
      7代目の助さんと菊さんへの態度が露骨にちがう描写が何度もあったしな。
      他人の目から見れば「日頃の行いの差だ」でおわる話だが、本人は(頭では納得していたとしても)内心モヤモヤしていたんだろう。
      そういう下地のうえに、二人の落語に対する7代目の評価が助六には不満だったんじゃないか?
      その辺りはあまりハッキリ描かれてないがら自分の想像なんだが、7代目は古い世代の代表みたいな描かれ方をされてるから
      たぶん助六の破天荒な型にはまらない落語より菊比古の伝統に忠実な正統派落語を高評価してたと思う。
    •   0  
    • 175. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 09:39
    • ID:kjPB6r5k0 >>返信コメ

    • >>162

      酒の席で上着を脱いで脇に置いた後に、酒やら食事やらをこぼしたりとか
      家に帰ってそのまま脱いで汚れも落とさないまま、丸めてどこかに押し込んでおいて、ホコリにまみれシワシワになってたとか
    •   0  
    • 176. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 09:56
    • ID:kjPB6r5k0 >>返信コメ

    • >>167

      分かる気がする。
      音楽でも、楽譜を見てピアノを弾く(きちんと目で音譜を確かめてからじゃないと弾けない)人と、他の人の演奏を耳で聴いて弾く方が得意な人(楽譜を見るのは面倒臭がる)人が居るからね。
      菊比古は前者、助六は後者のタイプなのだろう。
      台本を読み込んで練習回数をこなすのは地道な作業で、結果が出るのは遅いけれど、着実に力になっていく。
      人の演目を見て自分の物に出来る人は、結果が出るのも早く、どんどん先に進めるが、前例の無い領域まで行くと、土台が無く足をすくわれることもある。
      小さい頃から耳コピで演奏を再現して周囲を驚かせてた人が、ある日壁にぶつかって、基礎からやり直す…なんてことも有るらしいし。
    •   0  
    • 177. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 10:11
    • ID:kjPB6r5k0 >>返信コメ

    • >>174

      >落語の才以前に「オレより親父に可愛がられている、ひいきされてる」というひがみが先にある

      その通りだと思う
      でも親父にしてみりゃ、あそこまで性格の違う二人に対して、同じ接し方じゃ育てられないよな
      菊は一言何か注意すれば「分かりました」と、きちんとその通りにする
      助に一言言ったところで馬耳東風
      何度も言い聞かせてもスルーするか口答えするか
      結局怒鳴り付けることになる
      菊に助と同様に怒鳴り付けたら、それはそれで菊は落ち込んで自分の存在を否定しそうだし
      菊へのやり方を助に、助へのやり方を菊に、それは土台無理な話だったと思う

      落語そのものに関しちゃ、親父は菊と助、どちらも評価してたと思うんだよな
      いくら弟子だって、ある程度の水準に達してなきゃ真打に推薦なんて出来ないだろうから
      助があれだけお偉方に対して評判が悪くても、親父が頭下げて回ってまで真打にしたのは、助のことだって弟子として可愛いと思ってたし落語の才能も評価してたからじゃなかろうか
    •   0  
    • 178. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 10:29
    • ID:kjPB6r5k0 >>返信コメ

    • ここに来て助六やみよ吉への辛口の感想も目にするが、そこに愛を感じるなあ

      師匠サイドから見て助六をたしなめるって人も居るかもしれないが、どちらかと言えば、自分も助六のように頭の固い上司が立ち塞がって、日頃からやりたいようにやれなかったり、親に他の兄弟よりあまり大事にされなかった記憶が有ったり、助六の気持ちも分かるからこそ、「そんなやり方じゃ駄目だ」と、自戒も込めて助六を諭してるような

      みよ吉のことも、女は寂しさにああいう状況に陥る可能性が有るから、男はああいう女にハマる可能性が有るからこそ、「そんな生き方じゃ駄目だよ」「怖いなあ」と言いたくなる

      そんな風に、彼らを自分の立場に引き寄せて見てるからこそ、辛口の意見も出てくるように思える
    •   0  
    • 179. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 12:18
    • ID:ICKqCRM2O >>返信コメ

    • 『親に捨てられた』
      菊さんの場合、菊さんの母から八雲師匠へ、親権譲渡。落語家以外の選択肢を増やす為か、高校まで通わせてもらってます。戦前の日本は優秀なら飛び級あり、奨学金もあり、上級学校や大学に進学する事も機会あり。生母は存命だから、あと会おうと思えば、いつでも会えた。


      信さんの場合、両親の顔を知らないと言う。信さんの乳幼児期は昭和恐慌があって、捨子(東北では間引き)が多発していたから、その頃に遺棄されたと推定。会いたくても手がかりなし、邪魔で捨てたのか、生きる機会をくれたのかさえわからない。捨子の中には誰にも見つけてもらえず、餓えと寒さで死んだ者もいた。信さんが荒むのも、わからなくもない。
    •   0  
    • 180. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 12:53
    • ID:vzjpOAnZ0 >>返信コメ

    • 落語自体を主題としながら、
      時代背景に即した流れまで抑えてるし、
      登場人物自体が落語で語られているような、
      賛同できないとこもあるけど、
      どこか見捨てられない生き方をしていて。
      「落語心中」としか付けようのない、
      つくづく恐ろしい作品だと思う。

      とは言え、原作読んだ身としては
      1期の部分は落語心中の話の3-4割程度で、
      与太郎が活躍するこの後が本番だと思うので、
      本当に2期を切望してる…。
    •   0  
    • 181. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 14:11
    • ID:6bmFyP8x0 >>返信コメ

    • >>180
      だいぶ前に原作者のインタビュー読んだけど、8代目八雲を主役に設定しなかったのは
      アニメでいうなら2期(←あれば)以降の話が「落語心中」のメインテーマだからって感じの話してたような。(自分の読解力不足で間違って理解した可能性はあります、あしからず)
      たしかネットでも読めたはず。
    •   0  
    • 182. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 15:18
    • ID:BCtDKD370 >>返信コメ

    • みんな昭和落語に詳しいけど
      視聴者の年齢層いくつなんだよ。
    •   0  
    • 183. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 15:23
    • ID:EmTnRqog0 >>返信コメ

    • なんやこのコメ欄・・・
    •   0  
    • 184. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 15:45
    • ID:ICKqCRM2O >>返信コメ

    • >>182
      祖父と祖母、大伯父大叔母が録音して観てますが?おかげで昔話が沢山聞けました(^_^)
    •   0  
    • 185. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 16:10
    • ID:IZ6dtGF80 >>返信コメ

    • 助六の、師匠に怒られて足をすくめるシーンな、あれ良い描写だと思った
      助六の根底には拒絶される事への恐怖があるのかもしれない
      助六は師匠連に反発したりもするし、すぐに喧嘩腰にもなるけど、気が弱くて虚勢を張っているだけなんじゃないかとも思える
      兵隊さんの笑った顔が好き、寄席の客が好きなのも、自分を受け入れてくれるからで
      師匠に謝りに行けないのも、子供の頃親に捨てられた事が助六の根っこにあって、親父にまた拒絶されて捨てられるのが怖いのかもしれない
      こう書いてみて気づいたんだけど菊さんとは親に捨てられた者同士、みよ吉とは菊さんに捨てられた者同士だな…


    •   0  
    • 186. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 16:19
    • ID:lxkpkhPc0 >>返信コメ

    • キャラの年齢に関しては
      登場人物が全体的に寓話というか、あの時代全体の流れを象徴してるキャラになってるし、そもそもこの回想自体が長年たってからの語りという視点になってるからね
      ネタバレになるけど、2期にあたる部分の展開を考えても、信頼できない語り手っていう感じでとらえたほうがいいかも
    •   0  
    • 187. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 16:43
    • ID:IZ6dtGF80 >>返信コメ

    • >>127
      本当にここのコメ欄独特ですね
      感想の洞察が深いし、落語や昭和の時代背景に詳しい方が多くて面白い
      つい何度も覗きに来てしまう
    •   0  
    • 188. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 17:02
    • ID:6bmFyP8x0 >>返信コメ

    • >>186
      思い出は美化されますからね‥
      ということは9話の時点で30過ぎ、ヘタすりゃ40前でもおかしくない
      みよ吉がそうは思えないほど若く美しいのも、いやその(ゲフンゲフン)
    •   0  
    • 189. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 18:47
    • ID:0ASBSuL2O >>返信コメ

    • >男はああいう女にハマる可能性が有るからこそ、「そんな生き方じゃ駄目だよ」

      戦前生まれのみよ吉には酷だろ。依存というがこの時代はそれが普通だ。現実問題「自立」ったって、職業夫人ってのがまだまだ珍しかった時代だよ。まして彼女にゃ学歴も技能もコネもない。独りじゃ稼げねえ、喰っていけねえ、だから男に縋って満州に行くしか選択肢が無かったって境遇さね。敗戦でアメリカがフリーダムとデモクラシーをもたらした、だからいきなり自立しなさいって、そらあムチャ振りが過ぎるってもんだ。菊比古も歌舞伎座で出会ってから何年も引っ張ったんだ。三十女になるまで待たせた責任取ったってバチは当たらねえよ。
    •   0  
    • 190. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 19:36
    • ID:ICKqCRM2O >>返信コメ

    • みよ吉は向島の店は解雇されたけど、見番(芸者組合)は健在だから、見番から仕事は貰えた筈。菊さんの台詞から、小唄と鳴り物(三味線を始めとした和楽器の演奏)は合格点だったらしい。入門は遅くても、継続すれば技量は上がる。御座敷の他に、祭りの山車の鳴り物(ラジカセが販売される前は生演奏が主流)、ちんどん屋のサポート、寄席場の下座もあり、三十路過ぎ女にも生きる道はあったそうな。大叔母ちゃんの友達の元芸者さんの談だった(^_^;)
    •   0  
    • 191. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 19:46
    • ID:SvfnVxbE0 >>返信コメ

    • >>173
      不世出は「滅多に世に現れないほど才能がある人」って意味だよ
      「埋もれて表舞台に出て来ない人」って意味ではない…
    •   0  
    • 192. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 20:01
    • ID:lCXji3j00 >>返信コメ

    • 菊はみよ吉に自立しろって言って別れたけどどうかと思うな。
      菊も菊で悪い。

      別れの理由にはなるが、昭和30年代で捨て子で遊女。
      そもそも昭和30年代なんて基本、専業主婦な訳で
      みよ吉が根なし草で1人じゃ生きていけないのを知ってて
      八雲師匠も菊も良いように遊んで捨てたようにも見えるな。
    •   0  
    • 193. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 20:05
    • ID:Ivo0EfOf0 >>返信コメ

    • ある意味納得できてしまう傷の舐め合い
    •   0  
    • 194. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 22:02
    • ID:6bmFyP8x0 >>返信コメ

    • >>189
      >菊比古もいきなり自立しなさいって、そらあムチャ振りが過ぎるってもんだ
      >歌舞伎座で出会ってから何年も引っ張ったんだ。三十女になるまで待たせた責任取ったってバチは当たらねえよ。

      ・ 芸者ってこの時代では数少ない職業婦人だよ。つまり「いきなり」ではなく自立できてた。(ただしみよ吉は最後まで見習いのままだったから、自立してたとはいえないかも)
      ここのコメント欄で詳しく解説して下さるありがたい方々のお陰で自分も知ったから分かったふうに言えた身じゃないが、お座敷引退しても、三味線なり踊りなり芸事でそれなりに食っていけたらしい。
      だから菊さんも「小唄をやりゃいいよ」とすすめてる。「寄席に出たいって言ってたろ」と続けてるから「やる気あるなら自分も手伝うよ」という意味合いだと思う。けしてムチャ振りではなかったと想像。
      ・ 三十女になるまで引っ張っといての縁切りはされる側からしたら確かにキツイ。しかし、あの場合やむを得ないところもある。菊もまだ二つ目だったから独り立ちしてなかったでしょ。結婚したくても無理。
      当時の落語界のしきたりはどんな風だったか良くわからんが、戦後とはいえ昭和の半ばだからその辺は厳格だった。因習に支配されてる伝統芸能の世界にいればなおさらだよ。
      付き合っていても「お互い本名も知らない仲」なら、おそらく将来を誓ったのではあるまい。それならみよ吉はいつでも別れることができたはず。
      何が言いたいかというと、
      みよ吉だって自分の意志で見通しのないまま三十女になるまでズルズル付き合っていたってこと。気の毒だが本人にも責任はある。
    •   0  
    • 195. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 22:04
    • ID:kjPB6r5k0 >>返信コメ

    • >>189

      どうも
      178です

      ああ…そこだけ引用されると意味合いが違っちゃう…
      ごめん、前のセリフは女性視聴者が、後のセリフは男性視聴者が言ってるイメージで書いてた
      書き方が悪くて誤解を招いたね

      確かにあの時代や環境、そして勝手な男達が、みよ吉をあんな生き方にさせてる面は有るけれど、現代女性だって、寂しさから、弱り目にすがってくるような男ばかり受け入れて、幸せを遠ざけてしまう、そんな生き方をしかねないって、みよ吉に対して共感の気持ちが沸くと思うんだ
      だからこそ、見てる女性達は「みよ吉、そんな生き方じゃ駄目だよ、心が弱くなってる時にばかりすがってくる男達を引き寄せてちゃ、自分が幸せになれないよ。本気で自分に惚れてくれる男を探しなよ」と言いたくなるんじゃないかなと

      そして男性達は、こういう女と居ても、相手も自分も駄目になると分かっても、弱った時に心と体を慰めてくれる、こんな女に逃げてしまいそうだから、「みよ吉みたいな女は怖いなあ。こういう女に甘やかしてもらったら抜け出せなくなりそうだよな」と言いたくなるんじゃないかなと
    •   0  
    • 196. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 22:18
    • ID:U9UTU2zp0 >>返信コメ

    • 2話を見直してみたら、初前座のときの師匠の反応がなかなか今思うと意味深だった。

      まだ自分の落語を見つけていなかった菊さんの惨敗ともいえる落語には、落胆のような表情。
      そして信さんの客を沸かせた落語を聞きながら、何故か師匠は腕を組んで苦い表情をしていた。
      菊さんへの反応は順当だけど、信さんへの反応は、やっぱりちとヒドイと思う。
      こういう空気の差を、信さんは肌で感じていたのかな。
    •   0  
    • 197. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月08日 23:31
    • ID:iMUYMLmA0 >>返信コメ

    • >>115
      BD一巻でまた別の場面で
      「お前さんがそう思ってんならそれでもいい。半分はアタシが殺したようなもんさ」
      みたいなことを言っていた
    •   0  
    • 198. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 02:15
    • ID:aZ8.3EyuO >>返信コメ

    • >心が弱くなってる時にばかりすがってくる男達を引き寄せてちゃ、自分が幸せになれないよ。

      基本的に水商売の女の周りにはそんな男しか集まらないよ。今も昔もね。金銭出して慰めを売り買いするんだよ。信頼とか誠実とかはお互いに言いっこナシの世界だもの。「紺屋高緒」はファンタジーだから素敵だけど、なかなかリアルじゃそうはいかねえもんだ。菊比古だってそれなりにはみよ吉のことを愛したさ。でもどこかでリスペクト出来なかったし、周りもそう見るだろうな、というデメリットを背負える気はしなかった。それは自分の為に演る落語の妨げになる、ということさね。哀しいけど真剣に愛したからといって相手が応えてくれるとは限らないのが世の常で、ましてやそれが芸者ともなるといよいよそれが難しい。結局、三味線、踊り、小唄といった芸事も、男女のカケヒキも彼女はプロにはなり切れなかったんだな。
    •   0  
    • 199. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 02:17
    • ID:tcZ3Ea7s0 >>返信コメ

    • みよ吉めっちゃ怖かった
    •   0  
    • 200. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 02:32
    • ID:tcZ3Ea7s0 >>返信コメ

    • アニメーター見本市やってそれでもまだなおこの演技の幅か
      凄い
    •   0  
    • 201. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 02:36
    • ID:aZ8.3EyuO >>返信コメ

    • >だから菊さんも「小唄をやりゃいいよ」とすすめてる。

      落語でさえこの先生き残れるか怪しいってぐらいなのに、小唄でこの先幾ら稼げますかい?あと十年もすりゃテレビでグループサウンズ全盛の時代だよ?みよ吉にはカンバン張れる様な名声も実力もありゃしない。仕事がどんだけ来るかも知れたもんじゃない。それじゃ野垂れ死にするのは目に見えてらあな。一生懸けてやりたい仕事なんかないの、ただ愛する男に寄り添って支えて生きて生きたいの、ってのは怠惰でも罪悪でもなく彼女の夢だし、今の生活から抜け出すとしたらもうそこしかないんだよ。芸者風情のアタシが専業主婦やって幸せになりたいってのがそんなにいけないのか?って話。菊比古にもっと優しさや強さがあればそれで何の問題もなかったが、結局、彼女は仕事ヌキで全部菊比古に人生を懸けて、そして見事に棄てられたってわけ。よくある話だけどね。
    •   0  
    • 202. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 03:01
    • ID:Z8zISsTe0 >>返信コメ

    • 切なくて泣いてしまった
    •   0  
    • 203. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 08:07
    • ID:T9Uzu.p.0 >>返信コメ

    • 七代目も散々六代目と比べられて嫌な思いをしてきたろうから
      助六はそのコンプレックスを突いちゃったんだろうな
    •   0  
    • 204. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 08:21
    • ID:xzr40bJbO >>返信コメ

    • たまらんな…だんだん近しい人がいなくなって
      菊さんがひとり取り残される構図が出来上がってしまってるよ
      後年は失うのが怖くて人を近づけなかったのかも知れないな
      予告の幼い小夏がまた助とみよによく似てるんだが
      菊さんどんな気持ちで引き取ったんかねぇ…
    •   0  
    • 205. 194
    • 2016年03月09日 08:51
    • ID:coM2QM9f0 >>返信コメ

    • >>201
      つコメ190

      一つ付け加えると、
      あの頃の専業主婦ってすっっごく恵まれた、庶民の憧れの存在だったから。
    •   0  
    • 206. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 09:17
    • ID:aZ8.3EyuO >>返信コメ

    • >あの頃の専業主婦ってすっっごく恵まれた

      売れっ子になった菊さんなら造作も無いだろうよ。べつに相手に不釣り合いな高望みはしてない。
    •   0  
    • 207. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 09:30
    • ID:xzr40bJbO >>返信コメ

    • 農業漁業の家に嫁いでも商家に嫁いで実質経理なんかやってても
      専業主婦の括りみたいだったし
      逆に嫁いでいながら外に働きに出ることには
      旦那が甲斐性なしに見られるからか
      後ろ指さされてたけどね
      今じゃ子供を大学まで出すために夫婦フルタイム勤務も
      普通になっちゃったし離婚や死別のこと考えて
      女性も手に職持つのが普通の時代になってるけど
    •   0  
    • 208. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 09:35
    • ID:aZ8.3EyuO >>返信コメ

    • 寧ろ菊に嫁いだら安心して趣味で小唄の師匠ぐらいはやれただろうさ。しかし、それで稼いで喰っていけってのはエラく無責任な言い方だぁね。
    •   0  
    • 209. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 10:05
    • ID:KD9K.Grc0 >>返信コメ

    • >>206
      菊さんと一緒になったらおかみさんとしての振る舞いが求められる
      でもみよ吉におかみさん業が務まるとはとても思えない
      芸事で身を立てるのも やーよ面倒臭い、一緒に逃げましょ だもの
      となるとやはり不釣り合いな高望み

      男に寄りかかっていたいだけなら相応の相手を見つけるしかない
    •   0  
    • 210. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 10:26
    • ID:014c7ofi0 >>返信コメ

    • 原作みよ吉は大嫌いだけどアニメみよ吉は嫌いになれない。逆に好きだった菊がちょっと嫌いになった。まあ信も含めて3人幸せになってほしい気持ちは強いままだけど。
    •   0  
    • 211. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 10:40
    • ID:aZ8.3EyuO >>返信コメ

    • >菊さんと一緒になったらおかみさんとしての振る舞いが求められる

      そこは確かにムリだね。みよ吉は「逃げよう」とか言っちゃう女だからな。「別れろ?よござんす、だったらカネ寄越しやがれ!」とか言ってくれればまだ芸者としては見込みがあるんだけどな。

      結局、三人とも何かがエラく欠落してるんだ。愚かではあるが、しかし悪い人間ではない。大人にはまだなり切れなかった、ただそれだけ。そこがまた愛しくもあり哀れでもあり。
    •   0  
    • 212. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 10:43
    • ID:1cndwY6nO >>返信コメ

    • >>206
      菊さんが売れっ子だから、専業主婦で左扇…誰から仕事を貰っていると思います?落語協会傘下の事務所からですよ。真打ちも前座も一緒です。高座を準備するのに金と時間と手間がかかるから、事務所が肩代わりするのです。みよ吉との結婚=破門ルートだから事務所の縁が切れて日干し。みよ吉の夢であるプチブルの専業主婦は、叶わないですよ。
    •   0  
    • 213. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 10:46
    • ID:oITdm8XD0 >>返信コメ

    • みよ吉は別に専業主婦になって楽に暮らしたいわけじゃないでしょ?
      お金もなにもいらないから好きな人を支えたいってことでしょ
      ただ本人の依存も強すぎるからおかみさんが勤まるタイプではないってだけで
    •   0  
    • 214. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 10:47
    • ID:aZ8.3EyuO >>返信コメ

    • >みよ吉の夢であるプチブルの専業主婦

      お金なんかいらないのって言ってるじゃないか。ただ近くに居たいだけだ。三十女にしちゃあずいぶん少女みたいなことを言うけどね。

      しかし、さっきからなんか専業主婦に恨みでもあんの?(笑)
    •   0  
    • 215. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 11:50
    • ID:1cndwY6nO >>返信コメ

    • >>314
      『お金なんていらないの。好きな男を支えて生きたい…』みよ吉さんは言いましたが、普段、オフ日に身につける服装は高価、好きな男の仕事をキッパリ全否定しておいて二律背反な台詞だと思いました。専業主婦とは旦那様の良きサポーターだと思ってますよ。専業主婦と言いますが、旦那様の仕事によって家での役割内容は随分、変わりますよ。
    •   0  
    • 216. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 11:59
    • ID:1cndwY6nO >>返信コメ

    • 昔の専業主婦はちっとも楽ではないですよ。白物家電ないですから。冷蔵庫も電気釜も洗濯機も、市場に出回るのは、この話の少し後。
    •   0  
    • 217. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 12:16
    • ID:1cndwY6nO >>返信コメ

    • 花街出身者で落語家の妻になった人はいますよ。五代目柳屋小さん師匠の奥様。芸人のサロンに勤めていて、自身も無類の落語好き。若い落語家(前座や2枚目)のサポーターもしていて、小さん師匠も『栗之助』時代から御世話になっていたそうです。その頃から好きでした。結婚には大反対されたけど…あの娘は小さんには勿体ない…理由だそうですが。一生懸命、師匠方に頭下げて、お嫁さんにしたそうです。奥様は良きおかみさんになって、旦那様を支えたそうです。
    •   0  
    • 218. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 12:39
    • ID:KD9K.Grc0 >>返信コメ

    • >>213
      結局相手の望むような女を演じてあげて
      (自立出来る女は演じられないようだが)
      ただただ甘やかしてぬるま湯で骨抜きにするだけだから
      「支える」とはちょっと違う気がする
      弱った時にはヨシヨシしてくれる「都合のいい女」
      それを自ら進んでやってちゃ幸せになんてなれないよ
    •   0  
    • 219. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 12:44
    • ID:coM2QM9f0 >>返信コメ

    • >>217
      みよ吉には逆さになっても真似できないね。
      そもそも「落語なんて嫌い」とか「真打ちになれば稽古する必要ないんでしょ?」なんて言ってる段階で
      菊の中でみよ吉は結婚対象から外れるよなー。(前者は直接菊にいったセリフじゃないけどね)
    •   0  
    • 220. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 13:42
    • ID:oITdm8XD0 >>返信コメ

    • >>218
      「みよ吉は支える女だ」って言ったんじゃなくて「好きな人をそばで支えたい」っていう本人の台詞を引いただけだから 現状みよ吉がどういう女かって話はしてない みよ吉がどうしたいかの話
      実質自分が寄りかかっていたいってのは大いにあるしみよ吉の場合
      支えると言うより依存タイプだもの
    •   0  
    • 221. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 14:00
    • ID:xzr40bJbO >>返信コメ

    • きちんと修練積んでさえいれば芸妓はむしろ芸人のおかみにうってつけなんだけどね
      今じゃ総合行儀見習いとして注目される職業になっちゃったし
    •   0  
    • 222. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 14:05
    • ID:aZ8.3EyuO >>返信コメ

    • 菊比古が出会った頃のちょいと顔がいいだけの鳴かず飛ばずの売れない落語家のままならみよ吉にはちょうど良かったんだろうがな。構ってやらないとタイヘンなことになる女性は確かにいるよ。逆にそういう「俺がついてないとダメだろ」感を求める男も世の中には一定数居るんだけどね。
    •   0  
    • 223. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 16:09
    • ID:FgBcs5wU0 >>返信コメ

    • みよ吉はなー、気持ちはわかるけど女が真似しちゃいけない見本だね
      男を楽させて気持ちよくしてダメにする
      菊さんが離れていくことになったのは仕方ないかな

      別れの場面は美しいだけに残酷さ倍増で心ををえぐられた
      助六の落ちっぷりも痛々しい


    •   0  
    • 224. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 16:53
    • ID:TOBoNGER0 >>返信コメ

    • みよ吉がキレたところ、鳥肌たった!!

      アニメで初めてすごい「演出」だと思った。
      すごいアニメとか、面白いアニメもあるけど、演出に感動したのは初めて。
    •   0  
    • 225. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 17:40
    • ID:1cndwY6nO >>返信コメ

    • 名前を売る為に、結婚式の夜に全国巡業に出された新米真打ちもいましたから。恋女房との新婚初夜が数ヶ月後…協会さん、非道い(^^;)
    •   0  
    • 226. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 18:17
    • ID:coM2QM9f0 >>返信コメ

    • >>222
      >「俺がついてないとダメだろ」感を求める男も世の中には一定数居る

      そういえば助六も言ってたなあ、“アレを独りにさせらんねぇのはお前もわかるだろ”って。
      あれ聞いて「お前こそ放っといたら次々揉め事ばっかり起こして独りにさせらんねぇだろうが!」思ったが、
      自分のこと棚に上げて女にそういう要素求めてるのかねえ。
    •   0  
    • 227. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 18:53
    • ID:aZ8.3EyuO >>返信コメ

    • >自分のこと棚に上げて女にそういう要素求めてるのかねえ

      ダメな奴同士の寄り集まりだからこその安心感てのが結構心地良いもんだったりするんだよね。テスト前の「全然勉強してねえやっべー」同士の連帯感とかさ。ほんで片方だけ良い点とった時の裏切り者感とかさ(笑)要するに片方ばっかりスゴイと僻んだりいじけたり、心配になったりするから。ダメな同士だと、アイツも不幸、俺も不幸、だから安心って構図になる。二人を結んでるのは、自分はこんななのに、菊のヤロー、っていうマイナス感情だからさ。
    •   0  
    • 228. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 19:06
    • ID:1cndwY6nO 4 >>返信コメ

    • 『お前正宗、わしゃ錆び刀、お前きれてもわしゃきれぬ』
      都々逸がある位だから、みよ吉のような気性の芸妓は、それなりにいた証拠かもしれない。恨みと執着を未練を砥石にして、どんな妖刀に化けるのだろうね、みよ吉は…。
    •   0  
    • 229. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 19:30
    • ID:aZ8.3EyuO >>返信コメ

    • >お前きれてもわしゃきれぬ

      いいねえ。
      イキだねえ。

      そういうのどこで覚えたらいいの?
    •   0  
    • 230. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 22:16
    • ID:r4wfsyk1O >>返信コメ

    • みよ吉は哀れではあるが深入りしちゃいけない女だな
      相手がどんな男だろうと最終的にそいつを駄目にするタイプだ
      師匠絡みの縁でもあり無下にしづらいのはわかるが多少角が立っても身を離すべきだ
      半端に情けを寄せた菊比古の対応も間違いだった
    •   0  
    • 231. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 22:34
    • ID:aZ8.3EyuO >>返信コメ

    • 人生哀しいとき、寂しいとき、うまく行かないとき、みよ吉はずっと寄り添ってくれるからな。

      「どうしたの、元気ないね?良かったら話聞くよ?」

      そういう時の彼女は天女か菩薩みたいに優しく美しい。

      カミサン亡くしたばかりの先代八雲師匠がみよ吉を恋しがるのはまさにそこなんだよ。不謹慎と言われようが、人間には悲しみを分かち合ってくれる相手が必要な時があって、そしてそういう話は友達や会社の仲間や家族にはなかなか話せない。
    •   0  
    • 232. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 22:36
    • ID:1cndwY6nO >>返信コメ

    • >>229
      ※228です。『風迅洞私選・どどいつ万葉集』1992年10月発刊の徳間書店の単行本です。『江戸端唄集』2014年9月発行の岩波書店の岩波文庫。コロンビアが美空ひばりと藤本二三吉で、小唄・端唄・都々逸名曲選で何枚かCDを出していた筈ですが、ただ発売された年が古いから、見つかるかな(>_<)
    •   0  
    • 233. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月09日 22:40
    • ID:aZ8.3EyuO >>返信コメ


    • 228さん、
      ありがとう!

      229でした。
    •   0  
    • 234. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月10日 00:36
    • ID:zDQUJjidO >>返信コメ

    • みよ吉はクスリみたいなとこがあるな
      弱ってる時ほど魅力的に見えるけどその快さに寄り掛かるとダメ人間になっていく
      助六は師匠とみよ吉のコンボで沈んだ感じだな

      せめて筋通して師匠とうまくやれれば結果は違ったんだろう
      師匠も最後はぶち切れたけど助六のためにしょっちゅう頭下げたり説教してたようだし
      同じ小言を辛抱強く言うのは骨が折れるからな
      目をかけてる相手じゃなきゃできることじゃない
    •   0  
    • 235. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月10日 01:52
    • ID:a78rN0jk0 >>返信コメ

    • 八雲の名前は背負うものであって勝った負けたの賞品じゃないからなぁ
      師匠が菊さんを後継者に選んだのは、そこが大きいと思う


    •   0  
    • 236. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月10日 02:13
    • ID:qvonpIh70 >>返信コメ

    • 信さんの事誤解してる人が多いけど
      信さんの師匠 先代助六は七代目八雲が一つ目の時同じ師匠の元で勉強してたけど 助六の落語のうまさに嫉妬した七代目が使える力をフルに使って追い出した過去があって 信さんが持ってる扇子を見て罪滅ぼしに面倒を見ることにした

      っで先代助六の弟子だけあってセンスがあってメキメキ力を付けて 師匠たちの噺までマスターしてしまい かつての助六を見てるみたいで嫌な気持になって信さんにはツラく当たり 自分と同じような菊比古には目をかけるようになる

      気付かないうちに 二代にわたった保守派の八雲と改革派の助六の構図が出来上がってしまった回だった
    •   0  
    • 237. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月10日 02:29
    • ID:qvonpIh70 >>返信コメ

    • >>223
      特殊職業婦人 戦時中 戦後でggって見ればいいと思う
      そうすればみよ吉がどうしてそうなったが分かると思う

      信さんは 心の支えだった菊比古と離れないといけなくなって 破門になってしまったショックで 先代助六みたいにどこででも落語は出来るって事が分からなくなってしまって 信さんに必要なのは甘えさせることじゃなくて 尻を叩いて落語をさせる事だと思った
    •   0  
    • 238. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月10日 04:27
    • ID:3a2gFCTYO >>返信コメ

    • >信さんが持ってる扇子を見て罪滅ぼしに面倒を見ることにした

      少なくともアニメでそんな描写なかったと思うけど。師匠が気がついていたなら最初から拾わないだろうし、助六を名乗ることも許さないだろ。満州にも誘わないし、真打ちなんかにも推薦しない。不自然過ぎるよ。
    •   0  
    • 239. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月10日 07:22
    • ID:9aszFL.Q0 >>返信コメ

    • 師匠と先代助六の因縁は信さんにとって致命的な要素ではないわな。きっかけが何であれ屋根を与え、食事を与え、稽古を見せ、仕事の機会も都合してくれた。師匠は頑固なとこもあるだろうが十分すぎるぐらい面倒を見ている。

      まあ信さんも親の教えや愛情知らずに育ったようだから無意識に師匠へ親のような役どころを期待してしまったのかもしれんな。師匠好みの性格や芸風で親父、息子と呼び合う「ぼっちゃん」の菊に対する嫉妬も見えるし。先代助六の仇というよりは自分を認めてほしかったんだろう。甘えたり盾突いたりのやり方やさじ加減がわからずあんなことになったのかもしれん。
    •   0  
    • 240. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月10日 08:27
    • ID:q1sbWKlC0 >>返信コメ

    • 今さらだけど七代目と初代助六の話アニメじゃまだ出てないし思いっきりネタバレじゃないのか
      ネタバレ禁止じゃないけどさぁ
      あと扇子うんぬんはどこにもそんな描写ないと思う
    •   0  
    • 241. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月10日 08:58
    • ID:eOYa0N5A0 >>返信コメ

    • >>236
      前話のコメにもそれ書き込んだ人がいたけど
      次回以降に明かされる内容なんじゃないの?
      我慢できなくなったんだろうけど控えてくれないかな
    •   0  
    • 242. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月10日 09:14
    • ID:eOYa0N5A0 >>返信コメ

    • >>184
      NHKドラマとかお好きな世代なんじゃないかな?
      実写向きの作品だと思うけど今の芸能界の体質では
      とても薄い内容になりそう
      皮肉なことに背景に見とれたり演技に魅了されたり出来るのは
      アニメーション作品の方なんだよね
    •   0  
    • 243. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月10日 09:35
    • ID:y3nWhNhW0 >>返信コメ

    • 今回の信さんの「俺はお前がうらやましかった」を見ると、
      信さんの満州行きとか、高校行かずに落語ができたとかも、
      意味が変わってくるんだよね
      菊比古は信さんのことをうらやましいと思ってたけど、
      信さんは信さんで、「俺は高校に行かせてもらえなかった」
      「師匠は菊が可愛いから、死ぬかもしれない戦地には連れていかなかったんだ」って内心ずっと思ってたのかもしれない
    •   0  
    • 244. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月10日 09:49
    • ID:1nf9fqRwO >>返信コメ

    • >>237
      昭和21年に解体される筈だった公娼窟が『赤線』と名前を変えて存続し、昭和33年に廃止される事になったのか、特殊慰安施設RAAも加えないと、わかりずらいと思います。
    •   0  
    • 245. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月10日 10:17
    • ID:iKHNN1kg0 >>返信コメ

    • >>236
      お前さん、それただのネタバレや。
      アニメ派が多いあにこ便でのコメ欄ではマナー違反とされてる行為だよ。
    •   0  
    • 246. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月10日 11:33
    • ID:ILG0EK.jO >>返信コメ

    • 七代目は初代助六と確執云々いうが手を焼く浮浪児を結果真打ちにしてやっただけで充分いい人だと思うがなあ。
      早晩叩き出す選択もあり得たし七代目の過去は信の問題ではなく七代目の問題だ。

      信の不幸は隣に何もかも自分より恵まれてる(ように見える)菊がいたことだな。
      不器用に突っ張ったのも客の評価にこだわったのも落語はあくまで実力だと証明したかったのかもしれない。
      いい友人関係やライバル関係が崩れるのは惜しいな。完全復活でのしあがるのを見たかったがそれじゃ作品の趣旨から外れるか。
    •   0  
    • 247. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月10日 11:53
    • ID:eOYa0N5A0 >>返信コメ

    • 菊さんも助六も落語を取り上げられたら生きていけない
    •   0  
    • 248. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月10日 12:02
    • ID:eOYa0N5A0 >>返信コメ

    • >>247
      途中送信してしまった(^-^;
      菊さんも助六も落語を取り上げられたら生きていけない。
      恋愛至上主義者のみよ吉はそれを取り上げようとする罠のような存在。
      菊さんは生きてもっと落語をやるために本能的にそれを退け
      態度を改めなかった助六はまんまと嵌ってしまい女もろとも滅亡の道へ。
      でも生き延びた菊さん自身も思いっきり生命力を削られてしまったみたいよね(´・ω・`)
    •   0  
    • 249. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月10日 12:28
    • ID:.R.gV9BJ0 >>返信コメ

    • >>245
      原作でもそんな設定語られてないと思うよ、とだけいっておく。
      あと、初代助六のことはアニメでも七代目が触れてるよね。
    •   0  
    • 250. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月10日 12:45
    • ID:iKHNN1kg0 >>返信コメ

    • >>249
      七代目が?
      ヒント教えて!アニメの何話?
    •   0  
    • 251. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月10日 14:50
    • ID:2yQn1dDn0 >>返信コメ

    • >>249
      信さんじゃなくて師匠?
      そんな場面あった?
    •   0  
    • 252. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月10日 16:06
    • ID:1nf9fqRwO >>返信コメ

    • 破門騒動で、行う予定だった地方巡業、寄席場、独演会、ラジオ寄席…etc.キャンセル料やチケットの払い戻しの金額を考えると、会計担当や興行主の苦悩が想像できる。地方講演は今の金で、一千万円位経費かかるからな(>_<)
    •   0  
    • 253. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月10日 18:08
    • ID:3a2gFCTYO >>返信コメ

    • 実際は師匠に破門されても、他の一門に泣きついて理解を得られれば落語は続けられるんだがね。

      助六は八雲になる以外は考えられなかったのかねえ。
    •   0  
    • 254. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月10日 18:26
    • ID:eOYa0N5A0 >>返信コメ

    • >>253
      あまりに言動が悪かったからどうかねぇ
      他の一門の師匠も怒らせていたし
      悪い意味で業界で有名になっていたから難しくないだろうか
    •   0  
    • 255. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月10日 19:32
    • ID:1DoirneE0 >>返信コメ

    • >>252
      一千万~!?
      ひいぃ‥(ガクブル
      菊が代打で必死で穴を埋めてまわったと信じたい
    •   0  
    • 256. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月10日 19:56
    • ID:t8yFLIprO >>返信コメ

    • 会長に名前聞かれたとき「助六です」ってものすごいイケボだったから一瞬、助六が改心した!?と思ったわ
    •   0  
    • 257. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月10日 22:08
    • ID:CZY5lSDe0 >>返信コメ

    • こうなるのなら菊さんが地方巡業行っていなければ、とか思ってしまうけど、そうなったら菊さんの昇進に響いてただろうし…3人が以前みたいな関係のまま一緒に年をとることはどう頑張っても無理だったのかな(´;ω;`)
    •   0  
    • 258. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月11日 01:27
    • ID:L1.Amw1Q0 >>返信コメ

    • >>253
      落語協会から除名もくらってんのよ(´;ω;`)
    •   0  
    • 259. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月11日 01:47
    • ID:VUWltFZIO >>返信コメ

    • >>255
      酒の弾みとは言え、興行的損失は馬鹿にならない。けれど、天狗になった助六を懲らしめる良い機会でもある。八雲師匠も匙を投げて庇う者はいない。菊比古に頑張って貰おう。昔から助六を庇うのは習性化しているから、協会の命令に菊比古は従うだろう。損失を取り返すだけの力はある。更に正統派の菊比古を活躍させる事で、保守派の正しさを証明できる。菊比古が助六の為に頑張るほど、助六の居場所がなくなるから皮肉です。
    •   0  
    • 260. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月11日 02:25
    • ID:VUWltFZIO 4 >>返信コメ

    • 真打ち昇進は、師匠と協会と席亭(寄席場や劇場の主人)の合議で決まります。八雲師匠以外の師匠達を敵にまわしておいて、それでも助六が真打ち昇進できたのは、席亭さんの力も大きいと思う。信さんが感じていた危機感を席亭さんも感じていたのではないだろうか?客層の変化や入場者数の緩やかな減少は、席亭さん達が敏感の筈。アニメで見る限り、信さんと席亭さんの仲は良好。イベントにも協力している。信さんは酒を呑みに行きましたが、何回かは席亭さんとの会食かも知れない。破門された信さんが寄席場に入場できたのは、席亭さんの計らいだと思う。八雲師匠と協会に謝罪するように勧めたかも知れない。信さんは小言と憐れみと解釈してしまった訳ですが。
    •   0  
    • 261. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月11日 06:07
    • ID:.OI7NcldO >>返信コメ

    • 録画溜まってほぼ一週間遅れで観てる

      菊さんとみよ吉の別れのシーン、とっても綺麗だったんだけど
      夜桜に巻かれながら恨みに燃える妖しくも美しい女の姿を、演者として“盗もう”と魅入ってるように見えてさ
      そんな菊さんに気づいたみよ吉が「この期に及んで落語か!」とカッとなったように見えて
      この男、なんて業が深いんだろうとゾッとした…気の所為かな?

      七代目もさぁ~病床の妻が亡くなった途端に愛人が恋しいなんて口に出しちゃうし
      あー伝統芸能の世界の男だなぁってつくづく思ったわ
    •   0  
    • 262. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月11日 08:34
    • ID:aXbYjKAE0 >>返信コメ

    • >>261
      >夜桜に巻かれながら恨みに燃える妖しくも美しい女の姿を、演者として“盗もう”と魅入ってる

      全く同じところが気になった。
      ぶっちゃけ別れ話や今までのつきあいかた云々よりも、ここが罪深いよなあ、菊さん酷い男だなと思った。
      せめて演技者(落語家)としてではなく、男としての裸の感情を見せてくれていれば、みよ吉もあそこまで狂わなかったとさえ思った(-_-;)

      みよ吉は「お金もなにもいらない」なんて言っちゃう女だから、この先の生活の仕方を心配してくれるより、生の菊さんの感情をぶつけて欲しかっただろうに、それさえあげない菊さんホント罪な男だよ…

      >業が深いんだろう
      ほんとそれ。
    •   0  
    • 263. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月11日 08:44
    • ID:RzZn4ng8O >>返信コメ

    • みよ吉が地雷女なら助六は地雷踏み男なんだよな(-_-)
      師匠の下で菊さん達と寝食供にしてた時は抑えられてたみたいだけど
      二つ目になって師匠宅を出てから野放図の限りを尽くしてる
      傲慢な態度をなにかと諫めていた辛抱強い菊さんが女に生まれてたなら
      こんな噺家の嫁にぴったりなんだけど
      それこそ「難波恋しぐれ」の歌詞を地でいく苦労を背負いこむことになるな
    •   0  
    • 264. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月11日 11:04
    • ID:VUWltFZIO >>返信コメ

    • 助六の破門を、若い頃の立川談志師匠を彷彿させた人は多いと思う。破門回数80回、助六より破天荒で、したたかでえげつないけど。ただ八雲師匠と違い、小さん師匠は弟子と同じ危機感を持ってた事。小さん師匠は弁護士事務所の会計士(見習い)から落語家になった人で、軍隊時代に米軍の捕虜となり、西洋の芸能文化の強引な誘引力を肌で識っていた。二人の仲を取り持つ人が沢山いた事。筆頭は小さん師匠の奥様。落語大好き、噺家育成はライフワークのお人だから、この違いは大きい(^_^;)
    •   0  
    • 265. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月11日 11:06
    • ID:7ZKRGt3I0 >>返信コメ

    • >>259
      255です。私のしょうもないコメに丁寧にご説明くださり有難うございます。
      お陰で助六のみよさんと会話で言っていたセリフ、
      「俺の上であいつの話しねぇでくれるか。思い出しちまうだろ」
      の中の複雑な気持ちがわかりました。

      単に「真打ちになったらあれもやろう、これもやろうって思ってたな、坊ともいろいろ計画してたよな~」
      と落語への断ちがたい思いをあらわす言葉だと思っていたのです。
      259さんの説明と併せて考えると、あのセリフの頃はちょうど菊が助六のあけた穴を代理として埋めていた時期。
      助六から見れば自分がやりたかった事、自分が段取りした晴れ舞台。
      本当なら自分がいたであろう場所を「菊に“ちゃっかり”取られた」とひがみ目で見ていた、
      自分を尻目に時めいている姿を遠くから眺めてはふてくさって飲んだくれていた‥としても、不思議ではないのですね。

    •   0  
    • 266. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月11日 11:52
    • ID:7ZKRGt3I0 >>返信コメ

    • >>262
      優れた表現者ってみんなそういうとこあるよね。
      スレチになりますが、
      262さんはぜひ中野京子著・「怖い絵 泣く女篇」をお読みになってみて下さい。
      ピカソまじで屑男ですわw
    •   0  
    • 267. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月11日 13:19
    • ID:RzZn4ng8O >>返信コメ

    • 助さん単細胞過ぎんよ
      なに落語やらずに落伍者やってんだよ

      失礼しましたー
    •   0  
    • 268. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月11日 13:27
    • ID:ABZ7onC40 >>返信コメ

    • 女優もプライベートで悲しいことがあって泣いてる時に鏡を見て「この顔だ」って思ってしまうと言ってる人いたな。まあそれは自分の事だから良いんだろうけど
      芥川の「地獄変」思い出した
    •   0  
    • 269. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月11日 15:34
    • ID:RzZn4ng8O >>返信コメ

    • なんか菊比古・助六編は落語で不幸になった人々を描いているみたいね
      与太郎編をやるなら逆に救ってやって欲しいよ
      んで、今更ながら第1話の8代目八雲師匠がガラスの仮面の月影先生に思えてきた(^_^;
      与太郎をマヤだとするときっと亜弓さんポジションの人もいるんでしょ?
    •   0  
    • 270. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月11日 19:36
    • ID:VUWltFZIO >>返信コメ

    • 星の数ほど男はあれど、月と見るのは主(ぬし)ばかり

      都々逸の一つ、男を仕事、主を落語に置き換えると落語家の業の深さがわかります。みよ吉の場合は主は八雲師匠か菊さんか…彼女にとって理想の男性像とは、どんな姿だったのだろう…。過去編は現八雲師匠の主観で語られているから、同じ事件を別の誰かに語らせたら、別の姿が見えるのだろうか?月の影が日本では兎、異国では蟹に見えるように。
    •   0  
    • 271. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月11日 23:36
    • ID:dn2..zfv0 5 >>返信コメ

    • 菊さんが師匠に言った、あの人だって人間ですよって言葉は、時代の変わり目っていうか、当時の日本の社会全体の変化っぽいのを感じられた
    •   0  
    • 272. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月12日 01:30
    • ID:KGVxQTGE0 >>返信コメ

    • >>16
      わかる
      演出が陳腐すぎる
      力入れて頑張ってるのはわかるんだけどどうにも上手く伝わってこない
      やりたい画面だけ作って満足してる感じ
      ディーンの限界かなあ…
    •   0  
    • 273. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月12日 10:55
    • ID:dK74JAufO >>返信コメ

    • >>272
      1クール13話、1話OP歌、ED歌、CMを除いた20分の限られた時間の中で、膨大な原作の逸話を選択しながら描かなければいけません。原作既読者から見たら、恐ろしく雑に見えるでしょう。でも『昭和元禄落語心中』に限らず、原作付アニメが抱える共通の問題だと思います。近年1クールが当たり前になってから、顕著になってます。スポンサーサイドは、昔から『アニメ番組は、商品(昔は玩具、今は原作本と銀盤)を売る為のプロモーションビデオだ!』と開き直ってますけど。過去に落語を題材にしたアニメ番組はありましたが…雑でした。ディーンは良く頑張ってる方だと思います。
    •   0  
    • 274. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月12日 13:23
    • ID:hBu01sgzO >>返信コメ

    • 毎週アニメをすごく楽しんでる層にほんの少数の原作礼賛派が思いっきり水を差してるよね
    •   0  
    • 275. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月12日 14:17
    • ID:KGVxQTGE0 >>返信コメ

    • 別に原作礼賛してるわけじゃないよ、原作だって絵がめちゃくちゃ上手いわけでもないし凄い雰囲気出してるわけじゃない
      そもそも原作者信者でもない
      ただ、技量が足りないしセンスも時間もないのに変に凝った演出ガンガン入れて画面を見づらくするのをやめろと言いたい
      アニメが好きだから言ってるんであって、原作どうのは関係ないよ
      作画もいいと思うし、動きもいい、ただ演出(絵コンテ?)が陳腐だと言ってるんだ、限界があるなら限界があるなりに作ればいいのに、無理をするから陳腐さが目立つ
      アニメスタッフが頑張ってるとか…そんなの出来上がった作品で評価させてくれ
    •   0  
    • 276. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月12日 15:22
    • ID:wDoKoRTU0 >>返信コメ

    • それだけの見巧者を称されるなら具体的な演出のご指南ご講義拝聴いたしましょう どういった点がどのようにご不満なんでしょうね
    •   0  
    • 277. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月12日 15:49
    • ID:dK74JAufO >>返信コメ

    • >>275
      私はアニメ初見ですが、楽しんで視聴しています。時々、首を傾げる事はありますが。例えば今回の浅草12階(関東大震災で倒壊)は、写真からトリミング、浅草12階だけ消すのを忘れてしまったと推定しています。円盤で修正されると思いますが。昭和33年の日本橋から浅草周辺、万世駅の解体、ビルの建築ラッシュで工事現場状態となります。河川のドブ川化もあります。今回アニメの文芸担当、時代考証の鬼の講談社がある程度、黙認しているのは、美しくないからだと思ってます。
    •   0  
    • 278. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月12日 16:08
    • ID:wDoKoRTU0 >>返信コメ

    • 時代考証に関してはパラレルワールドだってのもあるから分かんないけどね
      寄席だって架空の建物だし
    •   0  
    • 279. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月12日 16:13
    • ID:dK74JAufO >>返信コメ

    • ※277です。
      みよ吉の芸者姿も考証的には、間違いだらけです。半玉さんは着物の柄が明るくて派手なのです。デザイン的には京都の舞子さんが近い。かんざしや櫛にも模様が、沢山施されてます。季節毎に違います。考証通りにしたら動画マンが死にますし、妖艶な美女の『みよ吉』のイメージに合わないので、半玉の徴である赤衿を残して、シンプルな模様にしたと考えています。
    •   0  
    • 280. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月12日 19:21
    • ID:dK74JAufO >>返信コメ

    • マンガ原作だから、アニメ化は容易い、と勘違いしている人が多いけど違う。確かに手塚治虫は映画にヒントを得て、コマ割の基礎を構築した。だけどフィルム作品の絵コンテとマンガのコマ割は違うと思う。特に少女マンガのコマ割は、独特の進化を遂げている。アニメには色彩があり、動きがあり、音があるから、マンガと印象が違ってしまうのは仕方ないと思う。
    •   0  
    • 281. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月12日 19:22
    • ID:hBu01sgzO >>返信コメ

    • 演出の話からなんで時代考証の話にすっ飛んだんだ(-_-)
    •   0  
    • 282. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月12日 21:56
    • ID:7w.2WocMO >>返信コメ

    • 演出が陳腐、だけじゃマトモな批判になってないわな。言いっぱなし投げっぱなし。
    •   0  
    • 283. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月13日 00:35
    • ID:Qe4NuU.E0 >>返信コメ

    • アニメも楽しんでるなら陳腐なんて作品を侮辱するような言葉
      安易に使うもんじゃないよ
    •   0  
    • 284. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月13日 10:09
    • ID:GoFkmzY60 >>返信コメ

    • 「頑張ってる」って言葉を額面通りにしか受け取れてないのか
      皆出来上がった作品を見て言ってると思うんだけどね
      そもそもスタッフの制作過程なんて知りようがない
      気に入らないのは勝手だけど何が悪いとか言わずに陳腐の一言でクサすのがおかしい
    •   0  
    • 285. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月18日 01:18
    • ID:Dr3AZ8dNO >>返信コメ

    • 放送分だけ原作本を読んでみた。
      「噺家の本領は寄席にある。テレビに出演するのは控えろ!」
      原作の師匠に一喝されてます。喧嘩の原因。真打ち昇進の夜に速攻破門されたのに、与太郎の時代に助六のレコードや映像がずいぶん残っているな…思っていたら2つ目時代にテレビ出演をしていたからか。ネタばれになるので詳しく言えないけど、実験的な事も挑戦していたらしい。だから金がなかったのか…パイロット・フィルム制作は金かかるわな。助六の穴を埋める代わりに、助六の破門を解いて欲しい…菊さんが協会に出した条件。助六の破門のせいで仕事を無くした前座や助六に協力的だった若手の救済もあった。菊さんは善意で動いてる。だけど助六派の前座達側に視点を換えると助六(革新)を捨てるか、菊比古(伝統)に従うか、踏み絵になっている…師匠達は黒い。原作組が怒る理由がわかりましたm(_ _)m
    •   0  
    • 286. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月06日 23:44
    • ID:4WkPWDQP0 >>返信コメ

    • 助六はもっと風呂に入るべきだった
    •   0  
    • 287. アニメ好き名無しさん
    • 2016年06月14日 01:58
    • ID:RlY0DYsl0 >>返信コメ

    • 正直師匠は大人気ない

      色々言われてカッとなって破門て・・・
      確かに助六も悪いがそれ以上に師匠の器の小ささを感じた
      個人的に
    •   0  
    • 288. アニメ好き名無しさん
    • 2016年11月28日 09:03
    • ID:c91EgUqp0 >>返信コメ

    • 演出が陳腐って言いたい人がいるのは分かる。たしかにやり過ぎ感はある。私はけれん味として楽しんでますが。

      それより、原作の時から時代考証がザルで見ちゃいられない。面白い話だから途中で投げる気はないけど、妙な風俗描写に付き合わされるとイライラする。

      2話あたり、戦前編が酷かった。
    •   0  
    • 289. アニメ好き名無しさん
    • 2016年12月02日 05:34
    • ID:5WwZJ2xJ0 >>返信コメ

    • 戦後に浅草十二階は無いって言ってる奴、「仁丹塔」でぐぐろうな。昭和末期まであったんだよ。
    •   0  
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

『 昭和元禄落語心中 』最新記事

『 アニメ感想ツイートまとめ 』最新記事

昭和元禄落語心中 / 9話 / 感想 / アニメ

2ちゃんねる(アニメ) 本日のランキング