2016年03月26日comment344
昭和元禄落語心中 12話 感想
第十二話
温泉街の旅館で開かれる小さな落語会。菊比古も小夏も松田も、誰もが高座に上がる助六の姿を待ち望んでいた。一方、助六は落語を愛する客の温かさに触れ、改めて落語と人との繋がりを実感する。菊比古のはからいで七代目八雲の紋付きを羽織り、披露するのは『芝浜』。ついに助六と菊比古の止まっていた時間が動き出すのだが……それはみよ吉にとっても同様だった。


昭和元禄落語心中 12話 感想 19

昭和元禄落語心中 12話 感想 45
 @kikurage_modoki
よっ ほっ 
2016/03/26 02:28:23
 @sho34141991
うまいなwww2016/03/26 02:28:30
 @on_the_tansan
きれいに並べた 
2016/03/26 02:28:29
 @138_kaz
小夏ちゃんうれしそう。 
2016/03/26 02:28:33
 @torigraff
落語心中くん大体半分くらいはOPないな 
2016/03/26 02:28:35





『人手が無くて子供まで働いてるってぇのに…ちったあ働け』
『嫌だァ~』

昭和元禄落語心中 12話 感想 3
 @on_the_tansan
働きたくないでござる 
2016/03/26 02:28:38
 @YUYUSHIKlisGOD
子供働かせて親はゴロゴロ 
2016/03/26 02:28:44
 @hi_kokoko6
('ω')三( ε: )三(.ω.)三( :3 )三('ω')三( ε: )三(.ω.)三( :3 )ゴロゴロゴロ2016/03/26 02:28:37





『温泉に遊びに来てるような奴らに落語がわかるわけねぇだろ…アイタッ』
昭和元禄落語心中 12話 感想 12
 @weariness
バチを当てたw2016/03/26 02:29:06




『あぶねえなぁ。バチ当たるぞ』
『いいから一番太鼓打っといで』

昭和元禄落語心中 12話 感想 18
 @hiraku_world
バチだけに 
2016/03/26 02:28:59
 @hirarira617
キャッチ 
2016/03/26 02:28:57





『助六師匠!』
『松田さん!?』

ancb00162

ancb00178
 @funbojaman
松田さん癒しや…2016/03/26 02:30:53





『寄席の方々、みんな師匠を待ち焦がれてますよ』
『嘘言っちゃいけねぇよ。誰も俺の事なんざ覚えてねぇに決まってる』

ancb00271





『そんな事はありません!坊ちゃんがまるで消えちまったみてえに寄席からいなくなって、その時みんな思い出したんですよ』
ancb00274




『以前もそうして替えの効かねえ大事な人が消えちまった…と』
ancb00299





『お客さんにとって寄席に行きゃお二人の落語が聴けるってえのはごく当たり前の喜びだったんです』
ancb00326





『お二人のいねえ寄席はパッと灯が消えたみてえで…』
ancb00343





『おべっかはいいよ。知るかァ』

ancb00394
 @0_equal_all
二人揃わない寄席・・・。象徴だったんだよなあ、この二人の組み合わせも。それを思い出させてくれる・・・。2016/03/26 02:31:05
 @visuko
客に求められてるなんて幸せじゃないか 
2016/03/26 02:31:08





『もぎりでも何でも手伝いますよ』
ancb00402
 @tatti5
もぎりって懐かしい言葉だ 
2016/03/26 02:31:05


ancb00437

ancb00446
 @YUYUSHIKlisGOD
ドン!ドドン! 
2016/03/26 02:30:59
 @on_the_tansan
お上手で 
2016/03/26 02:31:08
 @_Aikasviel_
太鼓の達人 
2016/03/26 02:31:10
 @ottakun_jikkyou
助六太鼓上手いな2016/03/26 02:31:31
 @bsndxfn514
お囃子は自分らでやんのな
2016/03/26 02:31:35
 @Im_no_face
太鼓叩いてる助六は初めてちょっとかっこいいと思った👏👏2016/03/26 02:35:11


ancb00504
 @sho34141991
すげぇ人気だ2016/03/26 02:31:12
 @John_Tyler00
盛況ですねえ 
2016/03/26 02:31:12
 @YUYUSHIKlisGOD
みよ吉は来てるのかな? 
2016/03/26 02:31:28


ancb00522

ancb00593

ancb00633

ancb00659
 @YUYUSHIKlisGOD
おあとがよろしくって…よ! 
2016/03/26 02:32:33
 @sho34141991
受けてるなぁ2016/03/26 02:32:36
 @gakki_z
ァ '`,、'`,、('ヮ`) '`,、'`,、 
2016/03/26 02:32:38
 @NebukiN086
何年ぶりにこういう場で落語やるのかな。  
2016/03/26 02:32:23
 @bsndxfn514
菊さん分け目変わったな
2016/03/26 02:32:09


ancb00671
 @kumakoroperson
来てますね 
2016/03/26 02:31:50
 @asamin_n
みよ吉ぃ!!!2016/03/26 02:32:44




『いい客だな。あったけえけど笑いすぎない』
ancb00677
 @hironika
「いいお客」の中に怖い人がいますよ・・・2016/03/26 02:34:05





『旅館の旦那がご贔屓筋にどういう会かってよく説明してくだすったんだ。気負わず気楽に聞いてくださる』
『人様々だァ。ありがてえ』
ancb00708

ancb00749





『落語は客が語らすってのァこういうこった』
ancb00752





『客が良けりゃ必然 いい落語になるもんさ』
『そうだね。お蔭さんでいい落語ができたよ』

ancb00784




『客のお陰ってだけじゃねえさ。坊、お前さんいい噺家になったなァ』
ancb00796





『俺なんかよりずっといい』
『冗談言っちゃいけねえ。兄弟子と思って折角トリを譲ったのに』

ancb00821




『堂々と務めてもらわなきゃアタシが恥をかくよ』
『おっ いま兄弟子って言ったね?』

ancb00838





『師匠の紋付き…これ八雲だけの替え紋だろう』
ancb00880_stitch
 @asamin_n
助六に八雲の着せてやらすと!!2016/03/26 02:34:22
 @torigraff
やっぱり助さん推しなんだね 
2016/03/26 02:34:11
 @uhoxtu
かっこいいじゃねーか助六 
2016/03/26 02:34:28





『形見にと思ってね。持ってきてよかった。良く似合う』
ancb00889

ancb00897

ancb00905
 @sho34141991
さぁ助六だ!2016/03/26 02:34:16


ancb00916
 @bean_sproutsS
あら、行っちゃった 
2016/03/26 02:34:22
 @s_arkw
みよきちお前…2016/03/26 02:34:17
 @tabinchuHTR
助六のはやっぱり見ないのね…2016/03/26 02:34:23
 @gazeru0116
お互いに会いたくない相手ではあるわな 
2016/03/26 02:34:38
 @YUYUSHIKlisGOD
みよ吉帰ったww 
2016/03/26 02:34:16


ancb00930

ancb00942
 @gakki_z
よ!助六師匠ゥ! 
2016/03/26 02:34:27
 @YUYUSHIKlisGOD
パチパチパチパチパチパチ 
2016/03/26 02:34:27
 @visuko
小夏ちゃんが特等席で見てるのなwwwかわいい 
2016/03/26 02:35:44
 @funbojaman
小夏ちゃんは一番のファンだな2016/03/26 02:35:14





「芝の浜に魚河岸がありました時分に、棒手売のクマってぇ男が居た」
ancb01006
 @kowloon_jp
芝浜!2016/03/26 02:35:02
 @alpaka
おお、今日は芝浜ですか 
2016/03/26 02:35:29
 @itameshi_yutori
芝浜やるのかあ。ええなあ。 
2016/03/26 02:35:35





「このクマ、腕はいいが大の酒好き。二十日も仕事を休んで朝から酒ばかり飲んでいたが、女房に急かされ久しぶりに河岸に向かった」
ancb01025

ancb01092
 @tabinchuHTR
助六のこと語ってるみたいだなwww2016/03/26 02:35:22


ancb01111
 @tabinchuHTR
汚え財布だなぁ2016/03/26 02:35:35
 @bean_sproutsS
…ッこいつは! 
2016/03/26 02:35:39

ancb01116_stitch
 @YUYUSHIKlisGOD
ノック音そうやって再現するのか 
2016/03/26 02:35:42
 @tabinchuHTR
48両2016/03/26 02:36:03
 @qurailmn7
俺の金だぁ 
2016/03/26 02:36:17
 @metaruare
ネコババ 
2016/03/26 02:37:20


ancb01147

ancb01277
 @tabinchuHTR
ウナギと天ぷらあつらえろ!2016/03/26 02:36:46
 @qurailmn7
大盤振る舞い 
2016/03/26 02:36:44
 @YUYUSHIKlisGOD
今日は祝い酒だ! 
2016/03/26 02:36:19
 @YUYUSHIKlisGOD
呑んで食って 
2016/03/26 02:36:49
 @aisakariku
これ金無くなりそう2016/03/26 02:36:58


ancb01298

ancb01353
 @gakki_z
あ???夢だぁ???? 
2016/03/26 02:37:13
 @SunnyWalker2010
なんだ夢かw 
2016/03/26 02:37:17
 @tatti5
よかった、財布を落とした人はいなかったんだね! 
2016/03/26 02:38:25
 @DENGX9900
なんだその夢wwww 
2016/03/26 02:38:13


ancb01436

ancb01477

ancb01482
 @hirarira617
どんちゃんやったのは本当だったw 
2016/03/26 02:38:00
 @daiwa510
2016/03/26 02:38:04
 @starlog
ちょっと待てwwwww 
2016/03/26 02:38:02
 @sho34141991
酷いwww2016/03/26 02:38:11


ancb01587

ancb01609

ancb01616
 @gazeru0116
まるで信さん自身を見ているかのようだ 
2016/03/26 02:39:07
 @Ju3n7
自分の噺…? 
2016/03/26 02:39:10
 @kirutodenpa
自分の事を重ねてるのか? 2016/03/26 02:39:10
 @Httymtar_aj
なんか自身の宣言に聞こえるな2016/03/26 02:39:10


ancb01647

ancb01658_stitch
 @sho34141991
腕はいいってのも助六に似てる2016/03/26 02:39:39
 @g0a1c2h4i
おう、助さんも働けよ2016/03/26 02:39:47
 @mio_24971
助六の決心なのか 
2016/03/26 02:39:02
 @2go_r2071
それで芝浜か・・・ 2016/03/26 02:39:06
 @SunnyWalker2010
いい話じゃないか
2016/03/26 02:39:12
 @kikurage_modoki
あえてこの作品を選んだのか 
2016/03/26 02:39:15


ancb01723
 @YUYUSHIKlisGOD
あれから三年の月日が経った 
2016/03/26 02:39:32
 @sisterdcmna
借金をけぇし終わるって日 
2016/03/26 02:39:38


ancb01844
 @tabinchuHTR
財布を拾ったのは夢じゃなかったんだよ2016/03/26 02:40:23
 @Httymtar_aj
な、なんだってー⁉︎2016/03/26 02:40:21
 @visuko
夢オチじゃなかっただと… 
2016/03/26 02:40:44
 @bean_sproutsS
3年前拾ったのは夢じゃないのよ 
2016/03/26 02:40:32

ancb01865
 @gakki_z
48両あんのかw 
2016/03/26 02:40:14
 @roritako
夢だけど!夢じゃなかった!(ttr) 
2016/03/26 02:40:32

ancb01910

ancb01936

ancb01965
 @tanabe_y
落し物で届けたんだ 
2016/03/26 02:41:19
 @___tomo___
いい嫁さんやんw 
2016/03/26 02:41:06
 @shochag
なるへそ 
2016/03/26 02:41:24
 @sisterdcmna
内助の功の鑑いいよね… 
2016/03/26 02:40:56


ancb02112

ancb02124

ancb02151

ancb02204

ancb02215

ancb02221

ancb02233

ancb02237
 @gamma_zash
意外と普通にいい話だった 
2016/03/26 02:44:35
 @kn_smily7192
助六の落語いいわー2016/03/26 02:44:31
 @SuperNeet6
助六の落語感動した!!
2016/03/26 02:45:04
 @ELittlecub
咄家によってオチを変えたりすんのかなぁ 絶対夢オチやと思ったけどそれじゃハッピーエンドとは言えんもんなぁ2016/03/26 02:45:14
 @ichijou_fool
芝浜こういう話だったのね 
2016/03/26 02:45:11
 @TEC_Javelin
巻きの芝浜おわた。談志師匠のは3時間超
2016/03/26 02:43:42
 @sae_boss
芝浜は良いよなぁ。談志のとかさ 
2016/03/26 02:45:10




『そろそろ起きな』
『んあ?』
ancb02572
 @YUYUSHIlisGOD
助六布団wwwwwwwwww 
2016/03/26 02:45:28
 @visuko
くそかわwww 
2016/03/26 02:45:27
 @sho34141991
気持ちよさげ2016/03/26 02:45:25
 @NebukiN086
こいつまた酒飲んだんかいwwwwwwwwww  
2016/03/26 02:45:40




『もう遅いから宿へ泊ってけって大旦那さんが。布団敷いてくだすったよ』『いい人だな~』
ancb02605
 @SunnyWalker2010
旅館のご主人、面倒見の良い人なんだなぁ
2016/03/26 02:45:51





『何だか今日は日がな一日夢でも見てるみてえだ。あんな落語をまたやれたなんて。神様のご褒美なんだろうなあ』
ancb02614
 @Johaku_Yosuz
ご褒美される事してたっけwww 
2016/03/26 02:45:58
 @dadadadadia
いい顔してる助六 
2016/03/26 02:46:02




『こんなやくざな商売何度も辞めたくなったけど、たまにこういう事が起きるから落語ってのはタチが悪い』
『全くだな』

ancb02648





『それにしてもお前さんが人情物やるなんて珍しいね。いつ覚えたんだい』
『田舎はヒマだからな。よかったろ』

ancb02690
 @bean_sproutsS
人情ものは助六からしたら珍しいな 
2016/03/26 02:46:19
 @k_ragi
スタッフロールはええ 
2016/03/26 02:46:17
 @Pochi5st
もうED!? 
2016/03/26 02:46:17





『あんなに笑わす芝浜聞いた事ないよ』
『それが俺の落語だからな』

ancb02699






『見たか?コイツの顔。あんなに笑った小夏は初めて見た。コイツにゃいつも苦労かけてるから』
ancb02716
 @VeryHurst
守りたいこの寝顔2016/03/26 02:46:29
 @Im_no_face
助六がちゃんとパパしてる…(;ω;`)2016/03/26 02:46:22





『小夏っていい名前だろ。春なら小春 秋なら千秋 冬なら小雪だ』
ancb02735




『夏の暑い盛りに生まれたから小夏。季節は落語になくちゃあなんねえからな』
ancb02755





『東京へ戻ったら師匠のお宅で暮らそうよ。みよ吉さんも見つけてね』
ancb02771






『お前さん、一人になりてえって言ってたじゃねえか』
ancb02837





『ああ言ったねえ。確かに一人で黙々とお稽古すりゃ誰より落語は上手くなるよ』
ancb02843





『ただ落語ができりゃそれでいい、ずっとそう思って来たからね。けどここに来て少し料簡が変わったんだ』
ancb02882





『人ってのは全てわかり合える訳がない。それでも人は共に暮らす。取るに足らねえ詮無い事をただ分け合う事が好きな生き物なんだ』
ancb02926





『だから人は一人にならないんじゃないか』
『やっとお前さんと料簡があったな』

ancb02933




『そうかえ?』
『人生初だ』
『よしとくれよ』

ancb02947

ancb02954





「「菊さん」ですか?他のお客様にどうしてもと言付かりまして」
ancb02979

ancb03004




『久しぶり。やっと来てくれたのね』
ancb03015

ancb03041




『会いたかった』
『助六と小夏が待ってるよ。迎えに来たんだ』

ancb03068




『みんなで東京へ帰ろう』
『イヤ あたしは菊さんと二人がいい』

ancb03087
 @hiraku_world
うわあ… 
2016/03/26 02:48:55
 @GINGIRA2110
ハァ……やっぱりこうなるのね…… 2016/03/26 02:48:58




『あたしもうあんな人嫌になっちゃった。お酒飲んで暴れるし働かないし汚いし…そんな人との子だと思うと小夏だってかわいがれない』
ancb03116
 @auaunano
汚いwwww 
2016/03/26 02:49:01
 @temari_custom
うーんこの 
2016/03/26 02:49:07
 @visuko
自分の子供より愛した男か… 
2016/03/26 02:49:25
 @ghost24061
人妻で人の親だぞ2016/03/26 02:49:30
 @hgmikle
おいおい菊さんにそれ言うと地雷だぞ 
2016/03/26 02:49:17
 @direct_crossing
最初からわかってたんだろ・・・今さら助六のこと悪く言うなよ 
2016/03/26 02:49:17
 @mio_249971
これは菊さんキレるぞ 
2016/03/26 02:49:11





『あたし毎日怒ってばっかりで…でもいつか菊さんが来てくれるって信じてたから生きてこられたんだよ』
ancb03129




『あたしが自分らしくいられんのはやっぱり菊さんのそばなのよ…』
ancb03158




『ごめんねあてつけみたいな事して。もう絶対しないから…ね、一度だけ許して?』
ancb03191
 @chroki
これはまいったね 
2016/03/26 02:49:30
 @kaduki_minaduki
もう絶対しないが信頼出来ないという
2016/03/26 02:49:37
 @maya_mu
みよ吉…。いけないよ…。 
2016/03/26 02:49:38
 @sho34141991
やっぱ諦めきれないんだなぁ2016/03/26 02:49:18
 @sisterdcmna
うーん…うーん…うーん… 
2016/03/26 02:49:26




『…済まねえ。みんなアタシのせいだ』
ancb03203




『お前さんがこんな事をしちまったのもみんなみんなアタシのせいだ。済まねぇ 悪かった…』
ancb03216




『そうよ あの人とあたし似てるのよ。あなたのせいで人生が狂った人間同士よ』
ancb03248





『ねぇ どうしてこんなとこまで来たの?わざわざ来たのは何か変えたかったんでしょ?』
ancb03262

ancb03294

ancb03317





《ひとりで生きるとあんなに心に決めていたのに》
ancb03336

ancb03341
 @ryugen_plus
えっ 2016/03/26 02:50:48
 @visuko
ちょ菊さーん!
2016/03/26 02:50:43
 @nagynagynagy
ウソの味がするっ!2016/03/26 02:50:41




《何故人の性分はこうも愚かなのだろうか》
ancb03362
 @bsndxfn514
菊さん変わったなぁ
2016/03/26 02:50:43
 @T_hiko
ヤンデレに絡み取られたー 2016/03/26 02:50:42
 @tsuna0
何この工口チックな
2016/03/26 02:50:51
 @Ryotaro_Freedom
涙ぺろぺろは工口すぎるやん
2016/03/26 02:50:49




『ねえ菊さん あたしたち死んじゃおっか?』
ancb03380
 @x743
これはあっかーん!いかんですよ!
2016/03/26 02:50:59
 @amaduka
最初から心中する気で 
2016/03/26 02:50:59
 @honyondeneru
みよ吉おめーーーーーーーーー 2016/03/26 02:50:52
 @kokonosoken
ギシギシ2016/03/26 02:50:57

ancb03404




『待て!!』
ancb03419

ancb03422




『…胸騒ぎがして…仲居さん捕まえてここにいるって聞いたんだ』
ancb03435




『死のうなんざ冗談でも言うんじゃねえ』
ancb03444




『来ないで!今更何よ!』
ancb03451






『…済まねえ 今ので腹ァ決めた。落語は辞めて真っ当に働くよ』
ancb03479_stitch




『あんた…』
ancb03506





『お前と小夏は俺の宝だ。落語をやる事でお前が不安になるってんならあんな不安定な商売は捨てたって構わねえ』
ancb03510_stitch

ancb03538
 @kumakoroperson
そうなるか… 
2016/03/26 02:51:51
 @kaduki_minaduki
菊さんショックや
2016/03/26 02:51:51
 @nikoponpoko
いやいや助さんが落語しないでどうする
2016/03/26 02:52:08
 @cocoonP
これは菊にとってはヤな展開だよなあ 
2016/03/26 02:51:58
 @s_arkw
菊さんこれつらすぎじゃない…2016/03/26 02:51:56




『俺ァお前らの方が大事だ。やり直させてくれ』
ancb03549
 @gazeru0116
まだやり直せる… 
2016/03/26 02:52:10





『今日やった芝浜…あれはお前がいなきゃできなかった。落語は人間がいなけりゃできねぇんだ』
ancb03568




『俺ァもうあれで充分だ。ありがとう』
『何よ今更…何でそんな事言うの!』

ancb00057

ancb00058
 @itameshi_yutori
ファッ!? 
2016/03/26 02:52:17
 @GINGIRA2110
ぎゃぁァァァッ!!! 2016/03/26 02:52:28
 @o_o_k_a123
ああ~~~~!?!?!2016/03/26 02:52:04




『ユリエ!!!』
ancb03627

ancb03629
 @hirarira617
えっ 
2016/03/26 02:52:23
 @cocoonP
本名? 
2016/03/26 02:52:24
 @Tetupati
ゆりえって言うのこの人 
2016/03/26 02:52:27




《その時に私ははじめてみよ吉さんの本当の名を知りました》
ancb03639

ancb03665

ancb03679_stitch
 @ShinobuStream
ふぇぇ 
2016/03/26 02:52:39
 @carrot_3
間一髪 
2016/03/26 02:52:42
 @hiraku_world
やべええええええええええええええええ 
2016/03/26 02:52:41
 @Pochi5st
二人分ぞ 
2016/03/26 02:52:42
 @qurailmn7
片腕はちょっと 
2016/03/26 02:52:45
 @ryugen_plus
うわわわ2016/03/26 02:52:41
 @Goal_Is_soul
菊さん脳のリミッター解除してる
2016/03/26 02:53:55





『坊 放せ。お前さんの乗ってる板まで折れちまう』
『放せるわきゃねえだろ馬鹿!』
ancb03722

ancb03725
 @sho34141991
やばいやばい2016/03/26 02:52:45
 @wintermute858
何キロだよ 
2016/03/26 02:52:50
 @amaduka
菊さんじゃ支えきれない 
2016/03/26 02:52:51
 @kaduki_minaduki
これどうあがいても落ちる
2016/03/26 02:52:52
 @on_the_tansan
これはきびc 
2016/03/26 02:52:45





『見ろよ こんなに震えてる』
『あんた…ごめん ごめんね…』

ancb03773




『お前の代わりに俺が付いてってやるよ。こいつひとり地獄にゃ落とせねえ』
ancb03790




『嫌だ ならアタシも連れて行け!』
ancb03797




『…すまん 坊』
ancb03814

ancb03827

ancb03831
 @visuko
あああああやめてくれー! 
2016/03/26 02:52:57
 @___tomo___
いやああああああああああああ 
2016/03/26 02:52:47





『頼んだよ』
ancb03847




《アタシはまた捨てられました》
ancb03853
 @cocoonP
あびゃあああ
2016/03/26 02:54:04
 @qurailmn7
助六うううううううううううううううううう 
2016/03/26 02:53:51
 @hiron_r_
うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ2016/03/26 02:53:51
 @theredonthesea
えええぇぇぇ
2016/03/26 02:54:01
 @hirarira617
落ちてしまった・・・
2016/03/26 02:54:04





《甘い夢を見すぎた罰だったのでしょうか》
ancb03856_stitch
 @yu048048048
なんてこった… 
2016/03/26 02:54:17
 @g0a1c2h4i
なんなんすかこれ・・・・・・・2016/03/26 02:54:19
 @DAYCkingform
グレートですよ…コイツァ……
2016/03/26 02:54:20
 @Benjamin_Potter
ヽ(`Д)ノ ウワァァン助六 2016/03/26 02:54:12

ancb03891
 @ayano_pixiq
赤…
2016/03/26 02:54:22
 @kmtise24
おぉ… 
2016/03/26 02:54:23
 @mercicassie
つ つら…………2016/03/26 02:54:22
 @ritsuko113
落ちた( ゚Д゚)
2016/03/26 02:54:09
 @hironika
思った以上に事故だった(日本語がおかしい) 2016/03/26 02:54:38
 @amaduka
下の階に引っかか……れないよなあ……
2016/03/26 02:54:47
 @rae1nh2n
浅井京介なら下の階でキャッチしてましたね…
2016/03/26 02:54:22
 @funbojaman
これで小夏に恨まれてしまったのか…でも…それは……2016/03/26 02:58:51
 @VeryHurst
なんというか死んじまったらそれで終わりだなあ。でも残された菊さんや小夏ちゃんは死んだ本人達よりも辛いかもな。 2016/03/26 02:59:10
 @aisakariku
こんな人生、あんまりだ 2016/03/26 02:54:19

ancb04050

ancb04061

ancb04075


みんなの反応
480: ななしさん 2016/03/26(土) 03:09:06.98 ID:cL1gB0hr0.net
助六がやった落語の芝浜は心入れ替えた男がハッピーエンドの内容なのに
当の助六は心入れ替えたものの時すでに遅しでバッドエンドか
何とも皮肉だな




524: ななしさん 2016/03/26(土) 04:01:53.05 ID:e2rWqW4A0.net
太鼓のバチが窓から落ちそうになって
助六がギリギリでつかんだのは
ラストの暗示だったんだな




525: ななしさん 2016/03/26(土) 04:02:10.91 ID:6SpjLCrsK.net
助六の「頼んだよ…」はおもかったな
落語界と愛娘を託したわけだから




464: ななしさん 2016/03/26(土) 02:58:55.33 ID:1jtRgSk/0.net
事故だったのか…
みよ吉は悪女でもないただの悲しい人だったわ




465: ななしさん 2016/03/26(土) 02:58:58.49 ID:cL1gB0hr0.net
菊さんがみよ吉の涙舐めた時、ここから一夜の過ち→三角関係?かと思ったら
まさかの転落死か・・・




459: ななしさん 2016/03/26(土) 02:57:47.35 ID:n6cY3GOs0.net
あー、今回は圧巻だったね~。
前半は芝浜たっぷり。後半は成瀬巳喜男並みのドロドロ。
田舎町の温泉旅館で転落って「乱れる」とかがベースになってそう。贅沢なアニメだ。




620: ななしさん 2016/03/26(土) 11:07:11.00 ID:nEd+ze6x0.net
9話で菊みよ吉別れ、助六破門
10話で師匠亡くなって
11話で四国まで迎えに来て
12話で二人死亡

なんか短い間に遠くに来た感があるわ
作中では5年くらい経ってるんだろうけども




621: ななしさん 2016/03/26(土) 11:09:18.13 ID:8WiL8KUl0.net
しかし毎回挿入されてる落語のチョイスは感心させられるね
芝浜の内容はベタだけど、菊さんには明烏を持ってくる
まさに堅物の若旦那は菊さんそのものだし、
「一緒に帰る」ってのまでもじってる
菊さんの大ネタに感化されて対抗するように助六も大ネタ掛けるって流れも
自然で、助六の天才肌を改めて菊さんに認めさせるような感じが出て良かった




651: ななしさん 2016/03/26(土) 14:14:48.76 ID:vdrd32qX0.net
拾った財布の話はよかったな
今までで一番好きかもしれない




470: ななしさん 2016/03/26(土) 03:01:24.49 ID:YhoN+H6n0.net
いや面白かった、見入ってしまった
旅館の旦那はホントにいい「旦那」なのね、金あったらオレも芸人さん呼んでああいうのやってみたいもんだ
山ちゃんの落語は「調子がいい」んでするする~っと聞ける
で、助六とみよ吉はそういうことだったんですか・・・




533: ななしさん 2016/03/26(土) 04:10:05.15 ID:8JlRneDZ0.net
薄暗い部屋で襖が閉まったあと
「こっちを見て」

みよ吉脱いでると思ってしまった




516: ななしさん 2016/03/26(土) 03:50:15.28 ID:aPRHTmCL0.net
ちょ!?菊なにしてんの!?としか言えないレロン
ビンタかな?って思ってたら完全に予想外
戸惑いの最中、気持ち切り替えが間に合わず二人が落ちた




511: ななしさん 2016/03/26(土) 03:47:30.79 ID:o8zcsxYy0.net
菊に落ち度があるとすれば男をもう見せたよと振った時にもっときっぱりと元に戻らない決意を固めるべきだったことだね
女将も止めてるのに探しに行ってしまう2人への未練
落語やったりしてるうちに3人+小夏で生きていけるような夢を見ちゃったのと
やっぱり情を断ち切れない性格だってこともあるかな




514: ななしさん 2016/03/26(土) 03:49:14.11 ID:o8zcsxYy0.net
助六とみよ吉に関しては互いに複雑な情が湧いてるんだと思う
助六は同情と愛情かな
なんだかんだみよ吉も助六を100%憎んでるわけじゃない
とりあえずあんたごめんと言葉が出るくらいには




521: ななしさん 2016/03/26(土) 03:57:56.03 ID:6SpjLCrsK.net
>>514
菊さんは助六.みよ吉.小夏の保護者の気分だったんだろうな

「あたしが見ててやれば何とかなる」って

みよ吉も商売とはいえ他の男に抱かれてたくらいだから、自分への執着があんなに激しく残っていたとは思わなかったんだろう




503: ななしさん 2016/03/26(土) 03:37:33.96 ID:Oko4T5VO0.net
みよ吉も芝浜聞けば良かったのに
しかし菊比古は本当にみんなで暮らせるだろうと思ってたのかね、あのメンツで




520: ななしさん 2016/03/26(土) 03:53:03.51 ID:8JlRneDZ0.net
>>503
みよ吉が助六が落語やるのを承諾すれば成立するはずなんだけど…

でもあの感じだと助六が落語やってもやらなくても落語辞めて真っ当に働くって言っても見限ってる気がしないでもない




537: ななしさん 2016/03/26(土) 04:12:56.94 ID:Vo4+i/XDK.net
菊は家族に夢があったんだろうな
不遇な四人が揃っていても自分がまとめて落語がありゃなんとかなると夢みた




495: ななしさん 2016/03/26(土) 03:31:14.06 ID:iK4KamlVa.net
みよ吉の本名なんて言ってたん?




497: ななしさん 2016/03/26(土) 03:32:20.92 ID:o8zcsxYy0.net
>>495
ユリエ




512: ななしさん 2016/03/26(土) 03:48:07.57 ID:MsThPein0.net
>>497
ユリエなのか
シリアスシーンなのに思わずケンシロウが浮かんで反応に困ったわ




515: ななしさん 2016/03/26(土) 03:50:01.23 ID:o8zcsxYy0.net
>>512
叫んでたからアに近かったよなww




555: ななしさん 2016/03/26(土) 04:40:22.18 ID:f+2f0RWv0.net
あれだけ好き好き言っても本名知らないってな、菊とみよ吉
お互いにどれだけ上っ面だけ見て理想の相手に恋してたか
最後の会話見ても助六とみよ吉は歯車さえきちっと合えばやり直せる仲だと思うんだけどなあ
うまくいかないもんだな・・・




616: ななしさん 2016/03/26(土) 10:51:12.72 ID:z4E464iv0.net
助六もみよ吉も菊比古も、みんな捨てられた人間同士だったんだよな
その上で、みよ吉を捨てた菊比古が生き残り、
みよ吉を必要とした助六が死んでしまうというのも因果なものだ




614: ななしさん 2016/03/26(土) 10:35:23.93 ID:K/eIfPrv0.net
みよ吉がずっと菊の事が好きで忘れられなかったのは本当なんだろうけど
泣きながら自分と小夏は宝だ、やり直そうなんて言われたら・・・
もう気持ち混乱してぐちゃちゃだよな。
助六も言うの遅いよって思うけど、菊と一緒に死ぬとか言い出したみよ吉止めたくて必死だったんだろうな




609: ななしさん 2016/03/26(土) 10:27:21.92 ID:nEd+ze6x0.net
助六が「ユリエ!」って名前呼んで
そこで菊比古が初めてみよ吉の名前を知った、っていうのがズキズキくる

なんか、菊比古の知らない数年間、あいつら腐っても夫婦だったんだなと

そういや「あのカカア」とか「バカ亭主」とか前回自然に言ってたなとか
菊比古とみよ吉は別れの時
「あたしの本当の名前も知らないくせに」「お前さんもそうだろ」ってやりとりあったなとか
色々ブワーっとくるわ




612: ななしさん 2016/03/26(土) 10:29:22.90 ID:835mQStG0.net
>>609
みよ吉があんだけ旦那扱いしてなかったのに、最後助六に対して「アンタ」と言うところがまたいい




461: ななしさん 2016/03/26(土) 02:58:18.14 ID:Oko4T5VO0.net
OPもEDもカットはすごいな
後味悪いが与太郎の予告に救われたよ




455: ななしさん 2016/03/26(土) 02:56:22.79 ID:J2H+Pb0e0.net
やっと来週から現代か。




622: ななしさん 2016/03/26(土) 11:19:12.28 ID:f7UOanxj0.net
1話で小夏さんの大学ノートがあったけど助六落語は映像で残ってない設定だろうし、
助六を直で見れたガキの頃の小夏さんが大学ノートを使ってたとも思えないし、
ノートに何を書いていたんだろう




624: ななしさん 2016/03/26(土) 11:23:19.20 ID:96wqvVQN0.net
>>622
音声(レコード)は残ってる




625: ななしさん 2016/03/26(土) 11:23:24.21 ID:8HEFy2a50.net
>>622
与太が聴いてた助六のレコードの書き起こしとかじゃないの?




642: ななしさん 2016/03/26(土) 12:59:18.24 ID:PlS0XtK80.net
小夏は大丈夫なんだろうか・・・




644: ななしさん 2016/03/26(土) 13:27:13.14 ID:K/eIfPrv0.net
>>642
大人になって菊に引き取られてるくせに、この人殺しとかって言ってるとこみると
大丈夫じゃないんじゃない・・・・・。




546: ななしさん 2016/03/26(土) 04:24:07.91 ID:6SpjLCrsK.net
私もあの人もあなたに人生を狂わされた…って呪いの言葉だなぁ




547: ななしさん 2016/03/26(土) 04:24:53.90 ID:aJYg3doB0.net
そら死神が十八番になるわ




550: ななしさん 2016/03/26(土) 04:31:56.98 ID:aPRHTmCL0.net
助六が酒やめて真面目に働く男の話をしながら
小夏とゆりえの姿を思い浮かべるもんだから
これで助六も酒やめるのかーと思ったらCM明け
おもいっきり飲んでた。床に瓶転がすレベルで




552: ななしさん 2016/03/26(土) 04:35:17.08 ID:8JlRneDZ0.net
>>550
明日から!明日からやめるつもりだったから!





やっとこれからだって時にいいいい!
いい感じに事が進み始めていたのに…
みよ吉も助六の言葉に耳を傾けようとしてたし
でもこれ誰が悪いとかないのかな
三人ともそれぞれにどこか面倒くさい部分は持ってたし何とも言えない
強いて言えば旅館の設備不良…
こうなると残された菊と小夏が可哀想になってくる
特に子供の小夏

あと全12話だと思ってたからちょっと得した気分  
 コメ
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/anime/1458445538/
「昭和元禄落語心中」第12話

ヒトコト感想

感想
ヒトコト
 

関連リンク

>>アニメ「昭和元禄落語心中」
ハッシュタグ:#落語心中 OR #rakugoshinju

新着話題

関連商品

昭和元禄落語心中(9) (KCx)
雲田 はるこ
講談社 (2016-02-05)
昭和元禄落語心中音曲噺其の二
澁江夏奈 石田彰 山寺宏一 柴田秀勝 三宅麻理恵 磯村知美 中川由貴
キングレコード (2016-03-09)

コメント…昭和元禄落語心中について

    • 1. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月26日 23:28
    • ID:fH6pMO5h0 >>返信コメ

    • ええ...
    •   0  
    • 2. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月26日 23:29
    • ID:kBjX8DPJ0 >>返信コメ

    • >落語は客が語らすってのァこういうこった

      どんな分野でも天才が一人いても客がいなければ育たずに萎んでしまうという。
    •   0  
    • 3. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月26日 23:30
    • ID:yGmo4R6S0 >>返信コメ

    • 心中と思っていたら事故だった
    •   0  
    • 4. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月26日 23:31
    • ID:sy.Mis3l0 >>返信コメ

    • なんかいろんな意味で涙の12話でした・・・
    •   0  
    • 5. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月26日 23:34
    • ID:sy.Mis3l0 >>返信コメ

    • 違うけど、「わたしたちの教科書」思い出した・・・
    •   0  
    • 6. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月26日 23:35
    • ID:pP8oAx0uO >>返信コメ

    • 凄ぇアニメだなぁ…
    •   0  
    • 7. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月26日 23:37
    • ID:sy.Mis3l0 >>返信コメ

    • 目撃者がいない件
    •   0  
    • 8. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月26日 23:37
    • ID:DoOKhrFB0 >>返信コメ

    • みよ吉のおかげであの助六の落語ができたと思うと、すごく複雑……。
    •   0  
    • 9. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月26日 23:38
    • ID:1SVdVpmm0 >>返信コメ

    • ・バチを投げて、バチが当たるぞのシーンは
      旅館の物理的な高さとバチが当たる良い前振りでした。

      ・ただし、菊と助六の会話の後でエンドロールが流れたのは
      そこで物語は終わり、そこで一区切り。
      そこから後の、みよ吉との再会から転落死は
      菊の作り話に感じました。というのも心中じゃなく事故だった点。
      旅館の女中さんがみよ吉の部屋に案内するところが
      どことなく別世界に案内する雰囲気だからです。

      とにかくこれは菊の子夏と与太郎へ話す回想でしかなく、
      脚色も多分に含んでいるのではないかと思いました。
      それを踏まえても紆余曲折を経た助六の人情噺は絶品でした。
    •   0  
    • 10. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月26日 23:41
    • ID:Pf2e8i7X0 >>返信コメ

    • 最期の噺が芝浜ってのが効いてるなぁ…
      ひとりぼっちになった小夏が不憫すぐる
      (´;ω;`)
    •   0  
    • 11. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月26日 23:46
    • ID:ueHppvK50 >>返信コメ

    • 私も菊さんがみよ吉舐めたところでええぇ?!ってなった
      そりゃみよ吉には愛も情もあったんだろうけど
      そういうの越えて三人家族まとめて庇護するつもりだと思ってたから…

      その後の乱心乱入がなければ
      ひょっとしてそのままズルズル不倫三角関係になってたの?
    •   0  
    • 12. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月26日 23:49
    • ID:zY02hHg1O >>返信コメ

    • みよ吉と助六(信さん)の最期は違和感あった
      特にみよ吉の涙を菊比古が舌で掬いとる場面に「あれ?」と思った
      今まで菊比古とみよ吉のやりとりや関係性や互いへの認識(思い)を考えると菊比古はみよ吉にああはしない気がする
      話盛ってるか本当のこと隠してるな、これは
      間違ってたら申し訳ないけど

      ただ助六の芝浜が良かっただけにその後の展開で気分が沈んでしまった…これでまた一週間待てというのはきついな
    •   0  
    • 13. アニメ好き名無しやん
    • 2016年03月26日 23:50
    • ID:IVIim6Gw0 >>返信コメ

    • 残された菊さんも辛いが小夏も不憫で…(T^T)
    •   0  
    • 14. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月26日 23:53
    • ID:mihY5biq0 >>返信コメ

    • 芝浜で泣かされて…最後の転落でも泣かされた…

      転落前まで、みよ吉クズい!!とか思ったけど、
      ちゃんと助六への情もあったんだな
    •   0  
    • 15. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月26日 23:56
    • ID:FaK5iPsv0 >>返信コメ

    • これ菊さんが小夏と与太郎に語った話だからね。
      松田さんが見た側の真相が語られるとガラッと変わるから、二期やって欲しい。
      確かに助六の芝浜はみよ吉との生活があったから出来た話だし感謝していたのも本当だと思う。
      ただなあ〜聞かせたい相手は菊さんと小夏だった気がするんだよ。
      菊さんは助六が落語やめてみよ吉と小夏選んだようなこと言ったけど、本当は菊さんと東京に戻って落語やると言ったんじゃないかと思える節があってね。(松田さんの語る真相聞くとだけど)
      小夏の記憶で助六抱き起こした菊さんが血で汚れてる理由がね。
      一緒に地獄に付き合うと言った台詞の意味が変わる気がね、するんだよ。
      二期やって欲しいな本当
    •   0  
    • 16. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月26日 23:58
    • ID:l2fpzry7O >>返信コメ

    • 菊さんも助六もみよ吉もそれぞれの行動が
      あともう少しのところで絶妙にかみ合わない
      もうこの3人は巡り合わせが悪かったとしか言いようがないよ(;_;)
    •   0  
    • 17. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月26日 23:59
    • ID:nqa9ZPkW0 >>返信コメ

    • 小夏が1話で「高座に上がった父ちゃんはかっこよかった!」みたいなこと
      言ってたけど、実際に見たのは今回が最初で最後だったんだね。
      レコードは残ってるけど映像は無かったわけだし。
      一度見ただけのそれをずっと覚えてたんだって思うと泣けてくる・・・。

      円盤買って、1話のディレクターズカット版を見たよ。
      八雲(菊比古)が何かにつけて「あの人」って口にするから、
      過去編を語りだす時に助六の存在感が増してる感じがした。

      来週で終わりかぁ・・・。
      重苦しい展開だけど、久々の与太郎の出番が癒しだわ。
      二期見たい!
    •   0  
    • 18. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月26日 23:59
    • ID:XzYhdZem0 >>返信コメ

    • 大人2人の重量を片手では支えきれんと冷静に見ててはいかんねw
      助六の浜芝は良い感じでした
    •   0  
    • 19. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:01
    • ID:qQeBSswk0 >>返信コメ

    • >>18
      浜芝→芝浜
      です
    •   0  
    • 20. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:02
    • ID:S8U9oVy3O >>返信コメ

    • 芝浜終わりまで一時間掛けてやって欲しかった。山ちゃんすごいのに、もっと聞いていたい。

      つか、高座に上がって助六なのって再演すればいいのに。そのまま落語家デビューしてしまえ。
    •   0  
    • 21. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:03
    • ID:rVSdVawF0 >>返信コメ

    • う~ん、嘘としたら、当時も「事故死」として小夏に話を聞かせているはずだから、事故死の現場とか、原因となった旅館の柵の現場とか、警察の現場検証とか事情聴衆とかの整合性を小夏にどう説明したのかなぁ?と思わんでもないけど。

      もしほんとの事実が別にあり、悲惨なものなら、小夏のためにも嘘をつくのは十分あり得る。(大人になって調べられたらバレル)
    •   0  
    • 22. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:04
    • ID:km7A5tpk0 >>返信コメ

    • 助六の芝浜は浜で一服するくだりができれば見たかったな 尺の都合上仕方ないんだろうが あれがあるのと無いのとでは「やっぱり自分にはこの仕事しかない」って実感が多少違うんでな
    •   0  
    • 23. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:05
    • ID:3mhN1isc0 >>返信コメ

    • そもそも転落のシーンは目撃者がいない。
      現場の証言は菊のみだから、
      真相は闇の中といっても良いから、何とも言えない。

      しかも菊とみよ吉が接吻したり、助六が落語を止めると言いだしたり、
      少し矛盾しかねない言動もあって、
      なんとも腑に落ちないシーンではある。
    •   0  
    • 24. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:06
    • ID:km7A5tpk0 >>返信コメ

    • 上のコメント欄にもあるけどバチが落ちそうになるシーンは落下死の説得力がある程度いい改変だったな
    •   0  
    • 25. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:12
    • ID:.0HRwjTm0 >>返信コメ

    • 分かってたこととはいえ辛すぎた12話
      親に捨てられた菊さんが信さんという存在を得て、みよ吉と出会い、落語のためにそれを捨てて孤独になり、でもやっぱり温かい人との関わりの大切さを実感できたところでこれだもの
      全てが最悪の形に終わってしまって
      芝浜は本当に実感がこもってたなぁ 収録後山ちゃんが録り直しを申し出たというこだわりの一席だけあった

      しかし本当にこの後松田さんがいなくて菊さんと小夏2人だけの生活だったらとうに破綻してた気がする
      やはり松田さんがいてくれてよかった
    •   0  
    • 26. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:13
    • ID:km7A5tpk0 >>返信コメ

    • もうさんざんネタバレされとるし
      「落下のシーンの回想はいわゆる信頼できない語り手である」っていうのはもうわかってる前提でコメントするけど
      それでもあのシーンに意味はある というか菊比古=八雲がああいう回想を語ったということの意味がある 単に小夏を騙すためだけについた嘘ではない
      みよ吉を捨てきれないという思い、あの芝浜を演じさせた助六とみよ吉の間に確かにかつては存在した幸せな生活の実感、そしてそれらを知らなかったということへの菊比古の切ない思い=ゆりえという名前をあそこで知ることの意味
      ここで真実を語らないことの意味合いと人生観も後に語られるけど、それらを含めて本当に凄い構成だと思う
      ここで単に「嘘でした」というだけにとどまっていない
    •   0  
    • 27. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:13
    • ID:6SjA83UXO >>返信コメ

    • 菊が二人分の重量支えられたのは火事場の馬鹿力だろ

    •   0  
    • 28. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:14
    • ID:rVSdVawF0 >>返信コメ

    • まあ、予想していた、みよ吉さん株ストップ安展開ではなかったので良かったと言っていいのか、なんと言っていいのか・・
    •   0  
    • 29. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:14
    • ID:qQeBSswk0 >>返信コメ

    • つい最近の実話ですが、「つんぼ」だとかを禁止用語にしやがったんで落語がつまんなくなったと年寄り連中がぼやいてました。
    •   0  
    • 30. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:17
    • ID:km7A5tpk0 >>返信コメ

    • 芝浜と助六の人生をダブらせるのが強調されてるけど、よくよく考えると明烏と菊比古もまた色々ダブって見えなくもないなあ
    •   0  
    • 31. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:18
    • ID:2Rbu3GK70 >>返信コメ

    • >>11
      あれは愛や情というより男の悲しいサガと思いましたよ
      菊さんも男だったか…という驚き

      受け取り方は人それぞれだから声高に主張するつもりは無いけど、個人的には純愛ばかりのアニメ界で新鮮だった
    •   0  
    • 32. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:21
    • ID:.0HRwjTm0 >>返信コメ

    • 与太郎再び出てくれるのがせめてもの救いだな
      予告で映った小夏の面差しがみよ吉にとてもよく似ていた
      うーんこれは2期をやってほしい
      原作の続きはこれまで語られたことがどんどん効いてくる構成になってると思うから
    •   0  
    • 33. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:25
    • ID:dVjpis6SO >>返信コメ

    • そうかぁ…
      小夏のためなのか助六とみよ吉の名誉のためなのか
      菊さんが事実を脚色した可能性もあるのか
      確かにありのままを語ったのなら
      覚悟して落ちて行った助六の幻影に
      後年まで菊さんが悩まされるのは違和感あるかな
    •   0  
    • 34. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:27
    • ID:OT..YA130 >>返信コメ

    • ああ、やっぱりアニメで描写されていたことは菊比古の語りであって、
      事実とはちょっと違うのか

      子供がいるのにいやに簡単に諦めるものだなと違和感があったわ
    •   0  
    • 35. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:27
    • ID:i9oMLv2F0 >>返信コメ

    • >>31
      私もそう思ったw
      男性の意見はどうかね?
    •   0  
    • 36. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:31
    • ID:7KRXYQVV0 >>返信コメ

    • 助六ぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ・゜・(つД`)・゜・
      これが落語心中か(´;ω;`)
    •   0  
    • 37. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:32
    • ID:km7A5tpk0 >>返信コメ

    • >>35
      一応その前に男女の付き合いはなくもなかったにせよ、海千山千の女に言い寄られたらどう行動していいのかわからなかったような坊主が、多少年食って自信ついたところで、火のついた焼けぼっくいに冷静に対処などできようはずもないのです
    •   0  
    • 38. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:35
    • ID:ejYsVV1X0 >>返信コメ

    • ユリエって、この時代の名前としては変わってる部類なのかな。俗に云う「ハイカラ」っていう感じで。(余談だが、高校時代の同級生に「ユリカ」という人がいた)

      でも前半は小夏のかわいらしさ、後半はドロドロだったなあ。
      三角関係のもつれ、と一言では済まされない感覚か。
      事故とはいえ、タイトルの「心中」ってこのことなのだろうか。この時の3人の演技は凄かったなー。
    •   0  
    • 39. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:38
    • ID:S8U9oVy3O >>返信コメ

    • 助六、一緒に暮らそうと言った菊比古に「ひとりになりたいって言ったじゃねえか」とはいうもののみよ吉と菊を一つ屋根の下に置くことに異議は唱えない、みよ吉と菊比古が絡んでるのを見ても菊比古を怒らない。あれが少々不思議。面倒を押し付けたり、金を無心したりするのは平気だが、基本的に菊比古にはなにをやられても怒らない。
    •   0  
    • 40. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:42
    • ID:x.bY2Enl0 >>返信コメ

    • 助六の落語はやはり良いな
      聴いていて、見ていて、心地が良い
      芝浜の序盤から泣きそうになる自分に引いたww

      菊比古は二人を助けたかったのだろうけど…
      菊比古の優しさが仇となり、結局、自分の生涯を苦しめることになったな
    •   0  
    • 41. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:44
    • ID:dVjpis6SO >>返信コメ

    • >>31
      菊さんは妄執に溺れて半ば正気を失ったみよ吉の色香に
      惑わされたのかも知れないねぇ
    •   0  
    • 42. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:44
    • ID:P.Zg0Egh0 >>返信コメ

    • わりとみんな過ちを簡単に犯してしまうのが人間の哀しい性なんだなあと…みよ吉さんは元々心弱く迷いやすい女として描かれてたから今更菊さんに迫っても驚きゃしなかったが、菊さんからの涙ペロンはあたしゃビックリしたよ。菊さんも長く一人でいて心弱くなってたんだろうね。

      そして助六がみよ吉のヒモ状態な甲斐性なしだったのが、自分の落語を語る中でネタに同調して覚悟決めたのか真っ当に生きるからと落語への未練を捨てて家族にすがる姿にぐっときた。

      けど落語を捨てるって言葉、菊さんはぐっさり来ただろうなあ…もしかしたら最後に手が離れてしまった瞬間よりも辛い一瞬だったかも。
    •   0  
    • 43. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:48
    • ID:S8U9oVy3O >>返信コメ

    • >ユリエって、この時代の名前としては変わってる部類なのかな。

      大正、ユリエでググると出て来るのですが、江戸川乱歩が大正15年に発表した作品にユリエという女性が登場します。当時としてもアリな名前(まあ、一般人にそんなにいるとは思えませんが)なんでしょうね。子供につけてめ美人になるのが確定してないとちょっと名前負けしかねないですが。
    •   0  
    • 44. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:48
    • ID:qQeBSswk0 >>返信コメ

    • ハイカラは明治の言葉なので、昭和40年前後では合いません。
      この当時の流行なら、みゆき族ですね。
    •   0  
    • 45. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:49
    • ID:LwMMelO80 >>返信コメ

    • 本当にあと数年で白髪になるとは思えないほど若々しく歳を重ねてた菊なのにこのショックで一気に老け込んでしまうのかな
    •   0  
    • 46. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:49
    • ID:YSvbFhoD0 >>返信コメ

    • みよ吉さんの本名がユリアに聞こえたのでまとめで確認出来て良かった…
      ハイカラというか世紀末感溢れる名前とか思ってしまった(恐らく脳が転落事故のショックを和らげようとした模様)

      みよ吉さんが途中で帰らずに助六さんの落語を最後まで聞いていれば、事故は起きなかったのかな?それとも聞いていても駄目だったのかな…
    •   0  
    • 47. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:49
    • ID:S8U9oVy3O >>返信コメ

    • 小夏、今回セリフらしいセリフがない。
      でも幸せそうだったなあ。。。
    •   0  
    • 48.
    • 2016年03月27日 00:50
    • ID:cpdYWpoV0 >>返信コメ

    • ネタバレを含む内容との報告が多数寄せられた為非表示にしております
    •   0  
    • 49. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:55
    • ID:X8jqODYj0 >>返信コメ

    • 佐藤さんが落ちて行って「うおおおおお!!」となって、
      信さん&みよ吉が落ちて行って「うわあああ・・」となった、
      そんな金曜の深夜。

      これもう与太に流れ変えてもらうしか・・・
      小夏ちゃん(来週は小夏さんか)の笑顔が見たい・・
    •   0  
    • 50. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:56
    • ID:HoN2oyX.0 >>返信コメ

    • 一話で助六が小さい小夏(書いててこんがらがる)が小夏の声が良いと褒めてるシーンの時、八雲の家の縁側っぽかったけど、この話だと小夏と助六が一緒に八雲の家にいた時期がないような気がする
      そして次回は与太郎実に12話ぶりの登場か
    •   0  
    • 51. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 00:56
    • ID:S8U9oVy3O >>返信コメ

    • >ハイカラは明治の言葉なので、昭和40年前後では合いません。

      昭和40年は明治生まれはまだまだ元気に生きているし、テレビはまだ白黒で放送局も少なく、24時間やってるわけでもないですし、要するに流行語も息が長い。会話の中でポンポン出てくるわけではありませんが、文語としては生きていたと思いますよ。まあ今でも通じないわけじゃないし。
    •   0  
    • 52. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 01:00
    • ID:2Rbu3GK70 >>返信コメ

    • >>48
      ネタバレはやめて
      原作売れなくなるよ
    •   0  
    • 53. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 01:01
    • ID:S8U9oVy3O >>返信コメ

    • 人情噺で芝浜以上に面白いやつってあんのかね?ある意味この噺マスターしたら最終奥義を会得したみたいなもんだと思ってる。
    •   0  
    • 54. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 01:03
    • ID:AkR2VLhK0 >>返信コメ

    • 蕎麦屋の女将さんが相変わらず可愛かった。
    •   0  
    • 55. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 01:04
    • ID:S8U9oVy3O >>返信コメ

    • 今回はしょられてるが、原作で助六が河岸で夜明けを待つシーンを演じるとこが好きなんだよなあ。フルで演ってくれりゃいいのに。
    •   0  
    • 56. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 01:04
    • ID:kBf7mKkGO >>返信コメ

    • 昭和初期なら洋装をお洒落に着こなす男性をモダンボーイ略してモボと呼び、女性をモダンガール略してモガと呼んでいました。
    •   0  
    • 57. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 01:06
    • ID:qZJSA2iN0 >>返信コメ

    • 菊比古は助六にもみよ吉にも「みんなあたしのせいだ」っていう罪悪感に縛られてるからね
      みよ吉と別れるときに「今度会うときは地獄ね」って言われて、恨まれる形で終わって助六と結ばれたのならそれでいいって思っていたつもりが、再会したみよ吉に涙ながらに復縁を迫られたことで自分の中の捨て切れなかった気持ちに突き動かされるのは仕方がない
      菊比古は落語のためにみよ吉と別れたけれど、助六との再会や芝浜を見て考え方が変わって、落語をやる上でも「人は一人にならない」ことに肯定的になったことも気持ちを揺らがせた要因になってる気がする
    •   0  
    • 58. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 01:07
    • ID:JDwiWBlH0 >>返信コメ

    • もう何が本当で何が嘘なのか
      現実か創作か妄想かもさっぱりわからんけど
      松田さんだけは大正義だって信じられるから…
    •   0  
    • 59. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 01:12
    • ID:qQeBSswk0 >>返信コメ

    • >>51
      無理にこじつけなくても良いですよ。
      平凡パンチの創刊とVAN、JUNはエポックな出来事ですよ。
    •   0  
    • 60. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 01:15
    • ID:apRZWXee0 >>返信コメ

    • 本当はこうゆう死に方じゃないんだよな…本当2期やって欲しい
    •   0  
    • 61. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 01:18
    • ID:S8U9oVy3O >>返信コメ

    • おらあこれでもうじゅうぶんだ、と言った途端に助六の生きる意味が消えちまったんだよな。だから道連れも怖くない。なんであんなスゴいのにあきらめちまうんだよ。。。

    •   0  
    • 62. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 01:31
    • ID:rVSdVawF0 >>返信コメ

    • 火曜サスペンスじみてきたw
    •   0  
    • 63. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 01:36
    • ID:Dt1zN0IT0 >>返信コメ

    • いやぁ…まさに茶番だなぁ。こんなにあとを引いてチリチリと切ない茶番は久々だよ…。
      茶番こそ醍醐味、茶番の上手い噺家ほど醍醐味だと、改めて思った次第…(笑)

      話もそうだけど…石田、山寺、林原…この3人にやらせるだけで、こうも違うモンかね(笑)
    •   0  
    • 64. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 01:40
    • ID:1O.xFEEf0 >>返信コメ

    • うん、松田さんが語る真相だともっと救いがなくなるから。みよ吉が助六の落語聞いてようが、どうにもならない感がね。
      本当に助六が落語やめると言ったなら菊さんが救われず、落語をとったならみよ吉が救われない所がね。
      ただ、みよ吉が死んで助六が助かったならともかく、助六が死んでみよ吉が助かったならもっと救いがなくなるんだよね。
      菊さんに人生狂わされたって言ったのは多分本当になんだろうなぁ…
    •   0  
    • 65. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 01:41
    • ID:S8U9oVy3O >>返信コメ

    • だからネタバレやめてってば。

      全巻買って、読まずに待ってるんだぜ?
    •   0  
    • 66. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 01:47
    • ID:h4irQByg0 >>返信コメ

    • 芝浜最高だった
      このアニメは落語の魅せ方が本当に良い
    •   0  
    • 67. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 01:51
    • ID:yXfGq0n8O >>返信コメ

    • 菊さんは、落語のこと、お客のこと、落語の未来のことしか考えてなかった信さんのイメージのまま来てしまったんだなあ
      離れている間にどんな形であろうとも助六、みよ吉、小夏の3人の家族の形は出来ていた
      それを知らなかったから落語が出来る環境を整えてやる、3人が暮らせるようにしてやることで以前のように上手くやっていけると思ったのかもしれない
      時の流れは残酷だね。あんまり言いたくはないけど菊さんの行動は裏目に出て逆にトドメを刺してしまったのかも
      菊さんなりの償いだったはずなのに…

      あとはもうひたすらに悲しい
      誰も悪くないのにな(;_;)
    •   0  
    • 68. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 01:55
    • ID:kBf7mKkGO >>返信コメ

    • 安田生命保険が契約者の許可を取って、年代別名前ランキングをやってます。大正生まれの女性には華族や裕福な家を除くと、カタカナ名(東北ではひらがな)が、多いそうです。みよ吉は大正10年生まれなので、多分ユリエと書くのでしょう。百合の花は夏に咲きます。百合根は蕎麦と並んで山間部では、飢饉に強い作物として尊ばれてました。みよ吉の親は、どんな願いを込めて名付けたのでしょうね。
    •   0  
    • 69. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 01:59
    • ID:BXIok9Gn0 5 >>返信コメ

    • 本当に引き込まれる。神がかってるな色々と。
      欲を言えば明烏大好きな話だからもうちょっと聞きたかったが、そうすると尺が無くなるからしゃーないか。
    •   0  
    • 70. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 02:06
    • ID:dVjpis6SO >>返信コメ

    • 小夏は大好きな親父の最高の晴れ姿と
      最悪の結末を同時に体験したようなものだったのか
      幼い子供が背負うには酷な悲しみと怒りの矛先が
      菊さん一人に向かってしまったんだなぁ
      おそらくその責めを甘んじて受けたであろう菊さんもまた
      やるせないよなぁ(>_<)
    •   0  
    • 71. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 02:07
    • ID:S4MedzKa0 >>返信コメ

    • 事故死が菊の改変なら、事実は明確に誰かが意図的に行った行為によって二人が死んだっていうことなんだろうなあ

      それが菊本人だとしたら小夏に人殺しとまで言われてるのに今更隠す必要が無いだろうけど、父親か母親どちらかがやった事だとしたら小夏には残酷すぎるだろうから、みんなが悪くて、でも誰も決定的には悪くない事故死ということにしたのかも知れないと感じたな

      タイトルの落語心中が結局真実を表してるということなのかね
    •   0  
    • 72. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 02:11
    • ID:AkR2VLhK0 >>返信コメ

    • とりあえず、原作組は黙ってろ。
    •   0  
    • 73. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 02:17
    • ID:YWHLMDox0 >>返信コメ

    • >>53
      お直しの方が好き
    •   0  
    • 74. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 02:24
    • ID:rVSdVawF0 >>返信コメ

    • ユリア(ユリエ)とシン(信)とケンシロウ(菊)・・(北斗○拳使って2人を指先一つで支えていたので)

      そうゆうことかw
    •   0  
    • 75. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 02:38
    • ID:oieIPYXp0 >>返信コメ

    • その後に悲しい展開になってしまったので、みんな非難してないけど、みよ吉が、助六の子だから小夏も愛せないってのはひどいと思う
      助六に愛想を尽かすのはしかたないけど、小夏には何の罪もない
      助六がダメな男だと思うのならなおさら、自分のお腹を痛めて生んだ子を、そのダメ男のところに残して自分だけ出ていっちゃダメでしょ
      そりゃまあ、みよ吉のような女性が子供を抱えて生きていくのが大変なのもわかるけど、それでも、助六を捨てた時に、小夏は一緒に連れていくべきだった
      それだったら菊にすがっても、苦労したんだなと同情できる
      だが、自分の娘を捨てておいて、自分だけ昔好きだった男にいいよっても、自分さえよければいい身勝手な悪女としか思えない
    •   0  
    • 76. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 02:45
    • ID:nZCL53Ru0 >>返信コメ

    • ある意味
      悲しき心中だね
    •   0  
    • 77. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 02:50
    • ID:XjhZDDus0 >>返信コメ

    • あの旅館 事故物件…
    •   0  
    • 78. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 02:52
    • ID:XjhZDDus0 >>返信コメ

    • あの師匠が破門さえしなけりゃ…
      師匠がみよ吉を連れてこなきゃ…
      とも思ってしまうが、師匠がいなきゃ 何も始まらなかった
    •   0  
    • 79. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 02:55
    • ID:kBf7mKkGO >>返信コメ

    • >>2
      有楽亭二人会の客の殆どが、蕎麦屋の常連さんでしたね。蕎麦屋の店長も亀屋の大旦那様も落語好き仲間、恐らく助六の正体を知っていた。ドスランプに嵌った芸人が蘇えるのは容易ではなく、消えてしまう事があるのは経験則で知っています。けれど幼い小夏に、レベルの高い噺を稽古つける事が、出来るだけの技量と根気と情熱は失っていない。小夏の面倒を見ながら、助六が復活する日を待っていたのではないでしょうか?何事もなければ、復活高座として語り草になっていた筈です。
    •   0  
    • 80. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 02:59
    • ID:S8U9oVy3O >>返信コメ

    • >みよ吉が、助六の子だから小夏も愛せないってのはひどいと思う

      もちろん酷い。
      だけど、必ずしも親子だから仲がいいわけじゃない。助六は落語しかできない。小夏も落語に夢中。だけどみよ吉は落語が好きじゃない。それに菊比古を思い出す。アタシを棄てて落語をとったあの菊比古を思い出す。それが忌々しい!どいつもこいつもアタシより、落語、落語、落語だ。なんなのよもう、こんなハズじゃなかったのに!

      とまあ、こんな感じだろうな。
    •   0  
    • 81. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 03:17
    • ID:1O.xFEEf0 >>返信コメ

    • 助六が東京出てからも落語捨てきれず、働かなかったのが一番の原因と言えなくもないかなぁ。
      一応、みよ吉は男作っちゃ家出して、捨てられたから帰ってきたとしても、5〜6年はなんだかんだで助六と小夏を養ってたわけで
      まあ田舎だから評判は悪かったろうけどさ。
      助六だって感謝はしてたと思うんだ。
      でもさ、菊さんに尻叩かれるまで真っ当に働いてないわけで、それまでみよ吉や小夏を養うためには変われなかったんだよなぁ。
      まあ、呑んだくれてはいたが、賭事はしてないだろうから、本当に借金もツケレベルだったろうけどさ。
      菊さんの「あたしも連れてけ」と「捨てられた」が本当に痛い。
      二期頼みます。円盤ちゃんと買うから。
    •   0  
    • 82. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 03:28
    • ID:ioft.lN.0 >>返信コメ

    • 元々、助六は、菊は本当はみよ吉の事が好きで両想いだって知っていたのに、親友(義兄弟)?の彼女のみよ吉に手を出してるし、みよ吉を菊にとられそうなのがイヤで、菊が我慢して身を引いてもみよ吉が戻ってこないかもってのもイヤで、みよ吉つれて無理心中したって感じでしょ。助六嫌い。みよ吉もみよ吉だけど、傷心な所に優しくされたら寂しくてくっついちゃうでしょ。弱みに付け込んで酷いよ。せめて幸せにしてやればいいのに。助六はみよ吉と小夏が宝物!って言ってたけど、全然宝物として大事にしてない感じでしょ。本当に遅いよ!みよ吉が怒ったり、少し嬉しかったりで混乱するのもわかる。みよ吉に(破廉恥な?)酷い商売させて子どもに働かせて自分は働かない、飲んで暴れる、そして菊が1番大事にしている落語の才能があるのに粗末にしている、みててイライラする最低なヤツ。昭和って、今と違って女が働いて稼ぐってかなり厳しいよ。家族が大事なら大事にすればよかったじゃないの。みよ吉に見限られても当然で、助六は落語大好きな子夏をひきとって落語に復帰して、菊とみよ吉を祝福してやればよかったのに、できなくってみよ吉連れて心中って・・。超身勝手。もし、落ちかけて服をつかまれた時、あそこで助かろうとがんばってたらよかったのに。もしかしたら自分かみよ吉か助かっていたかもしれない。厳しい状況だったけど・・。
      落語の才能のあった助六は家族に恵まれて落語を捨てて、落語の才能があるのか不明だけど一生けん命やってる菊は落語だけで超孤独に・・。うまくいかないね!
    •   0  
    • 83. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 03:32
    • ID:4nmZ.JKw0 >>返信コメ

    • 善意で開いて大盛況に終わった落語会の夜にその噺家を事故で亡くした旅館の亭主が可哀想だと咄嗟に思ってしまった
      変な噂が立って営業に支障が出なければいいけど……
    •   0  
    • 84. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 03:57
    • ID:ioft.lN.0 >>返信コメ

    • みよ吉が「アンタ、ごめん」って言ったのは、2通りは考えられるね。
       A.「アンタ、(浮気したけど)ごめん(アンタの所に戻るわ)」ってのと、
       B.アンタ、(アンタと小夏の事捨てようとしてたけど)ごめん、(アンタの所に戻れないわ。でも助けようとしてくれてありがとう。感謝。)

      どっちだろう?
      やっぱり本名よばれた後だから絆感じてA?
      それとももっと違う感じ?

      原作も読んでみたいけど、アニメで続きみたいです!
    •   0  
    • 85. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 04:03
    • ID:ZzSVu6qi0 >>返信コメ

    • >>67
      「 死神 」になっちまったねぇ・・
    •   0  
    • 86. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 04:11
    • ID:1O.xFEEf0 >>返信コメ

    • 原作を読んでる側からすると「いや、違うんだ」と言いたくなる12話
      確かに一番気の毒なのは旅館の旦那かもしれん
      なんか助六見てると藤山寛美を思い出す。
      女遊びに借金で、舞台を追われたけど復帰して、その日の演目を客のリクエストで決めるとかいう無茶振りで演った人
      結構、東京にいた頃の助六は若手の面倒見たり、寄席に客を呼ぼうとあれこれしてたと思うんだ。
      本当に落語が無けりゃただの穀潰しなんだけど、みよ吉にすれば、落語の何が良いのかわからない!てのがこの二人にとって一番不幸だったのかなぁ。
    •   0  
    • 87. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 04:32
    • ID:Uijc0v5c0 >>返信コメ

    • あの高さなら死なんのんじゃない
    •   0  
    • 88. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 04:52
    • ID:KYyk3NRC0 4 >>返信コメ

    • だめや...クソ泣ける...
    •   0  
    • 89. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 05:05
    • ID:l2bJ61jd0 >>返信コメ

    • 事故説だとしても小夏にはつらい話だ。
    •   0  
    • 90. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 05:38
    • ID:.wcjXqUN0 >>返信コメ

    • >>7
      実はいます
      詳細は再び与太郎編で
    •   0  
    • 91. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 05:55
    • ID:u.0NdaqX0 >>返信コメ

    • >>86
      みよ吉のその不幸も多分「落語は人間がいなきゃできねぇ」ってやつの裏表だよ

      つまり、何て言うのかな…これをひっくり返して考えてみると
      今まで他人とあまりいい関わり方をしないような人生を送ってきたみよ吉にとっては
      笑い話も人情話も自分と程遠く只々癇に障るばかりのもんだったのかもしれねぇ、ってことだ
    •   0  
    • 92. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 06:28
    • ID:FWqtYyDS0 >>返信コメ

    • 僕街の後に、現実を見せられちゃったなあ
    •   0  
    • 93. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 06:54
    • ID:oieIPYXp0 >>返信コメ

    • >>83
      逆に考えるんだ
      この事故がなかったら、あの老朽化した窓辺で、将来、もっと大勢の客が落ちる大事故が起こっていたかもしれない
      その遺族が面倒な人だったりしたかもしれない
      それが、身よりの少ない2人の犠牲だけですんだ、と
    •   0  
    • 94. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 08:01
    • ID:3L9f.jAV0 >>返信コメ

    • ラストの事故の場面、いいシーンなのに
      めぞん一刻の五代くんが足を折るひと幕が
      頭にちらついてしまう
    •   0  
    • 95. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 08:03
    • ID:3L9f.jAV0 >>返信コメ

    • ふたりが死んでしまうのは1話からわかっていたけど
      それでも辛いな
      酒飲んで酔いつぶれて、目が覚めたら
      なんだ、あれは夢だったか、てなんねえかな
    •   0  
    • 96. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 08:07
    • ID:3L9f.jAV0 >>返信コメ

    • はしゃぐ小夏、助六の決意の芝浜、
      一人を望むのをやめた菊比古、
      スタッフロールまでは希望に満ちてたのに、なあ
      上げて落とすにも程がある
    •   0  
    • 97. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 08:08
    • ID:MiH5PfoE0 >>返信コメ

    • >>59
      もう噂は聞きましたか?
      そしてその目で確かめましたか?
    •   0  
    • 98. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 08:10
    • ID:3L9f.jAV0 >>返信コメ

    • 助六が舞台に出てくるときの、小夏を指さして
      にかっと笑うところが、なんか好き
    •   0  
    • 99. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 08:14
    • ID:3L9f.jAV0 >>返信コメ

    • 明るい廊下から真っ暗な部屋に入っていく場面が
      すごい不吉な感じだった
      ここから話も闇の奥へ突き進むよ、て感じ
    •   0  
    • 100. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 08:18
    • ID:F8p.p6NS0 >>返信コメ

    • 芝浜良かったよなあ。原作読んでたから、枕部分で涙でてきたわ。

      二人の死にはまだ秘密があるから、これが心中オチじゃないとだけ言っておく
    •   0  
    • 101. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 08:37
    • ID:f1TSDUlo0 >>返信コメ

    • 薄ら氷心中が「私はひとりぼっち」で終わるのはラストの助六の言葉全部がみよ吉には届いてなかったからなのかと思ってたけど、コメ欄見る限り全く違う意味っぽいな
    •   0  
    • 102. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 08:39
    • ID:evlyZqWA0 >>返信コメ

    • 古典だと「子別れ」も好きですね。すっかり関係の冷めた別居してる夫婦が子供をカスガイにして元のさやに修まる話。助六とみよ吉にははまらなかったね。
      事故なら仕方無いのか?と思いつつ、あれはほんと心中みたいで事故とは割りきれない(T-T)
    •   0  
    • 103. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 08:55
    • ID:3mhN1isc0 >>返信コメ

    • 菊の助六とみよ吉に会いにいった行動そのものが
      間違っていたのでしょうか。

      よく別れた異性と連絡をとったり、会いに行くこと自体
      未練がましく、過去を引きずっていると言われるが
      まさに菊がそれだったのか。

      菊が来なければ、みよ吉は色を売り、子夏は出稼ぎに出て、
      助六が自堕落な生活でそれぞれ日常があったわけで。
      菊自信も後悔を抱えながら、それをある種原動力にして
      噺家として生きていけたのでしょうか。
    •   0  
    • 104. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 08:59
    • ID:OHjrC.N40 >>返信コメ

    • >>29
      つんぼ桟敷にめくら滅法
      古典芸能由来の由緒正しい日本語なのにね
    •   0  
    • 105. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 09:01
    • ID:3L9f.jAV0 >>返信コメ

    • あそこで手すりが壊れなかったとしても、
      三人の行く末が破滅以外の結末になりそうもないのが切ない
    •   0  
    • 106. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 09:02
    • ID:oieIPYXp0 >>返信コメ

    • 芝浜は、昔の時代劇「大岡越前」でシナリオのネタに使われてたっけ
      他にも、目黒のさんまとか、たまに落語のストーリーをベースにした回があった
    •   0  
    • 107. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 09:09
    • ID:bZ.pZGK60 >>返信コメ

    • ここも原作原作原作…

      談志の芝浜でもみるかな
    •   0  
    • 108. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 09:17
    • ID:OHjrC.N40 >>返信コメ

    • 時代は助六のような破天荒な人物こそを必要としていたのにな
      そして真相はどうあれ助六はなおさら落語をやめるべきではないとも思った
      菊さんは助六復帰のためなら喜んで東奔西走してくれたろうに

      菊さん来訪で起こった悲劇ではあったろうけど
      そうでなければ落語に未練たっぷりの助六も前に進めず
      行く末は娘を巻き添えにゆっくりと破滅していたろう
      みよ吉もあんな生活ではどの道長生き出来まい
    •   0  
    • 109. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 09:39
    • ID:3L9f.jAV0 >>返信コメ

    • 菊比古さん、みよ吉に呼び出されてからのくだりは
      話をいろいろと盛ってるぽいけど、助六が落語をやめる、と
      いったときの菊比古の顔、あれは盛ってない、本当にあったこと
      だったんじゃないかと感じた
    •   0  
    • 110. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 09:47
    • ID:3L9f.jAV0 >>返信コメ

    • みよ吉って結局は誰かと愛し合いたかっただけなんじゃないか、
      利用され、だまされ、すてられるばかりだったから、
      愛し方も愛され方も知らなかっただけで、
      だから、最後の最後に助六に愛されてることを実感できて、
      少しはみよ吉は救われたのかな、
      とか思ってたんだけど、
      何度か見返してるうちに、八雲さん、虚実取り混ぜて語ってないか、て思えてきて、
      真実は救いの欠片も無いもんだったんじゃないか、て疑惑が止まらない
    •   0  
    • 111. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 10:09
    • ID:57k5f5jD0 >>返信コメ

    • 皆が原作原作って言うから本当の死因気になってしゃーない
      原作買うわ(`・ω・´)
    •   0  
    • 112. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 10:13
    • ID:PUIzEck.0 >>返信コメ

    • 先週のみよ吉out菊さんInで荒れてた家庭が幸せなBLカップルと連れ子と言われてたのが嘘みたいだ
    •   0  
    • 113. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 10:25
    • ID:qgg7Xq430 5 >>返信コメ

    • 終わるのが勿体無いくらいのアニメ
    •   0  
    • 114. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 10:46
    • ID:dVjpis6SO >>返信コメ

    • あんな形で置いてかれた菊さんが可哀想過ぎる
      もしかしたら見かねた松田さんや旅館の旦那方が
      事件を事故として収束させてくれたのかもしれないね
    •   0  
    • 115. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 10:51
    • ID:.wcjXqUN0 >>返信コメ

    • 管理人さんスレタイうまい・・・・とは
      言えないよ・・・
    •   0  
    • 116. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 11:14
    • ID:kBf7mKkGO >>返信コメ

    • >>104
      長浜監督3部作『コンバトラーV』『ボルテスⅤ』『闘将ダイモス』が原因だそうですね。気の毒な人々を侮辱しているし、過激でけしからん表現も多い。しかも幼い子供が沢山見ている。いかん、こんな事、見聞きさせたら駄目な大人が出来てしまう…生まれたのが放送禁止用語だそうです。
      落語だけでなく、昔話、童話、古い児童文学等、朗読でさえ放送電波に載せられない作品は沢山あります。
    •   0  
    • 117. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 11:18
    • ID:sdBRdRj60 >>返信コメ

    • ああネタバレ見ちゃったよ畜生バカだね俺も・・・
      低評価になってるの何て言ってんのかねとかいらねえ事考えたらこれだよ・・・
      まあこんな間抜けはそう居ないと思うけどアニメ組の人は気を付けてな
    •   0  
    • 118. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 11:40
    • ID:yra53gz20 >>返信コメ

    • >>18
      八雲師匠のあの辺の語り、絶対なんか隠してると思う。そう思う理由↓
        1・小夏の記憶と矛盾がある
        2・助六の言動がまんま芝浜のコピー
        3・転落シーンが非物理的。あの状況が会話が可能なほど保つと思えない
      まあ、2と3はそもそもこれフィクションだから!今までもこんな演出あったし!で片付くけど、1に関しては明らかにおかしい。
      真相はもっとエグくて、小夏に聞かせるのをはばかって二人の死に際を美化したのでは?
    •   0  
    • 119. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 11:46
    • ID:DvzgX.om0 >>返信コメ

    • 芝浜は初代のバカボンでもオマージュした位の有名な話だしね。落語知らなくても「芝浜」「時蕎麦」「じゅげむ」は名前だけは知ってる人も多そう。
    •   0  
    • 120. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 11:48
    • ID:OHjrC.N40 >>返信コメ

    • こんな経験してしまったら普通は落語出来なくなりそうだよね
      松田さんの献身もあったろうけど菊さんは立派に
      有楽亭の看板を継いで落語界の第一人者となっている
      この事件さえも糧として芸に昇華させたのなら切ないが

      心に深手をを負ったまま与太が来るまでは松田さんと
      助六の遺児の小夏しか傍に置かなかったのだから
      菊さんは自分のことをずっと責め苛んでいたんだろうね
    •   0  
    • 121. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 11:51
    • ID:2Rbu3GK70 >>返信コメ

    • >>103
      助六の落語が必要だったり生活能力の無い二人を心配しての事だから間違ってたとばかり言えないけど
      元恋人とその旦那、子供とで一つ屋根の下一緒に暮らそうなんて本当に甘い夢というか、なんというか…
      連れ帰っていても遅かれ早かれ破綻していたろうなとは思う
      頭のいい菊さんらしくないと思うけど、菊さんも一人きりになってやはり寂しかったのかな
    •   0  
    • 122. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 11:52
    • ID:yra53gz20 >>返信コメ

    • >>61
      子供だっているのにね。
      あのシーンは自分も思わず修造になっちまったわ
      「諦めんなよォ~~~ッ!」
    •   0  
    • 123. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 11:53
    • ID:kBf7mKkGO 4 >>返信コメ

    • 夫婦とも白髪…幸福の象徴だけど、女の色香を武器に、生きてきたみよ吉に取って、不吉な言葉だったかもしれない。憎んでさえいたかも。取り柄の色香は加齢とともに容赦なく衰えていく。みよ吉45歳、場末の娼婦として荒れた生活をしているから、健康状態も良くないだろう。鏡を観る度に日に日に老いていく、自分の姿に恐怖しただろう。『やっと来てくれた』皺だらけの老婆になる前に再会出来た安堵、美しい人気噺家と遊女の相対死こそ、幸薄い自分の人生の終焉を飾るに相応しいと定めた決意…。狂気こそ悲劇の原因かもしれない。
    •   0  
    • 124. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 11:58
    • ID:yra53gz20 >>返信コメ

    • >>80
      みよ吉はユリアではなくアミバだったのか‥!
    •   0  
    • 125. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 12:29
    • ID:tuEI4H0D0 >>返信コメ

    • ※123
      そういや菊さん前に老いた花魁が心中しようとする話をやってたな、みよ吉は助さんの説得にぐらついてたし潔く落とされたら落語のまんま自分だけ飛び降りてみよ吉は飛び降りないエンドになったかも
    •   0  
    • 126. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 13:31
    • ID:QcKEpLqz0 >>返信コメ

    • みよ吉菊さんと会ってない数年の間に想像以上にぶっ壊れてた。
      こうなったのも菊さんのせいって・・・

      未練があった相手に会いに行ってはいけないということだな。別れてからの数年の間にぶっ壊れてたら殺されるということだなぁ。
    •   0  
    • 127. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 13:45
    • ID:dVjpis6SO >>返信コメ

    • 身だしなみも整え満場の客に迎えられて
      高座で渾身の芝浜を演る助六はまさに水を得た魚
      みよ吉、聞き分けてくれよ
      魚を乾上がらせるような人間は
      あの2人に関わっちゃならんのよ
    •   0  
    • 128. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 14:21
    • ID:h0HTDRPF0 >>返信コメ

    • ある意味助六がまだ落語に未練があることがあの自堕落な生活を続けさせた部分はあるだろうし、そういう落語への執着を受け継いだ小夏が、その小夏や助六を食わせるために嫌な仕事もしているみよ吉にいい顔しなかったっていうのも考えると
      いい事か悪い事かは置いておくにしても、少なくともあの時点ではみよ吉が落語を憎む理由はわからなくはない 少なくとも彼女から見た時、やっぱり落語の道に戻ろうと言う助六は「勝手なもんだわ」という印象を与えただろう 男から見れば「誘ったのはお前だ」となるんだけどね
    •   0  
    • 129. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 14:22
    • ID:MO7u3LTT0 >>返信コメ

    • >>81

      >一応、みよ吉は男作っちゃ家出して、捨てられたから帰ってきたとしても、5〜6年はなんだかんだで助六と小夏を養ってたわけで
      >まあ田舎だから評判は悪かったろうけどさ。

      これ、ほんとそう思う。
      持ち逃げしたお金がどれぐらいで尽きたかは分からないけど、
      飲んだくれダメ亭主の代わりに家計を支えてたんだよね。
      「汚らわしい」なんて、あの年頃の子供が言うような言葉じゃないし
      周りの大人のウワサとかが小夏の耳にも入ってたんだろうなぁ
    •   0  
    • 130. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 14:28
    • ID:kBf7mKkGO >>返信コメ

    • >>126
      菊さんとみよ吉の関係を、人気アイドル歌手と熱狂的なファン、に置き換えると危険性がわかると思います。昭和時代、こまどり姉妹の妹に人気俳優との噂が起きました。嫉妬に狂ったファンに襲われて、妹を庇った姉が死にかける…事件がありました。菊さんの誤算は、男女関係を超えてしまってる事に思いいたらなかったから…考えてます。
    •   0  
    • 131. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 14:30
    • ID:VmzKKmCq0 >>返信コメ

    • 散々ネタバレされてるのにドヤ顔で「真実じゃないのでは?」って他人と同じ考察書いてる人たち
      痛々しくて見てらんない
    •   0  
    • 132. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 14:47
    • ID:kBf7mKkGO >>返信コメ

    • 小夏が助六の落語に傾倒する理由も、わからなくもない。あの家にはラジオもテレビもない。絵本はおろか漫画本さえもない。貧しいから貸本屋の利用さえ、できなかったかもしれない。父親の落語を聞いてはいけない、酷かもしれない。
    •   0  
    • 133. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 14:57
    • ID:S8U9oVy3O >>返信コメ

    • >長浜監督3部作『コンバトラーV』『ボルテスⅤ』『闘将ダイモス』が原因だそうですね。

      ええーッ、超名作じゃん。人権派とかサイテー!あれに涙する様な優しい人間に育てるのがスジだろ。だいたいツノや羽が生えてる異星人とも異文化共生しちゃうぐらいブっ飛んで進歩的なのに、なんで規制すんだお!
    •   0  
    • 134. ガッノータ
    • 2016年03月27日 15:36
    • ID:C9Y8pxsS0 >>返信コメ

    • 予想と違って事故か…と思っていたのですが、一つ二つ捻りが有りそうなのですね…2期無いとダメでないですか。

      芝浜は3人が良い具合に絡まっていたのに直後悪く絡まっちまうとは……
    •   0  
    • 135. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 16:09
    • ID:1O.xFEEf0 >>返信コメ

    • そもそも、働かなかった助六が悪いんだけど、東京でも生活の面倒は菊さん任せで、菊さんが世話しないと身なりもまともに出来ない。
      みよ吉も東京では助六が酒浸りなのを咎める様子がなかったし、あの時点では「馬鹿な男ね、あんた」レベルだったんだろうなぁと
      で、田舎に移って、盗んだ金も尽きて、そうなると助六の優しさよりも自堕落で甲斐性なしな所ばかり目についたと。
      助六の場合、面倒な尻拭いしてくれて小言言いながら世話をやく菊さんとずっと一緒だったから落語だけ考えてれば良い生活だったわけで、その落語が出来なきゃ何すれば良いのかわからないし、何も出来んだろう。
      性根入れ替えて真っ当な生活たって、菊さんに言われれば働きに行くけどみよ吉だと働かないわけで、結局、助六を動かしたのは菊さんでみよ吉に対する情じゃないというのがな
      みよ吉に感謝してなっかたとは言わないが
    •   0  
    • 136. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 16:10
    • ID:UC03PYc.0 >>返信コメ

    • オチ(物理)
    •   0  
    • 137. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 16:14
    • ID:yra53gz20 >>返信コメ

    • >>131
      だって
      ネタバレコメが管理人さんの配慮で閲覧できないようになってから来たんだもんw(管理人さんGJ!)
      ここまであえて原作は読まずに先の展開想像して楽しんでたんだから、
      痛々しくても最後まで生温い目で見ててくれやw
    •   0  
    • 138. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 16:24
    • ID:1O.xFEEf0 >>返信コメ

    • みよ吉は落語やってる菊さんが綺麗だから寄席に行くの、と言ってるから熱心な追っかけファンレベルとは思う。
      無名の頃から応援していて、菊さんの「特別」は私だと他の女達に自慢して見せびらかしたい風もある。
      だけど、菊さんにとって落語がどれだけ大事かを理解して無い所があるから、あれでは「両思い」は難しい。だって、あれじゃ菊さん支えられない。
      助六に対しても「また落語のこと考えて、頭がおかしくなる」は慰めでも、支えでも無いんだよ。
      助六も菊さんも落語があるから生きていける。それを理解しないま、私だけを見てと縋ったら普通は捨てられると思うんだ。
      だって、あの二人に対して落語全否定だもん。
    •   0  
    • 139. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 16:31
    • ID:yra53gz20 >>返信コメ

    • >>135
      同感。つくづくみよ吉は何も考えてないな(今さらだけどw)
      東京いた時から信さんはああだったろ、と
      あんたはそんな信さんに手を焼く菊さんをずっと傍で見てたんだから
      こうなる事くらい簡単に想像ついたろ、と
      そんな人と乳飲み子かかえてどうやって食っていく気だったんだよ?と
      何べんテレビの前でつっこんだ事か‥w
    •   0  
    • 140. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 16:36
    • ID:kBf7mKkGO >>返信コメ

    • アニメでは描かれてないけど、昭和40年代は上方落語界は壊滅寸前。昭和35年頃から起きた演芸ブームによって、コント芸人やコンビ漫才師や新作落語家によって寄席場から古典落語家が仕事を奪われてしまうのです。江戸と違って、落語専用の定席小屋を持ってなかったのも敗因であります。2006年8月に繁昌亭が完成するまで、上方古典派落語家は「さまよえるオランダ人」よろしく寄席場探しに苦労する事になります。コント55号、てんぷくトリオの登場で、東京浅草も人事ではなくなりますが。古典派の菊さんが、革新派の信さんを探す理由の一つだったと考えられます。
    •   0  
    • 141. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 17:06
    • ID:m1.BhfyH0 >>返信コメ

    • このアニメで落語に興味持った人は「いい客」という言葉にビビらずに、
      気楽に落語聞きに行って下さいね。
      笑いどころは大体演者の方で調節してくれるはずなんで、イケメンにワーキャー言うとか
      でなければ、笑いたいところで笑うでOKだし。

      >>140
      そもそも浅草の演芸自体、ナイツが出てくるまでコント55号が最後の輝きだったという
      印象(だからこそ逆にビートたけしは浅草で芸人になることを選んだ)だけど、
      落語側から見るともっと深刻だったのね…。
    •   0  
    • 142. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 17:12
    • ID:h0HTDRPF0 >>返信コメ

    • というか、その「落語が全てなんだ」という情念で捨てるもの・その暗黒面として残るものがまさにみよ吉ってキャラなんだけどね 物語後半からどんどん芸の道が(というか芸にかぎらず何か道を極めようとすることが)人間性否定と紙一重で、それが業なのだという話が出てくるけど(その落語論に対する是非はともかくとして、あとその八雲に対比される他のキャラクターたちも面白いんだけど)、そこで捨てられるものを象徴として一心に身に受けるのがみよ吉というキャラなんだよね この物語の中では
      だからこそみよ吉は菊比古のそういう部分を理解できて無い人物で「なければならない」 陰と陽みたいな話で、菊比古の芸への傾倒を描けば描くほど、みよ吉は反対側の業を代表するキャラになっていく それを傍から見ると愚かさにも見えるって話なんだよね
    •   0  
    • 143. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 17:45
    • ID:2Rbu3GK70 >>返信コメ

    • >>131
      個人的にはドヤ顔でネタバレしてる人達のが痛いと思うけど・・・
    •   0  
    • 144. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 17:50
    • ID:yXfGq0n8O >>返信コメ

    • アニメ化するにあたりいろいろググッたりPV見たりして、助六はどうやって死んだのか?って謎は好奇心から来る楽しみですらあった
      それなのにこんなに辛くて悲しい真相だったことが衝撃で泣けて仕方なかった
      むしろ知りたくなかった気すらしてくる
      この回をもう一回見直す勇気はいまのところ無い…
    •   0  
    • 145. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 18:21
    • ID:h0HTDRPF0 >>返信コメ

    • >>142
      急いで書いて読み返したらワケの分からん文章に…
    •   0  
    • 146. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 18:25
    • ID:EX5FTujj0 >>返信コメ

    • 悲しい……悲し過ぎるよ……
    •   0  
    • 147. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 19:03
    • ID:N1cEBTV5O >>返信コメ

    • 涙ペロが頭から離れない
    •   0  
    • 148. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 19:08
    • ID:iqa7Rq6z0 >>返信コメ

    • ネタばらししてる人って関係者に迷惑かけている意識がないんだよね…最低
    •   0  
    • 149. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 19:16
    • ID:oWCyMTRfO >>返信コメ

    • 悲しいタイトル回収やね
    •   0  
    • 150. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 19:21
    • ID:oWCyMTRfO >>返信コメ

    • 掴んだのがオビだったら助かってた…わけないか
    •   0  
    • 151. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 19:27
    • ID:AkR2VLhK0 >>返信コメ

    • 助六は、最終的にマイナスになっていたとはいえ、一応「噺家」と
      いう職に就き、人気も上々で収入はあった。その、落語しか出来ない
      人間から落語を取り上げたんだから当然の結果でしょ。

      F1マシンに、レース場だけでなく一般道での走行も禁止し、
      工場構内でフォークリフトの代わりを強要するようなもん。
    •   0  
    • 152. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 19:43
    • ID:4tuo4.T20 >>返信コメ

    • タイトル回収はこの後の時代がもどってからの与太郎の話になってからだから、気になる人は原作を読んでみるといいよ
      あくまでこの話は過去であって、「落語心中」のいわば動機みたいなもんだから
    •   0  
    • 153. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 19:46
    • ID:kwlZEOYW0 >>返信コメ

    • >>150
      どの道足の不自由な菊比古にはつかむのが精一杯じゃない?
      二人分持ち上げるって相当キツいぞ
      下手すればこっちの肩も外れるし支えが不安定だし・・・
    •   0  
    • 154. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 19:53
    • ID:w366oEq.0 >>返信コメ

    • 原作買おうと思うんだけど
      この続きって何巻から?
    •   0  
    • 155. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 19:59
    • ID:AZh3UGYw0 >>返信コメ

    • 前半と中盤からの落差が凄くてほんわか~絶望に叩き落されてカンジで未だに落ちてます
      前回のみよ吉の壊れかたから 死因は転落死じゃなく 壊れたみよ吉が菊さんとの心中を図ろうとしたのを新さんが庇ってみよ吉はその場かどこかで自害したんだと思った
    •   0  
    • 156. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 20:07
    • ID:RmvZ4OQo0 5 >>返信コメ

    • 。・゚・(ノД`)・゚・。
    •   0  
    • 157. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 20:08
    • ID:S8U9oVy3O >>返信コメ

    • 「もう、あの頃には戻れない」

      その絶望感、喪失感って、四十歳過ぎると割と理解出きるんだよなあ。。。だからって普通の人は死にはしないんだが、みよ吉の激情、助六の純粋さはその普通の人のリミッターをあっさりブチ破ってしまった。愚かだし、無責任だし、救い様が無いんだけど、俺は寧ろ惹かれてしまうんだよ、この物語のほろ苦い後味に。
    •   0  
    • 158. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 20:29
    • ID:4tuo4.T20 >>返信コメ

    • >>154
      今回で5巻の半分ぐらいまで
      そのあと、5巻の途中から現代編にもどる。来週どのくらいやるかによるけど、5巻全部はできないはずだと思うから、5巻からでよいと思う
      最新刊は9巻
    •   0  
    • 159. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 20:58
    • ID:9RL5GFUA0 >>返信コメ

    • なんだろう…凄い違和感が。あるぇ?菊さんそんな人じゃないよーな???
      てっきり自分は、殺される覚悟でみよ吉探し→菊さん刺される寸前かばってみよ吉に刺される助さん(当時拳銃はなかったと思うんだ。あと第一話では腹押さえてたよーな??)→最期の力でみよ吉と一緒に心中
      と思ってたので、凄い意外な展開だった( ; ゜Д゜)ウワー三角関係の位置がそっちかあああ
    •   0  
    • 160. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 21:02
    • ID:ojLXtedmO >>返信コメ

    • ストーリーとは関係なく、ちょっと寄っ掛かったくらいで手すりが折れる宿が圧倒的に悪い。
    •   0  
    • 161. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 21:12
    • ID:3L9f.jAV0 >>返信コメ

    • 幸せ一杯にはしゃぐ小夏がほほえましいやら切ないやらで、
      もう、予告の小夏の険しい形相がきついのなんのって
    •   0  
    • 162. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 21:18
    • ID:3L9f.jAV0 >>返信コメ

    • >>159
      わかる。菊さんの涙ぺろーんで、あっれぇぇえええ、て
      なった
    •   0  
    • 163. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 21:21
    • ID:w366oEq.0 >>返信コメ

    • >>158
      ありがとう
    •   0  
    • 164. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 21:23
    • ID:e4mAzAyc0 >>返信コメ

    • 助六が落語に一辺倒でのめり込めるようあえて不倫に走ったんじゃないかという擁護
      なおむしろそのせいでみよ吉を選ばれた模様
    •   0  
    • 165. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 21:23
    • ID:YMNLEmCx0 >>返信コメ

    • >>75
      坊主憎けりゃ袈裟まで憎い
      実際に自分が産んだ子を愛せない母親っているものですよ
      それにもしみよ吉が小夏を連れて行っても良くてネグレクト、最悪大人の食い物にされてもっと悲惨な目にあう可能性が高かった
    •   0  
    • 166. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 21:32
    • ID:3L9f.jAV0 >>返信コメ

    • 1話を見返したとこなんだけど、
      ロクデナシの印象が強かった与太郎なのに、
      落語の稽古も研究も熱心だし、
      可愛がってくれるのは嬉しいけど、厳しく落語を仕込んでくれって言っちゃうし、
      師匠を怒らせたら、素直に反省して、すがりつくように謝るしで、
      なんつーか、スーパー助六じゃねーか
      次回が楽しみ
      二期も楽しみ
      八代目の救いになってくれ。頼むから
    •   0  
    • 167. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 21:36
    • ID:kBf7mKkGO >>返信コメ

    • >>160
      欄干(らんかん)と言います。流石に橋とか城の天守閣の欄干とか丈夫に作ってあります。けど旅館のはあくまで装飾で雨風で傷みやすいので修復し易いように、あえて外れやすくなってます。大の大人がのしかかる事を想定して作ってないです。

      楼閣建築または高楼建築と言いまして、仏塔に使う建築様式です。明治時代、西館に感銘を受けた商人達が地元の大工に頼んで作ったのが、多階層楼閣建築様式の旅館です。写真や口伝を頼りに制作したので、仏塔に近い作り方をしています。
    •   0  
    • 168. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 21:39
    • ID:3L9f.jAV0 >>返信コメ

    • もう、お前ら結婚せえ、な前回からこう来るか
      なんつーか、こう、もっと手心というものをだな…
    •   0  
    • 169. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 21:42
    • ID:3L9f.jAV0 >>返信コメ

    • ラストの飛沫が赤く染まる演出がもう
      間接的に描くことで、ますますエグッてきやがる
    •   0  
    • 170. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 21:47
    • ID:kBf7mKkGO >>返信コメ

    • 西洋建築の小型バルコニーは、階段が狭くてタンスなどの大型家具が搬入しにくいので、バルコニーに滑車をつける事を前提にしてるので、メチャ丈夫に作ってあります。
    •   0  
    • 171. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 21:49
    • ID:.aBQxSEs0 >>返信コメ

    • 菊のつかんでいた手の先の、助六とみよ吉が暗闇(地獄)へ落ちていくシーン。もう芸術!!
    •   0  
    • 172. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 21:50
    • ID:BXIok9Gn0 >>返信コメ

    • こうなるのはどうしようもない事だった気がする。
      敢えて言えば、そもそも八雲に弟子入りしたのが間違いでもっと派手な芸風の師匠に入門すれば良かったのにね、というところまで遡るかも。上方なら春団治、江戸ならこの頃は誰だろうかね。
      菊さんのモデルは今回の明烏で八代目桂文楽とはっきりしたかな。
    •   0  
    • 173. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 21:53
    • ID:3L9f.jAV0 >>返信コメ

    • みよ吉の、次に会うときは地獄よ
      ってのは結局なんだったんだろう
      菊比古とよりを戻すつもりなら、
      あんな事は言わないとおもうんだが
    •   0  
    • 174. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 21:59
    • ID:SOgN2jGDO >>返信コメ

    • 菊さんの涙べろんは驚いたけど理解はできるかなぁ。結局落語を選びはしたけどみよ吉への恋情も確かにあって、それを切り捨てた罪悪感に自分の気持ちをすり替えてた。ただ憎まれるだけだったならきっと罪悪感のままでいられた感情が、すがりつかれて求められて、箍が外れちゃったんだろう。憐憫だって情は情だよね。
      捨てられた、って言葉が重いなー菊さんツラい…!
    •   0  
    • 175. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 22:02
    • ID:3L9f.jAV0 >>返信コメ

    • 心中ってのは真心を捧げることだ、
      一緒に死ぬのはその表現のひとつに過ぎない、
      てのをなんかで読んだことがあって、
      一緒に死ぬのがなんで愛情表現になるんだ、て思っていたけど、
      今回を見て、一人で死なせないことぐらいしか、
      してやれないときってあるんだなって思った
    •   0  
    • 176. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 22:05
    • ID:3L9f.jAV0 >>返信コメ

    • >>166
      言い忘れた。
      小夏の救いにもなってくれ。頼む。
    •   0  
    • 177. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 22:08
    • ID:ucM1VcHC0 >>返信コメ

    • 最後の転落事故にもまだ続きがあるようだから来週期待してみてみるう・・・

    •   0  
    • 178. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 22:16
    • ID:3L9f.jAV0 >>返信コメ

    • 前回のみよ吉の二人会のチラシを見ての
      あのバカ亭主、またこんなことを、みたいな台詞を思い返してみると、
      助六はそれまでも何度も落語家に戻ろうとしていたのかも
    •   0  
    • 179. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 22:18
    • ID:3L9f.jAV0 >>返信コメ

    • 芝浜を聞いたときは、
      これは助六、酒をやめるか、と思ったけど、
      CM開けたら全然そんなことはなかったぜ
    •   0  
    • 180. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 22:20
    • ID:1O.xFEEf0 >>返信コメ

    • みよ吉が好きなのは「綺麗な菊さん」な訳で、あれがメタボな40男だったら、意外と菊さん助六小夏の三人で東京に戻れたんじゃなかろうかと思ったり…
    •   0  
    • 181. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 22:25
    • ID:yra53gz20 >>返信コメ

    • >>162
      自分もだわ。なんというか、唐突な感じ。
      でも>>174の意見にも首肯できるんだよ。菊比古はずっと自分の感情にフタして生きて来ただろうから。
      一つ気になるのは、あのシーンの直前にみよ吉が「あんな子(←小夏)いらない、捨てる」ってとれる発言してる事。
      ツイートの方の感想にもあったけど、あれ本当に言ったなら
      菊さんのトラウマをモロにえぐる禁止ワードのはずなんだけど‥?
    •   0  
    • 182. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 22:25
    • ID:3L9f.jAV0 >>返信コメ

    • 1話の小夏、仕事にも就いた社会人なのに
      八代目の家から出て行かないのは、
      それでも八代目との緣を断ち切りがたく思ってるのかな
    •   0  
    • 183. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 22:25
    • ID:OHjrC.N40 >>返信コメ

    • >>165
      助六はみよ吉が不在の時に落語を小夏に仕込んだんだろうから
      娘までもが大嫌いな落語に傾倒するのが耐えられんかったんだろう
      挙句ヒステリー気味に落語を禁じたらそりゃ娘から嫌われるし
      自分自身可愛いと思えなくなったろうね
    •   0  
    • 184. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 22:31
    • ID:3L9f.jAV0 >>返信コメ

    • 何回か見返してるんだけど、助六布団で幸せそうに寝てる小夏を
      見るたびに、こう、鼻の奥がツンツンとさあ。
      このあと、父ちゃんも母ちゃんも死んだよ、て告げられるんだぜ?
    •   0  
    • 185. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 22:35
    • ID:OHjrC.N40 >>返信コメ

    • >>181
      そう言えば髪切ってやってるときに
      母ちゃん嫌いと言う小夏を嗜めていたね、菊さん
      自分の境遇のこともあるから胸に刺さったんだろうかねぇ
    •   0  
    • 186. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 22:39
    • ID:2Rbu3GK70 >>返信コメ

    • >>180
      それ有り得るかもしれないw
      ただ病みきったみよ吉の目には「昔の綺麗な菊さん」しか写らなくなってるかも
      ちょっと違うけど整形依存症の人が現実が見えなくなって化け物のようになっても整形を繰り返しちゃうみたいに
      みよ吉が欲しいのは自分と恋人同士だった頃の菊さんであり、自分を捨てた後立派に暮らしていけてた菊さんじゃあないのかもね
    •   0  
    • 187. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 22:39
    • ID:3L9f.jAV0 >>返信コメ

    • この作品、なんつーか、アニメならでは、だな
      映画でもドラマでも表現できなかったと思う
      特に落語のシーン。なんて言うか、アニメだからこそ、
      て感じがする。
    •   0  
    • 188. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 22:41
    • ID:MO7u3LTT0 >>返信コメ

    • >>173
      みよ吉は後先考えない場当たり的な言動が多々あるからなぁ・・・

      菊さんに対して「あてつけみたいなことしてごめんね」とか計画通りみたいな素振りだけど、
      相手の気を引くために反射的に言ってるだけで、小夏のことをかわいく思えないとか言ってるのも、
      本気じゃないと思いたい・・・
    •   0  
    • 189. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 22:48
    • ID:2Rbu3GK70 >>返信コメ

    • >>125
      想像して笑ってしまった
      もちろん菊も助かって一件落着ですね!
    •   0  
    • 190. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 22:49
    • ID:3L9f.jAV0 >>返信コメ

    • 芝浜のフルバージョンを映像特典でつけてくれるなら、今すぐBD予約する。
      いや、マジだって。画なし、音声だけでもいいからさあ、
      なんとかなんない?
      あ、できれは野ざらしもお願い。
      あ、七代目の子別れも出来ればひとつ。
      おっといけねえ、与太郎の出来心は外せねえ。
      って、八代目の死神、ヤングバージョンと熟成バージョンを忘れるって、すっとこどっこいにもほどがある。
      ……キリがねえな。
    •   0  
    • 191. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 22:53
    • ID:MsbFghMd0 >>返信コメ

    • みよ吉は、汚いし、働かないしとか助六のこと言ってたし
      助六も、それを受けてか
      落語をやめて、きっちり働くとか宣言してたけど

      「噺家」で、大成する亭主じゃ駄目だったのかなーとか
      つい思ってしまう 今更だけど
    •   0  
    • 192. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 23:12
    • ID:kBf7mKkGO >>返信コメ

    • >>191
      世界の本田総一郎だろうと、エジソンだろうと、
      「仕事一筋で、私の事なんて顧みてくれないの(号泣)」
      若い社員か書生を誑かして、会社の金庫から売掛金を盗んで駆け落ち。
      「私は人生の選択を間違えた(号泣)」
      エンドレス愚痴になると思います。
      前回も「どうしたらみよ吉を幸せに出来るか?」大喜利をやったら、どう頑張っても場末の格子女郎しかならなかったような…。
    •   0  
    • 193. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 23:14
    • ID:3L9f.jAV0 >>返信コメ

    • みよ吉の、あてつけってひと言に心底どん引きした
    •   0  
    • 194. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 23:32
    • ID:.0HRwjTm0 >>返信コメ

    • >>131
      アニメ組の考察をそうやってバカにしたり事情通気取りで「原作ではこうなんだ」ってネタバレするほうが痛いわ
      見てらんないなら見なけりゃいいのよ
    •   0  
    • 195. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 23:46
    • ID:1O.xFEEf0 >>返信コメ

    • みよ吉の場合、「一度だけ許して」、って言ってる時点でな。
      その程度で助六から落語取りあげようとしたのかと、菊さんを怒らせこそすれ喜ぶはずも無い。
      あれじゃ、菊さんが落語漬け生活した時点で、また他の男と出て行くのが目に見えるよう。
      それを菊さんの気を引きたいから、私を放っておくからとか言いそうでさ。
      「試すようなことを」って菊さんが言ってる時点で見透かしてる所があるから、復縁は無いと思うんだ。
      本当にみよ吉だけがわかってない。
      小夏の「かーちゃんなんかいらない」が正しかったと菊さんが気づくのが遅かった…
    •   0  
    • 196. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月27日 23:47
    • ID:NWwCz81C0 >>返信コメ

    • >>127
      みよ吉がいたからこそできた落語、
      というのも二人にはあったと思うんだけどねえ。
      もちろん二人には才能や努力もあったけど。

      落語というものにとっては三人が出会う事で豊かになったけど、
      人間としての関係は相性が良い三人ではなかったんだね…
    •   0  
    • 197. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 00:00
    • ID:MrJ.N6Cb0 >>返信コメ

    • >>187
      この作品、声優さん達のすごい努力の上に成り立っているから。まず、みなさん台詞を江戸弁に直して台本に赤いれてるし。山寺さんと石田さん、尺に会わせて落語いじってるそうな。山寺さん、ストップウォッチ持ち込みで尺に合わせて落語をなおし、石田さんもここは削って、ここはのばしてと台本ぐちゃぐちゃでほとんど直して演じてるそうだから。
      ちなみに11話の夫婦落語は打ち合わせなしの真剣勝負だったらしい。本当に、どんだけ気合い入れてこの役をみなさん演じてるのかと。若手では出来ないのも無理はない。
    •   0  
    • 198. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 00:20
    • ID:9i0XnaDyO 4 >>返信コメ

    • 私の大伯父と大伯母と大伯母の友人(元芸者!)が『昭和元禄落語心中』の大ファンです。面白いドラマを深夜に放送しているんだ、昼間にやれと怒ってました。昔の昼ドラ『君の名は…』みたいで面白いそうです(^^;)
    •   0  
    • 199. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 00:23
    • ID:EFc0REkK0 5 >>返信コメ

    • 「落語は生きるための手段」というのは菊さんのほうだと思ってたけど、本当は助六さんのほうがそうだったのかもね。人との繋がりを保つための。
      落語に対する思いも深いけど、家族とどちらか、と自分に問うた結果は奥さんと子供をとった。
      それまでは自由奔放に生きているようで、随分自分の心に蓋をしてきていたような気がする。

      ・「親なんてくったこともない」
      ・菊さん「学校に行かなきゃ」「いってらっしゃーい」(目そらし)
      ・菊さんからみよ吉さんに誘われたと聞かされても「へー、そうかい」(目そらし)

      強がってる分、根が深そう。菊さんも助六さんの本当に求めていたものを助六さんの才能に目がくらんで見誤っていたのかな、と思う。
    •   0  
    • 200. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 00:39
    • ID:9i0XnaDyO 4 >>返信コメ

    • 助六の方が菊比古より前に、みよ吉と出会っている。小夏が生まれてからの六年間以外にも、満州で出会い、日本に帰還するまでの地獄の数年間もあります。満州での地獄の体験こそ、二人の刹那的な在り方の根源かも知れない。
    •   0  
    • 201. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 00:44
    • ID:ehkr1.K20 >>返信コメ

    • >>180
      菊さんが「キモオタ AA」の画像検索で1番目に出てくるような姿になってたら百年の恋もいっぺんに醒めてくれるのかもしれないw
    •   0  
    • 202. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 00:47
    • ID:q8WC530.0 >>返信コメ

    • いつもあにこ便さんの記事は丁寧だけど、この記事は特に丁寧に感じるなあ。何度も何度も読み直してしまうw
      感謝です!
    •   0  
    • 203. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 01:12
    • ID:.DQkJwFA0 >>返信コメ

    • >>173
      >みよ吉の、次に会うときは地獄よ
      >ってのは結局なんだったんだろう

      あれは「もう一生アンタの顔なんか見たくない!」の怨み節が入った表現かと思っておりました。
      あとで後悔したって許さない、生きてる限り金輪際会ってやるもんか‥という意思表示なのかと。
      自分の勝手な解釈では、
      「次に会うときはあの世よ。でも薄情者の菊さんも、不道徳な生き方してるあたしも地獄落ちするに決まってるわねwwwフン、上等よ!!」
      といった感じの、みよ吉一世一代の啖呵かと。
      的外れでしょうか?

    •   0  
    • 204. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 02:23
    • ID:MrJ.N6Cb0 >>返信コメ

    • もう、菊さんが嫁で良いじゃないかと思った11話から、この落差…
      でも、あれが表していたような気もする。助六に合うしっかり者の女房にみよ吉がなれないことも、助六が落語をするなら、菊さんみたいに小言言いながらでいいから世話をこまめにやくような相手でないとつとまらないことも。
      小夏にとって良い母親は、助六の落語が大事だと言ってくれる人なことも。
      何ヶ月も三人で暮らして、このままの優しい生活を夢見たという菊さんが哀しい
    •   0  
    • 205. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 02:59
    • ID:9i0XnaDyO >>返信コメ

    • >>198
      戦前は旧制中学を優秀な成績で卒業すると、陸海どちらかの士官学校に入学出来るのです。海なら東郷平八郎元帥、陸なら広瀬中将、日露戦争の英雄の武勇伝を聞かされている当時の男の子の憧れの職業です。学費も免除されます。東京商船学校もあります。将来の職業(高給)選択の自由が増えるのです。羨むなと言うのが無理ですね。
    •   0  
    • 206. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 07:18
    • ID:SGBeEGmqO >>返信コメ

    • >あ、できれは野ざらしもお願い。

      石田彰に♪スチャラカチャンチャンと歌わせてええ(笑)
    •   0  
    • 207. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 07:23
    • ID:SGBeEGmqO >>返信コメ

    • >1話の小夏、仕事にも就いた社会人なのに

      仲居さんはあまり儲からないんだろ。部屋借りるにも身元保証人とかな。それに菊比古は嫌いだが、落語家は大好きという矛盾がある。普通のOLで落語に親しむなんてのも結構骨が折れる。
    •   0  
    • 208. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 07:29
    • ID:SGBeEGmqO >>返信コメ

    • >あれ本当に言ったなら菊さんのトラウマをモロにえぐる

      そんなのみよ吉を棄てた菊比古の言えた義理じゃないよ。

    •   0  
    • 209. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 08:53
    • ID:4muQyGDi0 >>返信コメ

    • >>116
      長浜アニメが原因だなんて初耳だな、
      あしたのジョーならわかるが
    •   0  
    • 210. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 09:09
    • ID:vYRMvMAy0 >>返信コメ

    • >>200
      戦争中って良い人も悪い人も、財産がある人も無い人も運が悪けりゃ死んでしまうわけですしね…
      昨日楽しそうにしてた人が今日は居ないのが当たり前の世界で
      先のことを考えるより目の前にある欲望に飛びつくのを責めるのは酷な気もしますね
      みよ吉さんも、気の毒な人ですね…
      それにしても、そういう視点からの捉え方もあるんですね、勉強になります
    •   0  
    • 211. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 09:19
    • ID:4R..VcV.O >>返信コメ

    • 小夏はお栄さんとこで働いてんだっけ?
      菊さんの口利きあったかもだけど母親のみよ吉には
      あんな不義理されたのにホントいい人だわ
      本来芸人の妻にはこんな人がぴったりなのよね
    •   0  
    • 212. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 09:21
    • ID:JkrQLVD10 >>返信コメ

    • そもそもあの時代に「仕事にも就いた社会人」でも女性の1人暮らしはあまり推奨されなかったよね
      実家から通える距離なら女性は実家から通うのが普通
      就職も1人暮らしと実家住みなら実家住みの方が採用される時代
    •   0  
    • 213. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 09:29
    • ID:4R..VcV.O >>返信コメ

    • 菊さんにしてみれば小夏には自分達を不幸のどん底に叩き込んだ
      落語なんかに傾倒せずどっかいいとこに嫁に行って
      平凡な幸せを得て欲しいとの親心あったかも

      昭和のあの時代は特にいいとこの娘が家を出て働くなんて
      アバズレ呼ばわりされかねない時代だったのよ
    •   0  
    • 214. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 10:30
    • ID:hbt6sGkv0 >>返信コメ

    • 女は働いてても「社会人」とすらみなされなかったしね
    •   0  
    • 215. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 12:32
    • ID:SGBeEGmqO >>返信コメ

    • >就職も1人暮らしと実家住みなら実家住みの方が採用される時代

      だって親御さんがしっかりしてる家の方が安心だし。一人住まいの女性なんて誰と繋がってるかわからんだろ。現に小夏は××な相手と。。銀行員だったりするとそういうのマズいよねえ?
    •   0  
    • 216. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 14:51
    • ID:Y.LNjsMn0 5 >>返信コメ

    • これも、菊彦こと八雲師匠の独白だから、どこまでほんとか、どこかに隠してることがあるかわからないんだよな。
    •   0  
    • 217. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 14:59
    • ID:9i0XnaDyO >>返信コメ

    • 落語協会は昭和52年に文化庁の主務庁として、社会法人の認可されます。業務内容は色々あるけど、古典落語系の文献の収集と研究(大学の文系学部とのコラボ)、無形文化財の保護として和楽器演奏家(下座の姐さん達の事)の育成に力を入れてます。落語好きな小夏なら、落語を学ぶ為に落語に近い八雲師匠の側に居続けると思います。
    •   0  
    • 218. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 15:56
    • ID:9i0XnaDyO >>返信コメ

    • 太平洋戦争末期は兵役のせいで労働男子が不足、都市部のインフラ維持を女性が支えていた時期がありました。電車の運転、線路のポイント切り替え、電気系の修理、切符きり、電話線交換業務、郵便受付、郵便物配達業務、女性の消防団もありました。召集された男性社員が復員してくるまで、女子が働いていた会社もありました。大正から昭和初期なら兎も角、職業夫人=アバズレと考える人は少ないです。
    •   0  
    • 219. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 16:04
    • ID:9i0XnaDyO >>返信コメ

    • 昭和50年代(西暦1970年代)は日米間で起きたウーマンリブ運動の最盛期だから、与太郎の時代なら女子の就労に関するハードルは下がっている筈です。婦人警官が誕生するのも昭和50年代。
    •   0  
    • 220. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 16:51
    • ID:0U728IaY0 >>返信コメ

    • コメント欄見させていただきましたが、この番組のコメント欄は、ゆったりと、今まで知らなかった知識を知ることができて自分得。
      欄干の造りとか、知りませんでしたし、時代背景とか。毎回じっくり読ませていただいております。

      来週最終回かと思うと残念(笑)
    •   0  
    • 221. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 17:14
    • ID:.DQkJwFA0 >>返信コメ

    • >>218>>219
      横からですが
      「アバズレ」扱いされかねないのは、職業婦人ではなく、女性の一人暮らしの方です。
      昭和の終わり頃、平たく言えばバブルの頃に就活した者ですが、記憶ではあの人手不足・売り手市場の真っ只中でも
      面接官ははっきりと「一人暮らしの女性はちょっと困ります、素行面で‥」といってましたよw(私の暮らす地域がかなり保守的というのもあるでしょうが)
      ちなみに言われたのは私ではなく一緒に面接を受けていた他の女性です。彼女は地元では高レベルの大学の寮暮らしで、卒業後も郷里に帰らずこちらで就職しようとしているだけ。別に親の目を盗んで遊び暮らすために実家を離れているわけではないのに「一人暮らし」というだけでもう半ばそういう扱いでした。
      小夏は恐らく高卒、実家が近距離なのに家を出て一人暮らしをしていたら、残念ながら世間は完全に色メガネで見たことでしょう。
    •   0  
    • 222. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 17:28
    • ID:SGBeEGmqO >>返信コメ

    • 明治に始まった学校教育の普及で、職業夫人の数は大正から昭和になるにつれ、どんどん増えていたわけですが、今みたいに、自分でカネ稼いでるんだから、なにしようとどこに住もうとアタシの勝手よ、なあーんて理屈は当時は通らないんです。お父さんは許しませんよ、と言われたらそこでもうジ・エンド。
    •   0  
    • 223. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 17:29
    • ID:.DQkJwFA0 >>返信コメ

    • >>216
      ですよねー、二期を熱望
      どっかで署名活動とかやってないのか?
    •   0  
    • 224. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 18:10
    • ID:0Tvmw57S0 >>返信コメ

    • 十代の家出娘は今でも良い目では見られないけど、「駆け落ちした娘」もみよ吉の時代では
      相手の男に逃げられたらもうまともな結婚は出来ない。お見合いの世話をしてくれる人はまずいないし、真っ当な男性からも結婚相手としては相手にされない。
      本来なら駆け落ちするからにはそれだけの覚悟がいるし、捨てられたら1人で生きていくと腹をくくらなきゃいけないんだよね…
      夢を見ちゃったのが間違いの始まりだった
    •   0  
    • 225. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 18:31
    • ID:W2GUE3rR0 >>返信コメ

    • みよ吉、悲しい人と言っても周りを巻き込んだ印象があるから悪女だ
    •   0  
    • 226. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 18:38
    • ID:JkrQLVD10 >>返信コメ

    • >>215
      他のコメにもあるけどそう言うことじゃないんだよね
      女性は嫁に行くまでは不純異性交遊をすべきではないという考えが根底にあり、
      実家で親の監視下にあるなら大丈夫、1人暮らしなんぞしているのは「操を失った女」として世間から白い目で見られるし、そんなふしだらな女はうちの会社には入れられないって事です。

      現代で言ったらAV女優や風俗嬢くらいの認識かも
    •   0  
    • 227. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 18:43
    • ID:.DQkJwFA0 >>返信コメ

    • >>208 
      どうも、>181です。アンカーないけど多分自分宛だと思うので。↓
      >そんなのみよ吉を棄てた菊比古の言えた義理じゃないよ。

      本当だね。ただ、これは自分の文章力が低いせいなんだけど
      それをどうこう言いたくてああ書いたんじゃないんだ。ごめんね。
      要は「今回の後半パート、どこまでホントでどこから師匠の作り話なんだよ?」って言いたかったんだ。
      菊がみよ吉に別室に呼び出されて復縁を迫られたところまではどうも真実っぽいけど、その後の3人の言動が自然なような、不自然なような、スッキリしない感じがね。
      それでみよ吉のくどき文句の中に「小夏なんかかわいくない、二人だけで東京行かない?」て感じの言葉があったから不思議に思ったの。
      コメ181でも書いたけど、あれは菊にとってトラウマ刺激する許せない言葉なんじゃないの?あれ聞かされた後何も考えずあっさりみよ吉の言いなりになるかな?
      ということが書きたかった181でした。


    •   0  
    • 228. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 18:57
    • ID:SGBeEGmqO >>返信コメ

    • >要は「今回の後半パート、どこまでホントでどこから師匠の作り話なんだよ?」って言いたかったんだ。

      そらあ原作読めばわかるみたいよ。でも俺は全巻買ったけどまだ読まずに置いてある。二期がきっとくるハズだと信じて暫く読まずに置いてある。また石田彰の落語を聞きたい。小林ゆうにマクラだけでも演じてもらいてえ。もちろん与太郎の真打ちだって。
    •   0  
    • 229. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 19:05
    • ID:4R..VcV.O >>返信コメ

    • 小夏は一応良家の子女の範疇だろうから
      行儀見習い名目でお栄さんとこで働かせてもらってんじゃない?
      昭和も末なら寮完備の企業も増えて地方からの女子就業も
      だいぶ門戸が開かれてた頃
      ただしその土地に身元保証人としての親族が居住している方が
      採用され易かったかな
      それでも女子は数年経ったら結婚退職するものと見做されてたよ
    •   0  
    • 230. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 19:05
    • ID:LOZQPmLY0 >>返信コメ

    • ただ原作のどんでん返しの部分まで読んでも、実際に起ったことが詳細に示されるわけではないんだよね だから回想のどの部分が事実でどの部分が嘘かは明確にはわからない
    •   0  
    • 231. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 19:20
    • ID:pXbCQcs30 >>返信コメ

    • >>230
      原作では是非最終回までに真実を回収してほしいと切にねがってます。薮の中ではすっきりしない。
    •   0  
    • 232. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 19:24
    • ID:9i0XnaDyO >>返信コメ

    • 一人暮らしの女は…敬遠される理由の一つに、過去の学生運動の悪影響もあると思います。日米安保理の是非をめぐって起きた学園紛争ですが、学生闘士の中には女子生徒の参加者も多かった。次第に手口も悪質化した事から、都内全域を対象とした大規模な警察による一斉摘発を行いました。男子禁制の筈の女子校通いの学生専門の下宿屋やアパートの部屋から、学生運動家(性別男)がゴロゴロ確保。企業の女子社員寮もありました。人事からのまた聞きですが、私が勤めていた会社もです。姉が弟を匿ってたんです。バブルの頃の面接官なら、過去の騒動を知っている人が多いと思います。
    •   0  
    • 233. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 21:50
    • ID:gPaEelm90 >>返信コメ

    • みよ吉って、落語が嫌いなんじゃなくって落語が恋敵なんじゃないか。
      落語を捨てででもわたしを選んで欲しい、そこだけは絶対にゆずれないって感じ。
      でも、仮に菊さんが落語を捨てて抜け殻みたいになったら、
      「落語をやめた菊さんがこんなつまんないひとになるなんて思わなかった。なんか、だまされちゃったかな」
      とか言い出しそう。助六への扱いを見るとさ。
      なんか、菊さんとみよ吉、出会った時点で詰んでないか。
    •   0  
    • 234. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 21:53
    • ID:gPaEelm90 >>返信コメ

    • 1話を見たときは、助六って与太郎みたいなひとだったのかな、と思ってたけど、
      ここまで見た限りだと、
      与太郎はみんなを大好きなお調子者ワンコ、
      助六は気まぐれひねくれグータラ
    •   0  
    • 235. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 21:57
    • ID:gPaEelm90 >>返信コメ

    • ごめん、なんか送信されちゃった。
      助六は気まぐれひねくれグータラにゃんこ、
      て感じ。
      性格の共通点って、飼い主には菊さんが最適ってとこぐらいだな。
      この物語に救いをもたらしてくれるのは、今のとこ、与太郎の健やかさぐらいしか見当たんないけど、二期があったら、この希望、応えてくれんのだろうか。
      もしも、与太郎にも洒落んならない闇があったらどうしたもんか。
    •   0  
    • 236. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 22:13
    • ID:gPaEelm90 >>返信コメ

    • 助六と与太郎がもしも顔を付き合わせてたらどうなるんだろう。
      めっちゃ意気投合するか、取っ組み合い寸前の喧嘩になるかのどっちかになりそうだけど。
      でも、今の菊比古さんみたいに年食った助六がそもそも想像つかないな。
      どんなんだろ。エンジェルハートの冴羽僚? 亀仙人? それとも両津勘吉? 白澤? それとも意表をついて、愚地独歩?
    •   0  
    • 237. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 22:18
    • ID:gPaEelm90 >>返信コメ

    • >>228
      ほんと、後半全部が嘘って感じでも無いしね。
      でも、みよ吉の「あんた、ごめん」ってのは本当であってほしい。
      これが、「あんたさえ居なければ!」とか鬼の形相で罵りながら落ちてった、とかだった日にゃあ、もうどうすりゃいいんだか。
    •   0  
    • 238. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 22:21
    • ID:gPaEelm90 >>返信コメ

    • >>236
      喧嘩する二人に、
      「いい加減にしな」
      って水をぶっかける菊さんは簡単に想像できた。
    •   0  
    • 239. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 22:27
    • ID:.DQkJwFA0 >>返信コメ

    • >>236
      談志だろw
    •   0  
    • 240. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 22:32
    • ID:gPaEelm90 >>返信コメ

    • >>239
      確かに
    •   0  
    • 241. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 22:37
    • ID:qAzzaXNC0 >>返信コメ

    • 助六に雰囲気似てるって言われる与太郎だけど実際性格やなんかは随分違うよね
      落語に関して天才ってわけでもなさそうだし、前科者とはいえ入門後の素行はめちゃくちゃではなさそう
      あとお師匠さんのいうことは素直にハイと聞くしオバカだけど明るい
      確かに犬っぽい……関智の声がつくと更に素直な与太っぷりが際立つ感じ
      素直さや明るさが救いをもたらしてくれると信じて2期を強く望みますわ
    •   0  
    • 242. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 22:39
    • ID:gPaEelm90 >>返信コメ

    • みよ吉にとっての菊さんて、結局はお客の延長上の存在だったような感じがする
    •   0  
    • 243. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 22:41
    • ID:9i0XnaDyO >>返信コメ

    • 助六の師匠が小さん師匠なら……200回位は刀の錆にされそうですね。小さん師匠は北辰一刀流の免許皆伝、新撰組を生み出した奥多摩郷士の流れを組む剛傑だから、毎日が喧嘩になりそう(^_^;)
    •   0  
    • 244. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 22:45
    • ID:gPaEelm90 >>返信コメ

    • 助六の落語は、威勢良く背中を押されて、ほらほら、いいからそっち行ってみろって、て感じ
      菊比古の落語は、やさしく手をとって、こっちですよ、て、引いてくれる感じ
      与太郎の落語は、隣で、さあ、行きましょうって足取りに釣られてついてっちゃう感じ
    •   0  
    • 245. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 22:51
    • ID:gPaEelm90 >>返信コメ

    • なんで助六は成仏できてないんだろう
      落語も娘も託せる相手に託せてるし、
      迷うほどの未練や無念があるとも思えないんだけど
    •   0  
    • 246. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 22:56
    • ID:gPaEelm90 >>返信コメ

    • 小夏の野晒し、すっげえ楽しそうで、見てるだけでウキウキしたのに、これからの小夏にあの野晒しができるとは思えない
    •   0  
    • 247. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 22:57
    • ID:3pUaGnM50 >>返信コメ

    • >>85
      前回信さんが菊さんに
      「お前さん・・・なんて面になりやがった。死神みてぇだ・・・」
      と言っていたのを思い出した・・・
    •   0  
    • 248. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 22:59
    • ID:9i0XnaDyO >>返信コメ

    • 与太郎は第1話でイタリア製スーツ来て現れてる。刑務所の警務作業で貯めた金を、はたいて買っただろう。服のチョイスはヤクザクオリティなのが、残念だけど。靴や時計を合わせると百万円近くすると思う。刑務所時代は模範囚で、働き者で、手先は器用だったと推定される。怠け者の助六と与太郎は正反対だと思う(^_^;)
    •   0  
    • 249. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 22:59
    • ID:X52x9v5D0 >>返信コメ

    • 小夏が芝浜みながら泣いてるとこでもらい泣き…。機能不全家庭で育った子供が見ると切なかったんじゃないかなあ。こんな風に父ちゃんもぐうたらなりに、母ちゃんも亭主を今一信用してないなりに、幸せにうまくやってけたらよかったのになあ。
    •   0  
    • 250. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月28日 23:34
    • ID:4R..VcV.O >>返信コメ

    • 与太郎は全くの落語素人で教えを乞う立場だから腰が低かった
      一歩間違えば命取られる任侠の世界に身を置いていたので上下関係は弁えている
      翻って助六入門時を振り返ると、躾が為されてない浮浪児同然の子供で当然ながら礼儀も弁えてない
      子供らしい怖いもの知らずで根拠のない自信に満ち溢れて図々しく生意気でもあったね

      でも与太郎は助六の芸に傾倒して行ったから、対峙していたら素直に土下座して助六に教えを乞うたんじゃなかろうか
      お調子者の助六だからそんな相手に悪い気はしないだろう

      これまでの経緯が経緯だから助六に対してはどうしても辛口評価になってしまうな
    •   0  
    • 251. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月29日 00:56
    • ID:DGJ6nCT1O >>返信コメ

    • みよ吉と助六が亀屋旅館の四階から、転落死したのは事実。 死に至るまでの過程は、八代目八雲師匠の主観が入っている上に、小夏を思慮して優しい嘘が混じっている可能性あり。第1話で小夏には、幼少時の一時期の記憶がない事を考えると、両親が転落死に至る場面を目撃した可能性あり…アニメ版の情報だけでも惨たらしい見立てですね(>_<)
    •   0  
    • 252. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月29日 01:07
    • ID:9v0bEicr0 >>返信コメ

    • >>248
      >与太郎は第1話でイタリア製スーツ来て現れてる。~靴や時計を合わせると百万円近くすると思う。

      えぇえーっ、マジか!?あの頃の背広は確かオーダーメイドだぞ?

      >助六と与太郎は正反対だと思う(^_^;)

      宵越しの銭は持たない的な計画性の無さは似てませんか?
      248さんのお話からすると(笑)
    •   0  
    • 253. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月29日 01:17
    • ID:9v0bEicr0 >>返信コメ

    • >>245
      あの亡霊は
      八代目(菊比古)の助六に対する罪悪感や未練が見せる
      幻覚のような気がします‥
    •   0  
    • 254. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月29日 01:57
    • ID:DGJ6nCT1O >>返信コメ

    • >>252
      大伯父(職業ヤクザ屋の天敵)の話だと昭和50年代のヤクザ屋さんは『ゴッドファーザ』の影響で、イタリア製スーツで正装するのが流行したそうです。腕時計に関しては、イタリア製は残念な品が多かったので、スイス製のロレックスが大人気だったとか。時計が一番高価。
      「アルパチーノの真似なんかして、はっきり言ってダサかったぞ」大伯父談。

      行き当たりばったりな点だけは、助六も与太郎も一緒ですね(^_^;)
    •   0  
    • 255. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月29日 03:52
    • ID:DGJ6nCT1O >>返信コメ

    • 臨月から産後の肥立ちまで、流石にみよ吉も動けなかった筈だから、助六も働いていたと思う。向島から盗んだ金は、小夏の出産費用やミルク代に消えただろうし。問題は東京落語協会から上方落語協会を経由して、四国の天狗連(アマチュア落語愛好会)に向けて、破門された助六を高座に上げないよう勧告がなされた可能性がある。自力で高座を開いても決して笑わない、野次る、噺途中で客(天狗連の桜)が帰る等して、助六の落語が詰まらない事を世間に喧伝させた可能性がある。
    •   0  
    • 256. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月29日 04:07
    • ID:Nlfhzfwl0 >>返信コメ

    • 「落語辞める」っていう言葉は、東京で父ちゃんの落語見るのを楽しみにしてた小夏への裏切りだよなぁ...
    •   0  
    • 257. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月29日 04:24
    • ID:QOX6iApQ0 >>返信コメ

    • 菊さんは自分が捨てられた身の上だから、自分が深く関わった人たちは見捨てることが出来ないのかな
      ラストで文字通りどん底になったけど、予告の与太の声と笑う小夏のシーンで少し救われた、上手いね

      しかし菊さん助六みよ吉小夏の4人が一つ屋根の下仲良く暮らす図は全く想像できないw
    •   0  
    • 258. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月29日 08:57
    • ID:DGJ6nCT1O >>返信コメ

    • 太平洋戦争中、三代目三遊亭金馬師匠が空襲で家を無くした弟子達と家族を、自宅に保護した話があるから、菊さんが助六一家と同居する事を決めた事自体は驚かなかった。有楽亭八雲屋敷は大きいし、部屋数もある。先代八雲師匠は助六の破門を解かずに亡くなったので、落語協会に土下座してから、菊比古師匠に前座から再入門、働きながら昇進試験にトライアルするのが、現実的な復帰方法だと思う。前座のワリ(給料)だけでは、物価の高騰した東京で暮らしにくいだろう。潜在的人気はあるし、席亭さんには味方が多いから、昇進は速いと思う。みよ吉のせいで可能性は、闇に消えてしまったけど。
    •   0  
    • 259. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月29日 09:02
    • ID:N7olrKa70 >>返信コメ

    • そうか菊さんが弟子を取れるからそういう手段もあるんだな
    •   0  
    • 260. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月29日 09:28
    • ID:XuTxRcC9O >>返信コメ

    • 助さんは入門時、満州引き揚げ時、菊さん同居時、そして今と
      暮らしが良かろうが落ちぶれようが不潔で臭いのは変わらんね
      しかも師匠に逆らうし菊さんの言うことしか聞かないときたもんだ

      菊さんはなんとかこの一家を修復したいみたいだから
      同居してしっかり自分が管理してやるしかないんじゃない?
      でもみよ吉が旦那と娘そっちのけで菊さんに迫りまくりそうだから
      やっぱり破綻する未来しか見えないわ´・ω・`)
    •   0  
    • 261. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月29日 10:37
    • ID:9v0bEicr0 >>返信コメ

    • >>257
      >菊さん助六みよ吉小夏の4人が一つ屋根の下仲良く暮らす図は全く想像できないw

      「甘い夢を見すぎた」って述懐してるから、八雲師匠も今は257と同じ考えなんでしょうな‥(涙)
    •   0  
    • 262. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月29日 16:11
    • ID:.YL5E1mC0 >>返信コメ

    • 昭和の女性の就職は、今よりずっと厳しくて平成生まれの若い人には想像できない感じだよ。

      他の人も言ってるけど、就職時に「結婚したらやめます」って誓約書を書かせられる感じ。公→民間に変わったような大きな会社でも。

      一人暮らしで、さあ就職、なんてホント厳しかったと思う。

      学校でも女子は技術受講を希望しても「女性は家庭に入るから家庭科しかダメ」って先生に言われる感じ・・。(当時、男子は技術、女子は家庭科を習うって感じにわかれたりしてた。)

      会社に入っても仕事面で差別は続く・・。

      共働きなんてしようものなら、「ダブルインカムでいいね」とか嫌味を言われセクハラもあり仕事も限られ、子どもを預けて働こうものなら「バチがあたるよ」とか超なじられたり仕事は超超限られ、男性からもいろいろイジメを受けたりする感じ。職場によっても違うと思うけど。

      今と違うでしょ。

      だから、みよ吉は落語嫌いだったけど、亭主と子どもを養うために、かなり頑張ったと思う。そういう生活に疲れたんだよ・・。
    •   0  
    • 263. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月29日 16:27
    • ID:qwK6zHrE0 >>返信コメ

    • >>254

       そういえば、身なりと手みやげそろえたらテケツ代さえないって笑ってましたね。
    •   0  
    • 264. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月29日 18:27
    • ID:DGJ6nCT1O >>返信コメ

    • 七代目八雲師匠がユリエ(みよ吉の本名)を青線や白線の売春窟に放り込んだなら、マジ外道だけど、赤線の中でも格式も高く芸者教育に熱心な向島公娼窟だから不幸のドン底と思えない。年に二回健康診断もあるし、治療も受ける事もできたし、芸事を極めて師匠になった人もいます。赤線廃止後も見番(芸者組合)は健在なので、仕事は斡旋して貰えました。浅草、新橋、向島見番は、現在も組織力強いです。進駐軍兵士と結婚して幸せになった芸者もいれば、慰謝料をもぎ取って、商売を始めた芸者もいました。みよ吉は向島の店の売上金を盗んで、落語以外に取り柄のない助六を連れて、四国に逃げた……みよ吉の不幸は時代のせいばかりとは断言できない。
    •   0  
    • 265. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月29日 19:25
    • ID:N7olrKa70 >>返信コメ

    • >>262
      それ以前に
      みよ吉のような玄人女は堅気の仕事はそもそも出来ないでしょ
      経歴詐称しても玄人臭は誤魔化せない
      今よりずっと玄人と素人の境目がはっきりしてた時代だよ
      唄や三味線がいやなら飲み屋でも開けば良かったがどの道も投げ捨てた
      回避性人格障害なんではと思うくらい
    •   0  
    • 266. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月29日 19:41
    • ID:5wtyFPPg0 5 >>返信コメ

    • 自分アニメとか漫画にまったく感心がなかった人間で
      まだまだ学生ですがこの作品すごい引き込まれます。今まで韓国ドラマばかり見てて一番面白いって思っていたのに.......(少しずれますけど)最近の日本のドラマってなんかつまらないんですよね(好きな人いたらごめんなさい)
      でも韓国ドラマってストーリーが面白いし感動するしその後の物語に展開にドキドキするって言うか落語心中も同じで違いって言えば
      韓国ドラマ 善人 悪人の分別がある でも愛着がもてる人間は限られる
      落語心中 みんな悪くないし良くもない
      落語心中のキャラクターは全員に弱みもあるし
      なにしろとても人間臭い そして全てに魅力が感じられる 我々も人間ですから感情移入
      アニメとドラマを比べるのはおかしいかもしれませんがそれぐらい自分にとって衝撃的な良作
      でした。この作品に出会えてよかった。
      12話を見て泣きました。みよ吉は最後まで普通の女性だったのかも.....
      この作品確かに大人向けだけど子供の自分にもこの作品の奥深さがわかりました。いろいろ考えさせられるいい作品。
      原作も先まで読んで良い意味で裏切られました。愛情の裏返しって言うか 悲しさの中にも温もりがある
      最初とった行動が意味わからなかったけど後になってその意味がわかるし説得力がある
      中でも語っていたようにいつの時代も革新と保守ってあると思います。この伝統古典落語(保守的)をアニメや漫画(革新的)なもので見せている
      これが作風の中で語っていること。保守と革新は切っても切り離せないもの
      この作品がこれを物語っている本当にすばらしい!!!と感じています。
      【落語心中】を作った人たち関わった人たちを称賛したい。
      落語心中 サイコーーー!!!!
    •   0  
    • 267. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月29日 19:47
    • ID:5wtyFPPg0 >>返信コメ

    • 今更だけどなんか助六と菊比古が韓国映画の【王の男】中国映画の【覇王別姫】の主人公二人に似てる感じがするんだが
    •   0  
    • 268. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月29日 20:28
    • ID:DGJ6nCT1O >>返信コメ

    • 江戸時代は旅芸人の中には、娘歌舞伎を売りにしている一座もありましたが、舞台芸能は男子の独擅場ですね。大陸でも同様です。女優が職業として認められるようになったのは、19世紀になってからですね。
    •   0  
    • 269. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月29日 20:56
    • ID:dPk9xf6P0 >>返信コメ

    • 助六の亡霊が何なのかも後に語られるんだよね 落語に出てくる幽霊だのお化けだの結構曖昧な存在なんだけど、落語心中って割りと隙無く論理的に構築してる感じがする
    •   0  
    • 270. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月29日 21:57
    • ID:DGJ6nCT1O >>返信コメ

    • 戦時中の慰問芸人は陸軍情報局預かりになるから、一応軍属扱いになる。軍事訓練も施される。師匠の鞄持ちだった助六も、少年兵のカテゴリーに入る。満州帰還は、命令系統は殆ど瓦解に近く、最悪の撤退戦でもある。助六も地獄を見てきたと思う。船の中も安心安全とも言えない。病気や怪我で亡くなれば水葬、疫病を防ぐ為に、海上投棄される。戦後の助六は、ハイライトのない目を虚空に向ける事がありました。助六の自堕落や無気力は、PTSDの一種とも考えられる。みよ吉の行動にも可能性はあるのだけど。
    •   0  
    • 271. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月29日 22:46
    • ID:v9oGPsIu0 >>返信コメ

    • >>239
      これ思い出したw

      623 名前:なまえをいれてください[sage] 投稿日:2008/01/07(月) 13:52:17 ID:2uGRDg/W
      ちょっと談志なんの噺してんのよー

      624 名前:なまえをいれてください[sage] 投稿日:2008/01/07(月) 14:46:35 ID:HJDERIsl
      ヤベっ!志ん朝だ!隠せ隠せ

      625 名前:なまえをいれてください[sage] 投稿日:2008/01/07(月) 15:35:24 ID:Y6/1HECM
      ヤベっ!若手が滑った!拾え拾え
    •   0  
    • 272. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月29日 23:36
    • ID:cGRrLGzd0 >>返信コメ

    • しか芝居の時は良かったな
      助六がいい調子で座を仕切って
      みよ吉が菊さんに化粧を施して
      菊さんはやっと自分の芸を掴んだ

      三人のバランスが吊りあったのは
      あの時だけだったのかも知れないな
    •   0  
    • 273. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月30日 00:15
    • ID:4aNuBa4h0 >>返信コメ

    • タバコ吸ってる菊さんの色気やばい、とか思ってたらそれどころじゃなかった。助六の死因はずっと気になってたけど、まさかこんなにも衝撃的で悲しかったとは…。
    •   0  
    • 274. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月30日 01:19
    • ID:VdhWr0yi0 >>返信コメ

    • >>267
      有名無名ふくめて類事例はいくらでもあるよ。
      こういう陰陽対を成すキャラクター設定てのは、
      フィクションではベタな手法です。
    •   0  
    • 275. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月30日 01:27
    • ID:Y.cJIMqDO 4 >>返信コメ

    • 菊さんや小夏を通して人の情けに触れ、自分の落語を取り戻した助六なのに、美しい恋人との相対死に取り憑かれたみよ吉に命を奪われるなんて、やりきれない最期だ。残された菊と小夏が気の毒だ。
    •   0  
    • 276. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月30日 01:37
    • ID:VdhWr0yi0 >>返信コメ

    • >>254
      すっかり返信遅れた252です
      貴重な情報をありがとうございます
      当時の893屋さんの嗜好なんて、実際に間近で見た人でなければわかりませんね
      大叔父様にも252がお礼をいっていたとお伝えください
    •   0  
    • 277. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月30日 01:57
    • ID:VdhWr0yi0 >>返信コメ

    • >>242
      >みよ吉にとっての菊さんて、結局はお客の延長上の存在だったような感じがする

      いやいや。
      みよさんはむしろ玄人女に徹しきれなかったが故に、
      己と周囲に不幸を招いてしまった人なわけで。
      個人的には
      いくつになってもシンデレラ願望が消えなかったんじゃないかなーと思う。
      良く言えばいつまでも純情
      悪く言えば学習能力がなかった
    •   0  
    • 278. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月30日 01:59
    • ID:.tM5j4E20 >>返信コメ

    • みよ吉が落語嫌い=みよ吉が菊が好き

      みよ吉は娼婦って人いるけど、そうなの?

      まあ、でも娼婦でも芸者でも、みよ吉はヤラシイ目でみず、
      親身になって芸事を教えてくれたりする(人間扱いする)
      菊が本当に好きだったのであって、客の延長線上ってわけではなかったと思うけどな。

      だから、菊さんは違うってみよ吉も言ってて、菊とみよ吉の間には恋愛に似た物はあってもお金のやりとりなんかなかったのではないか、純粋な感情だったのでは、と思う。師匠とみよ吉の間はあったと思うけど・・。

      そして、それって、菊も、みよ吉も孤独で独りぼっちだったから、それをお互いに嗅ぎ分けたからって感じもする。

      みよ吉は玄人=悪女、って単純には考えられない・・。
      悪い点は多々あっても、娼婦でも、恋愛しないはずっていえないし・・。やっぱ菊は客じゃなくて現実逃避できる夢みたいな存在だったのではと思う。みよ吉の過去って不幸そうだし、教育もなさそうだし、なんか非難するのかわいそう・・。



    •   0  
    • 279. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月30日 02:31
    • ID:.tM5j4E20 >>返信コメ

    • みよ吉は助六からは落語を捨てさせようとしたけど、
      菊彦からは落語を捨てさせようとしてないと思うんだけど?
      なんかそんな描写あったっけ?
      それは無理ってわかってたと思うけどなあ・・。

      菊彦からは、落語とりあげてやる!じゃなくて、「私を捨てないで」ってだけだったと思う。ただ、落語が第一だったので、自分が捨てられたって事は感知してたと思うけど。
    •   0  
    • 280. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月30日 07:36
    • ID:rH8Y5ph.0 >>返信コメ

    • OPがみよ吉を見事に表していると思うわ

      分かんないの、幸せって何?
      どれがそれだってのよ
    •   0  
    • 281. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月30日 08:49
    • ID:4jlqg3xTO >>返信コメ

    • >>279
      駆け落ちは持ちかけてたね、それこそ何もかも捨てさせて
      仮にそれが成功してても腺病質ぽい菊さんは
      生きてく気力を失くし病に臥して儚くなってしまいそう

      高座にいるからこそ菊さんは美しいのに
      みよ吉は稀少な花を折り取って枯れさせ
      美しく囀る金糸雀から歌を奪い去ることをやってしまうんだよ
    •   0  
    • 282. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月30日 10:21
    • ID:Y.cJIMqDO >>返信コメ

    • >>279
      みよ吉と駆け落ちしたら、破門だから収入が無くなります。菊さんは足が不自由だし、仕事は限られます。アニメ版では描写はないけど、鍼灸やマッサージ(昔はあんま放送禁止用語で使えない)等の施術は受けてると思う。菊さんも40歳で加齢による筋肉の衰えで、古傷が悪化する事もありますしね。
    •   0  
    • 283. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月30日 13:15
    • ID:.s5ySfQU0 >>返信コメ

    • >>279
      いや、「真打ちになったらお稽古しなくていいんでしょ?」とか、「私を落語のお稽古よりも優先して」っていうのは端々にあったと思う。ただ、それを言うと菊さんの機嫌が悪くなるから、ごめんなさいと物わかりのいい顔でその場は引いただけだろう。
      カフェで就業中の菊さんにわざわざ会いにいったのは、菊さんファンの女の子達に「私は菊さんの特別なのよ」って見せつけたい節もあるし。
      「一緒に逃げて」は「落語すてて私を選んで」の最たるものだし。
      確かに菊さんが好きなのだろうけど、恋愛脳というか、「私が一番大事と言って、私が特別」扱いされたいというのが、あちこちに見えるんだけど。
      菊さんなり、助六なりにみよ吉が好きだし、情はあるけど、二人にとって「落語」は一生をかける仕事。だからこそ、みよ吉は、「落語」よりも自分を選んで欲しいとねだる。
    •   0  
    • 284. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月30日 16:28
    • ID:sExmVkvt0 4 >>返信コメ

    • 予想外の展開で、ハラハラしました〜
    •   0  
    • 285. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月30日 19:05
    • ID:Sjul.bER0 >>返信コメ

    • 前半の芝浜でほろっとさせられてからの後半のあの展開
      しかも真実とは違うかもしれないという
      原作読みたくなるなー
      菊さんの色気半端なかったし
    •   0  
    • 286. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月30日 21:42
    • ID:VdhWr0yi0 >>返信コメ

    • >>281
      >高座にいるからこそ菊さんは美しいのに みよ吉は稀少な花を折り取って枯れさせ
      >美しく囀る金糸雀から歌を奪い去ることをやってしまうんだよ

      助六にはまさにそれをやったよな、みよ吉さん。もっとも助六も好きこのんでそうされた節があんだよな~。何考えてたんだか‥
      まさかと思うが実は満州時代からみよ吉にガチ惚れしてたとかいうんじゃないだろうな?(助六タイプの男って、えてして本命の女にはとんでもなくオクテになったりするからな)


    •   0  
    • 287. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月31日 00:13
    • ID:1dOL8.8IO >>返信コメ

    • >>286
      助六の初めての女はみよ吉ではないか、と思う事があります。満州戦線も酷い場所ですから、女を知らずに死ぬのは可哀想だから、七代目八雲師匠が、みよ吉を初太郎(信さんの前座名)にあてがった可能性があります。
    •   0  
    • 288. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月31日 00:41
    • ID:r6.WcKRA0 >>返信コメ

    • 見入ってしまうストーリーと人間関係。しかし辛すぎる(´;ω;`)だけど良いアニメだ(*´▽`*)
    •   0  
    • 289. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月31日 01:11
    • ID:sxgaLapG0 >>返信コメ

    • >>281

      返信有難うございます。
      見直してみます。
    •   0  
    • 290. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月31日 01:51
    • ID:1dOL8.8IO >>返信コメ

    • >>281
      横レスすみません。第4話歌舞伎座で出会った時、信さんはみよ吉に向かって「お久しぶりです、ご無事でなによりです」挨拶してました。満州時代の知り合いだとわかりました。七代目八雲師匠は、信さんを追い払います。芸のために満州時代に、菊比古同様に初太郎にみよ吉を「あてがい女(江戸時代、新婚初夜に失敗しないよう若君に色事を教える女)」にしたなと考えてしまいました。女を知ったから要らないだろうと牽制した。菊比古に「みよ吉」の話題をふる度、真剣な顔をしていたので、心を残しているのではないか?と思いました。
    •   0  
    • 291. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月31日 03:15
    • ID:f5F0y4980 >>返信コメ

    • 266とか薄くしてやるなよw
      >>266
      韓流NGなw
    •   0  
    • 292. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月31日 04:12
    • ID:skrC7mJ50 >>返信コメ

    • 原作は途中までしか読んだことがないのでよくわかっていないんだけど、
      読み手(視聴者)が主に主人公から得る情報と事実は異なる場合があるなんて初めて知ったよw
      もしかしたら可能性の話をしているだけなのかもしれないけれど…
      メタっぽくて申し訳ないw
    •   0  
    • 293. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月31日 12:10
    • ID:1dOL8.8IO 3 >>返信コメ

    • 今回の話は菊さんの昔語りで、原作既読組さんのコメによると、小夏の為に優しい嘘を織り交ぜているようです。現実の刑事事件でも、証言者の主観で事実が歪む恐れがありますから、沢山の目撃証言を執りますもの。
    •   0  
    • 294. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月31日 12:33
    • ID:xHLt.6.f0 >>返信コメ

    • >>292
      うむ、実は原作組からネタバレがあったw
      あまりあからさまなのは非表示になってるけど。
      ただ、ネタバレなくてもいくつかアレッと思う箇所がある。
    •   0  
    • 295. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月31日 15:18
    • ID:1dOL8.8IO >>返信コメ

    • みよ吉が店の売掛金を盗んだのは、助六との相対死を演出する為の小道具だったのではないか。廓の売掛金には『みかじめ料』があるから、追跡がかかると思った。八九三に追われた末、破門された人気噺家と向島芸者の心中事件。新聞各誌は大賑わいで、事件に至る過程も調べるだろうし、菊さんの目に止まる。
      「今度会う時は、地獄ね」
      貴方のせいで、私達は死んだのよ。一生罪悪感を抱えて生きると良いわ。みよ吉の捨て台詞の意味ではないだろうか。所が何時まで経過しても追手は来ない。うまく隠れすぎたのかしら、御栄姐さんに手紙を出してみるが音沙汰なし。六年の歳月が流れ、助六の存在は世間から忘れ去られ、くたびれたオッサンになってしまった。心中する意味がなくなったので、助六を捨てたのではないだろうか。
    •   0  
    • 296. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月31日 17:11
    • ID:xHLt.6.f0 >>返信コメ

    • どうすんだよコレ
      2期来ないと妄想こじらせるファン大量発生だぞ(俺含む)
    •   0  
    • 297. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月31日 17:30
    • ID:1dOL8.8IO >>返信コメ

    • 原作者様曰わく、円盤の売り上げ次第らしい。その円盤の売り上げがよろしくない。放映時間がTBS、MBS夜中の2時以降のせいか、視聴率も宜しくない。原作本もアニメ放映の影響で売れてはいるけど、『ちはやふる』に比べるとイマイチらしいのです。アニメ版は原作を売る為のプロモと割り切る方向に行きそうです。
    •   0  
    • 298. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月31日 18:22
    • ID:1dOL8.8IO >>返信コメ

    • 落語は究極の独り芝居だから、俳優達に高い演技力が求められるから、ドラマや映画等のメディアミックス展開が難しい。もしも落語心中がドラマ化するとしたら八雲師匠の過去編だけで、大河ドラマ並みに予算が必要になります。ロボットアニメやカードバトル物と違って、玩具など関連商品が作りにくい。制作委員会制度のデメリットで銀盤が売れないと、ディーン的には赤字らしいです。銀盤とサウンドトラックを買ってねm(_ _)m
    •   0  
    • 299. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月31日 18:58
    • ID:huBMdUw50 >>返信コメ

    • 大人向けのグッズ作ろうず
      助六扇子とかみよ吉の着物とか8代目の杖とか
    •   0  
    • 300. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月31日 19:25
    • ID:.QDvaxqT0 >>返信コメ

    • 助六扇子と菊さん扇子はある。
      和風のアクセサリーもある。
      国籍怪しいファンタジーよりも落語心中を実写化して欲しいと意見あったけど、難しいと思うよ。石田さんと山寺さんの後、誰が八雲と助六出来るのかと
      七代目八雲の家中さんもオリジナルの野ざらし丸々一本吹き込んで提出したとか(山寺さんの師匠役は無理とオーデション無しで打診されたベテランさんが断った役)
      それこそ実写ならなおさら落語オーデションでもやらないと無理だろう。
      これベテラン声優さんが本気で役を取りに来てる作品だもん。
      松竹全面協力だった「ぴんとこな」の歌舞伎、映画の「昴」のバレエ、漫画じゃ迫力や魅力を出せるだけに芸事が身体に馴染んで無いと違和感半端ない作品になるよ。
      実際、「天才」「名人」「真打」「滑ってる」を演じ分けなきゃいけないわけで、前提の落語が出来んと「らしさ」も出せんだろう。
    •   0  
    • 301. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月31日 20:21
    • ID:huBMdUw50 >>返信コメ

    • あるのかw
      買ってくる
    •   0  
    • 302. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月31日 21:33
    • ID:1dOL8.8IO >>返信コメ

    • 落語心中で『師匠の過去編』RPGゲームを作っても、バットエンドだらけハッピーエンドが一つもないから、ゲーマのウケが悪いと思う。
    •   0  
    • 303. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月31日 22:11
    • ID:IC52QFhO0 >>返信コメ

    • 落語シーンの語りなら
      アニメの菊さんや助六の絵姿に、ベテラン声優さん声のこの布陣が最強のような

      実写、落語シーンを語りではなく
      しか芝居のように
      話を芝居風にしてくれたらいいのに

      円朝役で八十助さんが語りをやった芝居(牡丹灯籠)もあったし
      若手の役者さんならきっと立ち姿もキマルと思うなあ
    •   0  
    • 304. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月31日 23:08
    • ID:1dOL8.8IO >>返信コメ

    • >>303
      落語パートを鹿芝居風ですか。『タイガー&ドラゴン』が劇中劇で演じてましたね。それは今のTBSでは難しいです。大岡越前を始め、TBSが所有していた時代劇のノウハウごとC.A.LをNHKに売ってしまいましたから…(;_;)
    •   0  
    • 305. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月31日 23:24
    • ID:xHLt.6.f0 >>返信コメ

    • >>302
      いや、ホラー系サウンドノベルならいけるかもよ
      幽霊出てくるしw
      選択によって未来が変わる、みたいな。
    •   0  
    • 306. アニメ好き名無しさん
    • 2016年03月31日 23:39
    • ID:1dOL8.8IO 4 >>返信コメ

    • 落語心中4話の林原さんが、歌った小唄『梅の香』は良い唄でした。林原めぐみレーベルで小唄・都々逸CD出して欲しいです。
    •   0  
    • 307. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月01日 00:25
    • ID:.uzhFHH.0 5 >>返信コメ

    • せつねええええええええ!
    •   0  
    • 308. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月01日 08:10
    • ID:rEYJeZiY0 5 >>返信コメ

    • 七代目が初太郎(助六)にみよ吉をあてがい女に・・って話、歌舞伎座で七代目が初太郎には「おめえにはもったいない、寄るな」みたいな事を言ってたし、夜、初太郎もみよ吉のことをあれは2号さんだよな?、みたいに言ってたので、違う気がする。
      助六にとってみよ吉が初めての女かもってのも、
       ・助六は娼婦を二人分買おうとしてて全然!ウブな感じもなかったし(慣れてる?)、
       ・菊彦が巡業に行くときも女を連れ込まないようクギをさされてたし、
       ・七代目が助六に「なりは汚ねえし、女にはだらしねえし」みたいな事いってたし、
       ・助六自身も恋(かりそめ含む)を推奨、謳歌してる節がある物言いだったし、
      そもそもそんなに固い人間だとは全然思えないし、むしろ奔放な感じだから、違う気がする。
      菊彦の方が固くて(かつ、芸者屋の息子だから芸者にも差別ががあまりなく)、みよ吉が師匠の7代目の2号さんかなと思ってたから、チョクチョク会っても師匠に内緒にすることも決してなく、(師匠に遠慮して)キスどまりのお付き合いだった可能性があったかもと思える位だけど、どうなんだろう?それはない?
      原作読んでみたい。2期もぜひ見たいです!!








    •   0  
    • 309. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月01日 08:27
    • ID:4ehLOOiI0 >>返信コメ

    • エイプリルフールネタで「坂本ですが?」とコラボしてるw
    •   0  
    • 310. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月01日 08:39
    • ID:Bg5DvH4mO >>返信コメ

    • >>308
      破門された助六に抱かれたみよ吉が
      菊さんはあんまりこんなことさせてくんない
      みたいなこと言ってたし男と女の関係ではあるでしょ
      だからこその執着だと思うよ
      ただ菊さんはそっち方面の欲は薄そう
    •   0  
    • 311. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月01日 09:17
    • ID:4nOSAY3o0 >>返信コメ

    • >>308,>310
      ・信さん(←助六)がみよ吉と知り合った時、彼女はいわゆる「立ちんぼ」(←街娼:一番底辺の娼婦)でした

      ・満州は戦争末期から引き上げ時、まさに地獄図だったと戦後生まれの我々にも伝わっています。
      互いに明日をも知れぬ身‥まだ若く元々無鉄砲な信さんと同じく刹那的なみよ吉は、読者が知る以上にタガが外れていたとしても不思議はないかと

      ・みよ吉が「菊さんはあんまりこんなこと云々」と嘆くのは、
      行為自体への欲求というより「愛情の証」が欲しいからのような。自分を求めてこないのが不満だったんでしょう。確かに菊さんはそっち方面は淡白そうです。これが精力絶倫タイプの男ならみよ吉は、「あたしの顔見りゃスケベなことばかりしたがって。身体だけが目当てなのね」とかいうタイプですぜ旦那方w
    •   0  
    • 312. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月01日 09:26
    • ID:Bg5DvH4mO >>返信コメ

    • 禁欲的な菊さんにはみよ吉の方から迫らなきゃホントにお話しするだけで帰ってしまいそう
      求められないならられないで女として魅力がないのかと不安になるもんなんだよ
      だから女はかすがいとしての子供を産みたがるのだし
      みよ吉にとって小夏はかすがいとはならなかったみたいだけど
    •   0  
    • 313. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月01日 12:59
    • ID:4ehLOOiI0 >>返信コメ

    • 『今日やった芝浜…あれはお前がいなきゃできなかった。落語は人間がいなけりゃできねぇんだ』
      この助六の言葉がみよ吉の心に届いたのだとしたら、落語が恋敵だと言われているみよ吉にも、もしかしたら気持ちの落としどころがあったのではないか。
      だとすれば、交際していた時に菊さんが「あなたに支えられていた」の一言でもかけていたら、みよ吉としても何かしらの救いになったかもしれない…
      菊さんは最初から割り切って付き合っていたのだろうから、優しい言葉をかけることを自重していたんだろうけど、でもみよ吉としては、なにかしらの一方通行ではなかったという実感が欲しかっただろうなあ、と個人的には思う。
      例えそれで別れるときに泥沼の愁嘆場を演じることになろうとも、その傷こそが欲しかったんじゃないだろうか。
      この人、生活苦が常に付きまとっている人だけど、すごくロマンチストな乙女だったんだなー、と菊さんに再会してからのやりとりを見て思った。
    •   0  
    • 314. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月02日 01:25
    • ID:jX.jvkT90 >>返信コメ

    • みよ吉・・・・やっぱり好きになれんな
      リアルにこうゆう女いるよな
    •   0  
    • 315. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月02日 01:53
    • ID:lZ8ORC2MO >>返信コメ

    • 菊さんにとって大切な助六を奪い、永遠に消えない傷を残した点では、みよ吉は復讐を遂げたと言えます。入門する弟子の数、そのものが減って、後進の育成は芳しくない。日本中から寄席場や芝居小屋は次第に減って、変わりに新しく建設されたコンサートホールや劇場(公民館)は広すぎて末席まで声が届きにくい。その劇場を渡辺プロのアイドル軍団が奪っていく。伝統を守るだけでは、落語界の衰退は止まらない。冬の時代を菊さんは独りで戦う事になるのです。
    •   0  
    • 316. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月02日 03:09
    • ID:kCVxdHdq0 >>返信コメ

    • 2期制作決定おめでとう

      落ちてねーよ!与太郎
    •   0  
    • 317. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月02日 03:13
    • ID:P2EaWJat0 >>返信コメ

    • 二期製作来たぁぁぁっ!!
      助六再び編、本当に楽しみだ!!!!
    •   0  
    • 318. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月02日 04:01
    • ID:dTosCRum0 5 >>返信コメ

    • 男の仕事をしている姿に惚れて、付き合い始めて、、でも、仕事と私とどっちが大事なの?
      って言う女、世の中にいっぱいいる。
    •   0  
    • 319. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月02日 09:29
    • ID:IcEVFYbAO >>返信コメ

    • >でも、仕事と私とどっちが大事なの?

      そこをうまいことゴキゲンとってじゃじゃ馬を飼い慣らしてやれるぐらいの器用さとか余裕が菊比古にはなかったんだよ。あんまりバカ正直でね。あ、俺は仕事だから、とやっちゃう。愛して欲しいんじゃく、解って欲しいんだ。わかってくれない相手にイラっとしちゃう。

      助六はそういう愚かさは許せるが破門されたからカネはない、菊比古はカネはあるが愚かさが許せない、そしてみよ吉は満たされない。。

      なんだかんだで三人居なきゃバランスとれねえんだよな。
    •   0  
    • 320. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月02日 11:25
    • ID:xNoPCCH70 >>返信コメ

    • みよ吉って、
      「わたしを親友に寝取られて悔しいでしょう? はやく取り戻しにいらっしゃい、待ってるから」
      てことで、菊さんの涙レローンは、
      「あきらめようとしてたけど、やっぱりみよ吉が好き」
      てことだったの? てっきり
      「わたしを捨てるなら、代わりにあなたの一番大事な人と物をもらって台無しにしてあげるね」
      てことだと思ってた
    •   0  
    • 321. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月02日 11:29
    • ID:xNoPCCH70 >>返信コメ

    • 気怠げというより、捨て鉢な感じなんだよな。みよ吉は。
      で、一緒に堕落していく相手が欲しい、その相手は菊さんがいい、
      ていう。本当に落語心中とはよくつけた題名だ。
    •   0  
    • 322. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月02日 14:08
    • ID:lZ8ORC2MO >>返信コメ

    • 刹那的なのです。みよ吉も助六も…満州での経験が、影響しているかも知れませんが。生きる事に貪欲なまでに前向きな与太郎と、辛くても死ぬ事を選びかけても、土壇場で生きぬく事を選ぶ菊さんと違う事。
    •   0  
    • 323. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月02日 17:54
    • ID:KbH8iT120 >>返信コメ

    • >>320
      みよ吉の言うことはマトモに受け取ると裏をかかれます。というのも彼女は、(自分で認めているとおり)その時の相手と状況により自己像を変えるのです。まるでカメレオンのように。当然言う事もコロコロ変わりますw
      「これが私」という明確な軸(価値観)を持たずに生きている人ならではの特技でしょう。
      そして軸が無いから、どうあがいても流されるままの刹那的で自堕落な生き方になってしまう。
      やっかいな女ですが、同時にそうする事でしか生きていけなかった哀しさも感じます。
      それと「涙レロ~ン」シーンですが、
      あの辺りどこまでホントでどこまでウソか今の時点でハッキリわからないから自分は判断保留中です。
      ただ話をしている時点での八雲のみよ吉に対する思いをある程度反映してると思う。
      しかしあの辺、師匠はどこまで詳細に与太郎と小夏に話してんだ‥w
    •   0  
    • 324. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月02日 19:27
    • ID:xNoPCCH70 >>返信コメ

    • >>323
      てことは、みよ吉の望む物を与えられる男になら、その男の理想の女を演じ続けられるってことになるんだろうか
      あー、でも、みよ吉の望む物を与え続けるって並大抵の事じゃなさそうだ
      つくづく、平凡な幸せから緣遠い女性だな
    •   0  
    • 325. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月02日 19:51
    • ID:xNoPCCH70 >>返信コメ

    • >>323
      あー、そっか。あの辺のやり取り、まるまる嘘で、真相は
      もっと闇がタプタプな復讐劇が繰り広げられていた可能性もあるのか
      あるいは、復縁を迫るみよ吉を菊さんが突き落として、助六も突き落として心中を偽装したってことも
      いやいや、さすがにそれはないか ……ないよね?
    •   0  
    • 326. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月02日 20:47
    • ID:VG3GvzFw0 >>返信コメ

    • 菊さんと助六の間に屋根あったからつかめたんじゃ…
      それはそうと2期があるって本当?
    •   0  
    • 327. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月02日 22:24
    • ID:SgQ8nygS0 >>返信コメ

    • >>326
      制作決定だってさ
      最終回まだ観てない?
    •   0  
    • 328. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月03日 01:51
    • ID:lm6EEgUG0 >>返信コメ

    • 二期楽しみだな!
    •   0  
    • 329. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月03日 10:05
    • ID:N5sABCEK0 >>返信コメ

    • >>327
      ありがとう これから観る
    •   0  
    • 330. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月03日 12:10
    • ID:.7udV8Xq0 >>返信コメ

    • そう言えば会社の役員にいたよ、人事担当してたが一人暮らしの女の子は・・・云々かんぬんって言ってた
      (えー)って内心思ってたけど
      学生運動とかも関係あるんかあ…色々勉強になるなあ、皆さんのコメ

      脇に逸れるが戦後、朝〇進駐軍が暗躍して女子供を乱〇、〇害し食べ物や土地を奪ったのはこんな時代だったのか
      なけ無しの物を食料と交換して帰って来た所を駅で待ち構えて暴〇して奪ったとかなんとか
      (1回目投稿して引っかかったコメの言葉がどれか解らんw)
    •   0  
    • 331. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月04日 00:14
    • ID:W2pXUVDt0 >>返信コメ

    • ユリエと言うと真っ先に浮かぶのが百合の花
      昔から「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」と言って
      百合は美女を表す花とされている
      「花の命は短くて苦しきことのみ多かりき」
      とも言うように美女といえど苦労は付き物のようです・・・おあとがよろしいようで
    •   0  
    • 332. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月16日 18:19
    • ID:x4IOrzDJ0 5 >>返信コメ

    • 2期も期待です
    •   0  
    • 333. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月21日 06:17
    • ID:PZnwwEAKO >>返信コメ

    • 子供がピノコに見えて仕方なかったww
    •   0  
    • 334. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月29日 05:45
    • ID:30blOaAy0 5 >>返信コメ

    • ひとの複雑さが一瞬一瞬に描かれてる。
      一行のセリフの中に4つも5つもドキッとする気持ちの動きがある。セリフのないカット割りだけの時も沢山こころが見て取れる。
      こんな歳までまで生きててよかった、沢山いろいろ感じ取れるし、それを描いててくれるってことはみんながそうなんだって分かる。
    •   0  
    • 335. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月29日 05:52
    • ID:30blOaAy0 5 >>返信コメ

    • ゆりえさんが菊さん呼び出した行動は、シンさんが落語に戻るので全体的に不安になったゆえの奇行だって、瞬時に分かるシンさんは、懐の深い人だったんだね。

      ゆりえの辛い人生の中で、ソウルメイトは菊さんだった。
      フラれた時点で、もう耐えられなかった、狂いはじめてただろうな。
    •   0  
    • 336. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月29日 05:59
    • ID:30blOaAy0 5 >>返信コメ

    • スタッフ名が無言で早めに出てきた時、静かに暗所を背景にしっかり浮かぶのを見て、ナニコレやばいやばい怖い怖いと思った。
      と同時に、演出の覚悟というか、作りこまれているものを見さしてもらっている安心感も感じた。
    •   0  
    • 337. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月29日 06:11
    • ID:30blOaAy0 >>返信コメ

    • 暗い部屋でみよ吉がキスできそうな距離で止まって涙を浮かべたのを見て、菊さんがどう反応するかとヒヤッとしたら、そうきたので、ああ性愛もあったんだな、みよ吉もこれで相当救われたろうな、ッて思った。
    •   0  
    • 338. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月29日 06:35
    • ID:30blOaAy0 >>返信コメ

    • >>75
      そう思う方もいるのですね。
      私は、よくぞ本心を書いてくださったと思いました。そして、
      ちょっとも悪いことでもない(丸ごと愛せない点)と思います。

      普段口に登らせるかどうか、誰に言うのか、の問題なだけだと。
    •   0  
    • 339. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月29日 06:47
    • ID:30blOaAy0 >>返信コメ

    • >>84
      AもBも両方。プラス、「あなたのこれからを奪ってごめん」
      「あの夏祭りの日に声掛けてごめん」「あなたを縛ってごめん」他にも沢山、万感こもってると思った。
    •   0  
    • 340. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月29日 10:52
    • ID:30blOaAy0 >>返信コメ

    • >>185
      菊さん、自分が痛いからああ言ったんじゃあないと思う。
      もうそこは、大丈夫になっていると思う、で、

      あそこは子供をあの様にたしなめてあげるのが、あの子が心底で求めている対応だと思う。
    •   0  
    • 341. アニメ好き名無しさん
    • 2016年04月29日 11:36
    • ID:30blOaAy0 >>返信コメ

    • >>219
      横レス遅レス御免下さい。

      ハードルが全然下がらないから、運動は盛んになったんだと思います。でも何かにすり替えられた様になり、消えた。

      均等法も、「よーしお前ら、結婚も子育ても諦めるんだな」と言う脅しみたいなもんでした。

      女子の就労に関するハードルが下がった時期は、一度も無い様に感じます。
    •   0  
    • 342. アニメ好き名無しさん
    • 2016年05月03日 21:24
    • ID:NnUX0Es80 >>返信コメ

    • 助六の芝浜を、みよ吉が聴いていれば、あんな行動にはならなかったろうにな・・・。 聴けば助六の気持ちが分かったろうに。


      みよ吉よく似た女は、実際に居るよね。

      目の前の男の人の反応に、反応するばかりの刹那的な言動しかしなくて、だけど半分は本心が無意識かもしれんが混ざってて、完全な嘘じゃないからグラッと来るし、いつまでもお嬢さんみたいな雰囲気で可愛らしい。 頭もいい。

      ま、ちょっと付き合えば、いや見ただけでヤバいって分かって、付き合わないけど。  実際に居るね。


      助六が落語やめるって言ったときの、「いまさら」が、叫ぶようだったのが、迫真だった。


    •   0  
    • 343. アニメ好き名無しさん
    • 2016年05月03日 21:28
    • ID:NnUX0Es80 >>返信コメ

    • 助六が落語をしていたのは、大元は、拾ってくれた寄場のおじさんに好かれたいからでしょう。

      本当に欲しかったのは、落語よりも身内・家族だもんね・・・。

      愛娘と愛し合える確信がある妻があれば、落語無くても良かったもんね・・・。
    •   0  
    • 344. アニメ好き名無しさん
    • 2016年05月03日 21:31
    • ID:NnUX0Es80 >>返信コメ

    • >>339
      あと、「菊さんを封印できなくて、ごめん」
    •   0  
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

『 昭和元禄落語心中 』最新記事

『 アニメ感想ツイートまとめ 』最新記事

昭和元禄落語心中 / 12話 / 感想 / アニメ

2ちゃんねる(アニメ) 本日のランキング